野球部

« 特集に戻る

2018.01.10

【連載】新体制始動特集『再興』 第4回 山田淳平×富田直希×宮崎廉太 

 最下位からの名誉挽回をすべく、出番を心して待つ男たちがいる。山田淳平(教2=東京・早実)、富田直希(教2=東京・早実)、宮崎廉太(社2=東京・早実)だ。新体制となり、来季は3年生としてチームを引っ張るであろう早実高出身のトリオ。彼らの覚悟を伺った。

※この取材は12月13日に行われたものです。

収穫

1、2番打者として期待が寄せられる山田

――まずは、ことし一年を大まかに振り返っていかがですか

宮崎廉 うまくいった部分とうまくいかなかった部分の両方あっていい勉強になったかなと思います。

富田 試合や練習に入れない時期が何回かあったので、悔しい1年間でした。

山田 春はメンバーじゃなくて、秋はメンバーだったので試合ができる喜びを改めて感じました。

――春から振り返っていただきます。フレッシュリーグでは宮崎廉選手が多くの打点を挙げる活躍をしていました

宮崎廉 いつもの新人戦と違うかたちで、全ての大学と1試合ずつできるということで、例年よりたくさん練習してきたので気合いが入っていて、その気合いが結果に出たのかなと思います。

――例年より練習していたんですね

宮崎廉 普段だったら、リーグ戦(東京六大学リーグ戦)始まってから本格的に練習するんですけど、自分たちは冬の初めの方から新人練をやってきていました。振り込みとかも結構やっていたので。

――2年生になって、部の仕事がなくなったことで余裕は生まれましたか

宮崎廉 自分は最初の一年間は通いで、4時起きで親に車で送ってもらってみたいに、生活的にきつかったんですけど、朝の準備が無くなったことで大分楽になりました。

――秋季リーグ戦を振り返っていかがですか

宮崎廉 春の早慶戦を応援する前は、正直2年生のうちからメンバーに入んなくてもいいかなと思っていたんですけど、早慶戦を見たら、「おお、すげえなー」と思いました。秋に明大戦に入れてすごいうれしかったです。打席も気付いたら終わってる感じでした。結果は三振だったんですけど、打席の中で楽しめたのでいい経験になりました。守備は、センターの三倉さん(進、スポ4=愛知・東邦)の指示通りに動いただけです。

――富田選手は1年時は1試合に先発出場され、昨季は法大戦で先発出場されましたが心境の変化はありましたか

富田 1年生の時は、なんとなく不安があったんですけど、1年生の時よりは自信を持って臨めました。特に守備は、1年間通して試合でエラーすることはほとんどなかったので、一番自信になりました。元々守備には自信があったんですけど、高校の時と比べてイージーなボールを軽くいったりすることがなくなりました。

――お二人から見て、富田選手の守備はいかがですか

宮崎廉 うまいですよ。メジャーリーガーみたいです(笑)。

山田 アクロバティックだよね。

富田 ありがとうございます(笑)。

――山田選手は代打での出場が多かったですが、スタメンで出ることと違いはありましたか

山田 代打の方が楽です。だって、1打席だけだもんね。

宮崎廉 いやー、プレッシャーが違うよ。

山田 チャンスでの代打ではないので、そんなに気負うことなくという感じですかね。

――代打で意識していたことはありますか

山田 熊田さん(睦、教4=東京・早実)に初球は絶対振れと言われていたので、初球を振りました。最初は良かったんですけど、菅野さん(秀哉、法大3年)の球を見てから、これは無理だと思いました。それからヒット出てないと思います。

――菅野投手のどんなところがすごかったですか

山田 見たことあるでしょ。

富田 あるよ。

山田 もうビューンって。光みたいな。漫画であるやつみたいです。ビュンビューンっていう。そういう感じでしか言えないです。

富田 確かにね。今までで一番速かったです。

山田 速かったよね。スピードガン的には146ぐらいだから見たことはあるんだけど、打席立った時の質とかがすごかったです。伸び、キレ、全て二重丸(笑)。

――高校時代は内野手でしたが外野手に転向された経緯は

山田 とりあえず内野が人多くて、外野が人少ないから、「出場機会があるからやってみる?」と去年の学生コーチの方に言われてそれから始めました。高校でもちょこちょこやっていたので、そんなに不安はないです。

