メニュー

その他

« 特集に戻る

2018.02.06

【連載】『平成29年度卒業記念特集』第1回 佐藤晋甫/野球

主将として

 70年ぶりの最下位。昨季の早大の結果である。前年無冠に終わり、王座奪還を目指した昨年のチーム。その主将こそ、他ならぬ佐藤晋甫(教=広島・瀬戸内)であった。プレーヤーとしても、伝統あるチームをまとめる主将としても高いレベルを求められ、多くの葛藤があったこの一年。人の前に立ち、積極的に発言するタイプではないことから、「自分は(主将をするような)タイプではない」と話す一方で、チームをまとめる良き主将であろうと努力してきた。憧れ続けた早大で担った大役は、佐藤晋にとってどのようなものだったのだろうか。

 早慶戦などを見ていたことから、小さい頃から早大は佐藤晋の憧れだった。母校・瀬戸内高の部長が早大野球部出身だったこともあり、大学進学に際して迷わず早大を選んだ。自己推薦で多くの学部を受験していることからもその強い思いがうかがえる。入学当初はそのレベルの高さに、「僕がやっていけるのかな」という思いも抱いたが、憧れ続けた環境に接した感動は今も佐藤晋の心に残っている。初めは自身の打撃が1軍で通用するとは思えずにいたが、こつこつと努力を重ね、2年時には2軍の主力に成長。新人戦では、ゲームキャプテンを任されるまでになった。そして主力が抜け、「自分がレギュラーを取るんだ」という強い気持ちで臨んだ3年目。春はなかなか活躍できず悔しい経験もしたが、秋には飛躍を遂げ、念願のレギュラーを獲得。主軸を担うまでになり、結果を残すことができた。そして、「チームの中心になる、という自覚はあった」と迎えたラストイヤー。それまでの地道な努力がチームメイトからの信頼につながったのだろうか、佐藤晋は主将を任されることとなる。

4年春の慶大2回戦で左越え本塁打を放つ佐藤晋

 野球でも普段の生活でも模範となり、引っ張っていく、との思いで始まった主将としての一年。結果を出してチームを引っ張っていきたいところだったが、迎えた東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)では打率が1割台まで低迷。なかなか調子を上げられない中、「自分の事ばかりで周りが見えなくなっている」と言われ、自身に余裕がないことを反省することもあった。その後、初心に戻り改善を重ね、早慶戦では3試合連続本塁打を記録。復活を印象付け、秋への大きな期待がされた。しかし、夏に故障。集大成となる秋季リーグ戦は開幕に出遅れ、そのまま復調することなくシーズンを終えた。「秋はもう自分のプレーで貢献することはできなかったんですけど、とにかくチームのためのことを最優先でやらなきゃな、という気持ちになった」。この言葉の通り、プレーでチームを引っ張ることはかなわなかったが、春にはうまくできなかった『チームを見て動く』ということを実践することができた秋季リーグ戦であった。佐藤晋にとって主将というのは決して得意な分野の事ではなかったのだろう。それでも、うまくいかないことも多い中で、「とにかく自分の支えになってくれた」という吉見健太郎副将(教=東京・早実)や佐藤厚志新人監督(スポ=茨城)らと共に、良いチームを、強いチームをつくろうと常に模索し続けた1年だった。

 「一球が1アウトになり、1アウトが一つの勝利になり、一つの勝利が勝ち点になり、勝ち点が優勝になる」。髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)から言われた最も印象的な言葉である。「そこを徹底できていなかったのかもしれない」と接戦を勝ち切れずに最下位に沈んだ昨季を振り返った。主将としての自らについては後悔することもあるようだが、70年ぶりの最下位について、「後輩たちにやりにくい状態にしてしまった」と、何より先に次のチームのことを語ったその姿は伝統ある早大野球部にふさわしい立派な主将であるように見えた。

 春からは明治安田生命に進み、社会人野球へと舞台を移す。就職先に選んだ理由は、「ベンチ入りした2年春から声を掛けてもらっていて、目立つ活躍をしていたわけではないのにそうやって見ていてくれたことがありがたくて、恩返しをしたいから」だという。早大に入って一番良かったこととして、「たくさんのつながりができたこと」を挙げ、チームメイトやOBなど、人とのつながりをとても大切にしてきた佐藤晋らしい理由であるように思える。主将としてのこの一年間で得たものは「目標を掲げてそれをやりきる、信念を持つことの大切さ」。憧れ続けた早大野球部も、佐藤晋自身も信念を持って大きく羽ばたいていきたい。

(記事 金澤麻由、写真 加藤佑紀乃氏)

« 特集に戻る