――日頃、打席で心掛けていることはありますか

山田 自分はタイミングです。タイミングをしっかり取れれば、自分のスイングや形で振れるので。タイミングを取るのはその日の調子とかが関係ないので、そこはしっかりやってます。

宮崎廉 打ち終わった後に、納得いくスイングや内容にしています。結果にこだわる方ではないので、別にアウトになってもいいから思い切り振るようにしています。

山田 初球絶対振るよね。

宮崎廉 あーそうね。振らないで終わることがないようにしてます。

――富田選手は何か心掛けていることはありますか

富田 ストライクだけを・・・。

宮崎廉 ふざけてる(笑)。

富田 ふざけてるんじゃないんですよ、本当に。ボール球に手を出さず、いい球だけを振るということです。

――菅野投手のお話がありましたが、他に注目している選手はいますか

宮崎廉 小学校の時のチームメイトで、ケイオーに津留崎(大成、3年)っているんですけど、秋に先発したりして先に活躍しているので、最終的に早慶戦で対戦できたらいいなと思っています。

富田 岩見選手(雅紀、慶大4年、現東北楽天ゴールデンイーグルス)が別格だなと思いました。沖縄の全早慶に一緒に連れていってもらったんですけど、すごい大きかったです。

山田 菅野投手を打たないと勝てないと思いますし、六大学のなかで一番いい投手だと思います。菅野投手を打てるようになれば余裕も生まれてくると思うので。自分は打倒・菅野さんでいきます。

仲間

付き合いの長い三人

――早実時代からのお付き合いですが、お互いの印象を教えてください

宮崎廉 富田はポテンシャルは化け物なんですけど、周りの環境が適してなくて、くすぶってると思います。山田はめっちゃ自分を持ってるという感じです。ぶれないというか。

――山田選手がぶれないというのはどんなときにそう思いますか

宮崎廉 普段の生活ですかね。

山田 例えば?

宮崎廉 発言とか。誰かに何か言われても、全く気にしないというか。自分を持ってるから人に左右されない。

――富田選手はお二人をどう見ていますか

富田 宮崎は、身体能力とセンスがすごいあると思っています。最近、筋トレとか練習に対する意識が前より上がってきたなと寮で近くで見ていて思うので期待できると思います。山田はうまいですね。小手先のこともできるけど打球も飛ばせるといううまさがあります。

山田 それは二人もすごいよ。なんならみんなそうだからね。

富田 いやいや。メンタルも技術も学ぶところが多くあります。

山田 絶対ないだろ(笑)。

富田 あるわ。

――山田選手から見てお二人は

山田 技術的なことはもうすごいんで言わないですけど。富田はおとなしいんですけど、内に秘めたハートに熱いものがある。そんな感じだよね。

宮崎廉 そんな感じ。表には出てないけど、自分の中では燃えている感じ。ハングリー精神がある。

山田 宮崎はね、なんだろう。適当なんだよな(笑)。適当なところがうまくハマるとすごいときもあるし、ハマらないと全然駄目だよね。

――どんなときにハマるんですか

宮崎廉 春の新人戦は、もっと結果は出せると思うんですけど、当たりのとき。それで、秋が外れっていう感じです。

山田 だから、自分の心をコントロールできるようになったら、すごいことになりますよ。

――ご自身ではどう思いますか

宮崎廉 まあ、感情に左右されやすいというのは分かってるんですけど、できないです。なんかうまくいってるときは身を任せて、いい意味での適当って言ったらおかしいですけど、いい流れに乗れたらうまくいきます。ちょっとイラっときてるときにプレーするとその勢いで普段よりひどいプレーとかになります。生活サイクルも悪くなります。

――高校時代からお互いを見てきて変わったなと思う選手はいますか

宮崎廉 山田ですね。

山田 なにそれ、体型のこと(笑)?

宮崎廉 違う、違う(笑)。二人とも(宮崎と山田)高校の時は一人暮らしで、練習終わりとかごはんとか行ってて、高2の最初の方は一緒にめっちゃ早く帰ってたりしてたんです。でも、大学入ってからは「山田すごい練習してるなー」っていうのはめっちゃ感じますね。一人で黙々と練習してることが多いなと思います。ふざけて「帰ろう」と誘ったりするんですけど、「俺、練習するから」みたいな。

山田 本当に練習する人は、「練習するから」とか言わないから。

宮崎廉 いやー、いい、いい、そういうの(笑)。

山田 みんなおしゃれになったよね(笑)。

――よくおしゃれにこだわるんですか

山田 こだわるでしょ。富田はおしゃれ。

富田 あんまり変な格好はしないようにはしています。それだけです。

――高校時代の思い出はありますか

山田 3人ではないな。個々人ならありますよ。富田は、おとなしいじゃないですか。でも、夏の決勝で田口(善将、商2=東京・早実)ってやつが全然打てない時に、富田がベンチで「なんで振らねぇんだよ」ってめっちゃ怒ってたよね。

一同 (笑)。

富田 怒ってない、怒ってない。(田口が)打てないって悩んでて、「もうどんどん振っていけ」って言ったのに振らなかったんで。ちょっと悪いことしたなって思うんですけど・・・。振っていけよという意味を込めて言ったつもりだったんですけど・・・。みんなにそうやって言われて、すごい反省しています。

――山田選手が言った、内に秘めた熱いものというのはこういったところですね

山田 そうです、そうです。やっぱり勝ちたいので、勝つためにという気持ちが強いですね。

宮崎廉 富田と自分ならありますね。高2の時に練習の態度が悪くて、グレてたと言ったら違うんですけど、いつもの、感情でプレーしてしまうマイナスの部分が出てて、自分と富田がAチームの遠征から外れてたんです。その時に、佐々木先生という先生がいたんですけど、その先生に個人的に自分と富田が呼ばれて怒られたのはすごい覚えてます(笑)。

――その時の気持ちはどうでした

宮崎廉 推薦で入った中で二人だけ一軍に入れなかったので、ちゃんとやらないとなというのは感じました。

――引退した4年生はどんな存在でしたか

宮崎廉 自分の師匠は尾崎さん(資樹、スポ4=静岡・韮山)です。すごいかわいがってもらってるし、自分も尊敬しています。4年生の中では特別です。

――どうして特別な存在になったんですか

宮崎廉 1年生の冬ぐらいの練習で、ティーバッティングに誘ってもらって仲良くなって、振り込みとかも一緒にやらせてもらってました。同じバッティングが売りの選手として、バッティングの価値観を話し合ったりして仲良くなりました。遊んだりもしたので特別です。

――尾崎選手から学んだことや今に生きていることはありますか

宮崎廉 さっき言った、後悔しないようにするバッティングは尾崎さんから学んだんじゃないかなと思います。尾崎さんは代打の一打席に勝負を掛けていて、気持ちの入れ方を特に話してましたね。自分らは適当にやってしまうことが多くて、尾崎さんが「そうじゃ駄目だよ」って。「廉太は複数打席あって一本出ればいいみたいなことがあるかもしれないけど、俺は一打席しかないから」みたいな話をしたことはよく覚えています。

富田 皆さんとても優しい先輩だったんですけど、特に自分は八木さん(健太郎、スポ4=東京・早実)にお世話になりました。寮に入ってからジムやごはんに連れて行っていただいたり、一緒に練習させてもらったりしました。茂木さん(栄五郎、平28文構卒=現東北楽天ゴールデンイーグルス)とかすごい選手を直で見てきた経験をいろいろ聞かせてもらったり、バッティングの技術について教えてもらったりしました。

――今に生きていることはありますか

富田 八木さんは、バッティングで軸がブレなくて、回りきらないというか、体が開かないということを感じたので、その点は自分も意識してやっています。

山田 早実の先輩が多いので、みんな結構いろんな人に良くしてもらってるんですが、その中でも誰かと言えば岡さん(大起、社4=東京・早実)ですかね。友達みたいな(笑)。楽な気持ちにさせてくれる感じです。先輩といたらちょっとピリッとした感じになるんですけど、岡さんとしゃべっていたら和みます。

――岡選手から学んだことや得たことはありますか

山田 今度岡さんから自転車もらいます(笑)。

――年末年始の過ごし方や休みの日の使い方、気分転換の仕方を教えてください

宮崎廉 自分、ゲーム大好きで、本当に大好きなんですよ。みんなが想像してる何百倍もゲーム好きで、部屋から出てこないレベルでゲームやるんです。

  

――おすすめのゲームは

宮崎廉 おすすめのゲーム(笑)?言っても分かんないっすよ、絶対。マニアック過ぎて気持ち悪いんで、多分、言わない方がいいですよ。

山田 さっき、部屋真っ暗にしてヘッドホンして、カタカタって。エグいよマジで。

宮崎廉 暇なときはガチでやばいです。ドン引きされるレベルなので。

富田 僕はスキーが好きなので、(年末年始は)どっか有名なところに行きたいですね。去年は苗場に行きました。

――どなたと行かれるんですか

富田 友達や親戚と行きます。

宮崎廉 またそんな(笑)。(小指を立てる)。

富田 いや違う。本当に違います。もうやだ(笑)。

山田 正月は、成人式があるので、あまり地元に友達いないんですけど、友達との飲みがメインですかね。

 

――楽しみですか

山田 楽しみですね。

宮崎廉 ほんとかよ(笑)。

誓い

打撃を武器に、外野手の定位置争いに挑む宮崎

――ここからは来季に向けてのお話を聞かせていただきます。まず、次期主将の小島和哉投手(スポ3=埼玉・浦和学院)はどんな方だと思いますか

山田 あんまりごちゃごちゃ言わないんですけど、チームのことを考えてるなと思います。引っ張っていこうという気持ちを練習の態度とかで感じます。晋甫さん(佐藤前主将、教4=広島・瀬戸内)もそうだったから。

宮崎廉 うんうん。似てるんじゃない。

山田 あんまり言わない人が多いよね。石井さん(一成、平29スポ卒=現北海道日本ハムファイターズ)もそうだったし。

宮崎廉 石井さんが一番何も言わなかった。何も言わないは嘘だな。言うときは言うけど、ほぼ背中で見せるタイプです。小島さんも口でああだこうだ指示する人じゃなくて、プレーや背中で引っ張ってくれる人だと思いますね。

 

――富田選手にとって小島選手はどんな存在ですか

富田 あまり声を出すイメージがなかったんですが、今年は声を出してるイメージがあります。去年の台湾遠征のときにずっと二人部屋で一緒にさせていただいて、あまり話すことはなかったんですけど、すごい優しい方でした。

――あまり話さなかったんですね

富田 そうですね。自分が人見知りなので。

山田・宮崎廉 (笑)。

富田 あっ、夜市に一緒に行かせてもらいました。すごい優しかったです。

 

――新体制になり、ここまでのチームを見てきてどんなチームだと思いますか

山田 はい。(富田へ向けて)どうぞ(笑)。

 

富田 えっ(笑)。そうですね。去年最下位だったということもあって、練習の量も時間もすごい取っているチームだと思います。細かいところまで詰めていこうというのが伝わってるというか。アップのときとかキャッチボールとか、そういう基本からしっかりやろうということはみんな考えてることだと思います。

 

――今までと変わると大変ですか

富田 大変ですね。体力的に。

 

山田 来年の公式戦は新3年生、自分らの代が主に出ると思うので、自分たちの出来次第で順位が決まる気がしています。また負けてきつい練習するのは嫌なので、勝ちたいです。

 

――今はどんなところがきついんですか

山田 なんて言うんだろう。量、時間もそうですし、今まで気を抜いてやれていたところが、ちょっと厳しくなって引き締まった練習になっています。その引き締まった時間が長くなった分、今までとは違った疲れがある感じです。

 

宮崎廉 確かに。精神的にも疲れます。気が抜けない感じが。自分が1年生の時の4年生がすごい強くて印象に残っています。個人の力がすごいあって、中澤さん(彰太、平29スポ卒=現JFE東日本)とか木田さん(大貴、平29商卒=現明治安田生命)とか石井さんとか。今の感じではまだそういうレベルにいる選手が少ないかなというか。加藤(雅樹、社2=東京・早実)とか福岡(高輝、スポ2=埼玉・川越東)とかすごい選手はいるんですけど、自分が見てた4年生以上の個人の力がないと上位に食い込めないんじゃないかなと思います。今みんなたくさん練習してるので、練習量を上げるとかではないんですけど、個の力をもっともっと高めて全体としてのレベルを高めることにつなげたいと思います。

 

――来季へ向けて今取り組んでいることはなんですか

宮崎廉 自分は監督さんに、パワーヒッターであってほしい、変化球にもうまく対応して一発を打てるようにしてほしいということを言われています。確かに、これまでは流れを変えられる長打が少なかったイメージがあるので、長打が出るようなバッターになれるように考えています。

山田 自分も同じです。長打のないバッターは相手の目線からしたらそんなに怖くないですし、今自分に足りないのは何かなって言ったときに長打力です。ことし、メジャーでフライボール革命というのが流行ったんですけど、フライ打つ練習をしています。角度をつける練習。打ち方も長打の出る打ち方にして練習してます。当てるのはいつでもできるので、長打を出す練習をリーグ戦前までやってみようかなと思っています。ホームラン打ちたいです。

宮崎廉 それな。

山田 それだよね。

富田 自分は打撃の無駄な動きをなくして、強くて遠くに飛ばせるようにいろいろ考えて試しています。

宮崎廉 遠くに飛ばす必要は多分もうない(笑)。

山田 富田打ち方変わってなくね?宮崎も変わんないけど。

宮崎廉 え?俺?だいぶ変わったと思うよ。

山田・富田 変わってないよ。

宮崎廉 俺、こう(グリップエンドが体に近い状態)からこう(バットの軌道が体から遠いところを通る)だよ。

山田 そういうことじゃなくて、構え(笑)。

宮崎廉 構えも変わってるよ。

山田 全然変わってないよ。

富田 山田も変わってないけどね。

山田 この頃めっちゃ変えるよ。

宮崎廉 いや変わってないよ。

一同 (笑)。

宮崎廉 結果変わってない。

 

山田 じゃあ駄目だな。

富田 自分の意識だよ。

山田 意識の問題か。

宮崎廉 気持ちの問題。

山田 ・・・変わってない?

宮崎廉 全然変わってない。

富田 二人とも変わってない。

宮崎廉 山田は変わってない。

山田 いや(笑)。

富田・山田 誰も変わってない。

宮崎廉 意識だけ。

山田 意識だね。変えようとは思ってるんだけど、結局自分の本来の形通りになっちゃうんだよね。

宮崎廉 そうだね。今あるのは残しつつ良くしていこうということですね。でしょ。

山田・富田 うん。

――3年生になるということで、チームにどう貢献していきたいですか

山田 試合で打って、活躍する。それが一番ですね。

富田 試合に出て、守備でも打撃でもいい雰囲気をつくれるように頑張っていきたいです。

 

宮崎廉 流れを変えられるというか、一試合一試合でなんかやってくれそうというか、そういう選手でありたいです。

 

――読者やファンの皆さんに見てもらいたいポイントや売りにしていきたいことはありますか

山田 自分は数字、打率にこだわってやっていきたいです。

 

宮崎廉 自分は長打力を。まだまだ足りないんですけど、来春までに周りのみんなが求めてるような長打力をつけられるように頑張っています。

 

富田 大会が始まるまでにはバッティングも守備も走塁もスピード感が自分の売りだと言えるように、この冬頑張りたいと思います。

 

――最後に来季の個人としての目標を教えてください

富田 試合に出ることです。

 

山田 来季だけの目標ではないですけど、これから試合に出られるようになっていったら、首位打者を取るのが夢です。とりあえず来季はホームラン1本と首位打者争いに加われるぐらいになりたいです。

 

宮崎廉 自分は数字とかよりも、こいつに回ってきたら何かあるみたいな流れを変えられるというか、印象に残るようなバッティングも守備もしていきたいです。

 

――ありがとうございました!

(取材・編集 吉岡篤史、皆川真仁)

母校の誇りを胸に、勝負の3年目へ

◆山田淳平(やまだ・じゅんぺい)(※写真中央)

1997(平9)年9月7日生まれ。170センチ、72キロ。東京・早実高出身。教育学部2年。インタビュー後、色紙をお願いすると、書く言葉をとても悩まれていました。二人に急かされながらも10分ほど考えて書いた言葉は「首位打者」。他の対談でも期待の声が寄せられた山田選手。自身の夢だと語った首位打者を達成する日を楽しみにしましょう!

◆富田直希(とみた・なおき)(※写真右)

1997(平9)年6月27日生まれ。176センチ、78キロ。東京・早実高出身。教育学部2年。インタビュー中「人見知りだ」と話していた富田選手。しかし、夜遅い取材だったため、インタビューが終わると「ごはん食べましたか。バナナとかいっぱいありますよ」と我々に気を遣っていただきました。優しくて紳士的な方です!

◆宮崎廉太(みやざき・よしと)(※写真左)

1997(平9)年7月1日生まれ。186センチ、80キロ。東京・早実高出身。社会科学部2年。終始インタビューを引っ張ってくださった宮崎廉選手。ゲームの話になると、一層勢いを増してお話してくださいました。グランド上でのはつらつとしたプレーの裏ではインドアな趣味で気分転換しているのですね!

« 特集に戻る