ア式蹴球部

« 特集に戻る

2017.12.25

【連載】インカレ直前特集『三連覇』第5回 稲山菜月×熊谷遥楓×中井仁美×平國瑞希

 第5回はいよいよ4年生が登場。DF稲山菜月(スポ4=東京・十文字)、MG熊谷遥楓(スポ4=北海道大谷室蘭)、MF中井仁美(スポ4=兵庫・日ノ本学園)、MF平國瑞希(スポ4=宮城・常盤木学園)の4人に話しを聞いた。さまざまな立場でチームを支えた最上級生の思いとは。

※この取材は12月3日に行われたものです。

「チームのためになるような行動を」(熊谷遥)

――それではまず試合の振り返りからさせていただきます。リーグ戦の結果についてはいかがですか

平國 関カレ(関東大学女子リーグ戦)は勝てる試合を落としてしまったというのが準優勝という結果につながっているんじゃないかなと思います。個人的には自分のプレーに納得することが少なくて、きょねんよりもうまくいかないことが多くて苦しいものとなったんですけど、その中でも自分の中で課題を見つけて自分らしさを出せるようにがんばろうという意識はきょねんよりは強くなったかなと思います。関東リーグの試合でも一緒で、チームに貢献できるようなプレーはあまりできなくて、途中交代も多くて悔しい思いもあったんですけど、とりあえず9連覇できたのはほっとしています。

熊谷遥 今シーズンからマネージャーになって、4年生なのでベンチ付きをやっていました。シーズン始まってすぐにリーグ戦が始まったので、みんなはぽんぽん勝っていくんですけど、自分は成長が追い付かないというか、必死にやっていくという感じで始まったシーズンでした。今は選手とかにも軽くお願いとかできますけど、最初は選手との距離感というか。交代して帰ってきて落ち込んでる選手とかにどう声を掛けたらいいのかとかを戸惑いながら、考えながらやっていましたね。自分の立ち位置を考えながら過ごしたシーズンでした。でも結局やるのは選手なので、結果についてとかプレーについてとかはあまり言えないので、その中で自分がチームにプラスになる存在になれるかというのを今もですけど考えながらやっています。いろんな4年生のかたちがあると思うんですけど、ことしの4年生がまずは自分のことを考えるので(笑)。自分ができていないから人にも言えないというような控えめな人が多くて。そこは客観的に自分が意見をしたから受けたり、それを4年に伝えたりして、1歩引いたかたちで関われるようにというのは続けてきました。でもマネージャーとかトレーナーのやってきたことってどう結果につながってるのかは見えないのでまだ実感はないですけど、結果につながってくれていたらいいなと思います。

稲山 4年生として迎えるシーズンは自分にとって困難なことが多くて、試合に出ないこともメンバー外なことも多くて。他の4年生は試合に出ている人が多いんですけど、自分だけ1人メンバー外で動いたりすることで不安もあったんですけど、その中でどうやって試合に出れない下級生とかの士気を上げられるかということで悩んだことも多かったです。試合に出たい気持ちもあったし、もちろんそのためにがんばっていましたが、ことしはそれよりもチームのためにというか、自分がどういう役割をしたらチームのためになるかというのをたくさん考えたリーグ期間になりました。関カレは最後のところに関してはみんなも連戦で疲れていたと思うし、準優勝という結果になってしまったんですけど、自分にももっとできたことがあったんじゃないかなとか色々考える部分はありました。でもその分皇后杯とかがんばってくれたし、関東リーグも9連覇してくれたし、それは本当にすごいなと思いました。自分が直接試合に出ているわけではないんですけど、少しでもチームの力になってるかなとは思えました。

中井 自分はきょねんよりも試合に出てなくて、ベンチで試合を見ることが多くて、最初は結構落ち込んでいました。自分は結構絡みづらいと後輩たちに言われてて(笑)。

一同 (笑)。

中井 結構自分も他の人に悩んでることを言えないタイプで。今シーズンが始まったころとかも自分の中のくやしい思いとかも周りには言えずという感じでした。でも下の子たちが優しくて、4年生なのに自分が支えられたというか。出てなくて悔しい思いしているのを察してくれて、励ましてくれた後輩がたくさんいたので、4年間の中で一番周りの人と関われて、支えてもらった1年間だったなと思います。リーグ戦の結果については、関カレは準優勝に終わったんですけど、インカレがあるので(笑)。あんまり気にしてないです。インカレで絶対優勝したいと思います。

――中井選手はさまざまなポジションでの出場もありました

中井 そこでかなり悩みました。ここがだめだから別のとこなのかなって思ったりしてしまって。でも皇后杯とかはベンチ入りの人数とかも限られてきますし、その中でいろんなところに出る人がいるというのはいいことなのかなと思って。ポジティブに考えてがんばります。

――この1年間で変わったなと感じることは

平國 あんまり変わってないよね。

熊谷遥 でも4年生の雰囲気は変わったかも。

稲山 ユニバとかで抜けたりとかもあって。でも関カレが始まったくらいからね。下の子たちもそれを見てくれていたと思うので、4年生少し変わったなと思ってくれていたらうれしいです。

――チームの成長を感じる部分はありますか

平國 失点した後、今までは下向いて落ち込んじゃうことが多かったんですけど、だんだん失点しても話し合って「ここ集中して勝ちにいこう」とか言ったり思えるようになったかなと思います、前よりも。

熊谷遥 ピッチ内でももっと話そうっていうのはリーグ戦の時よく言われていましたね。

――皇后杯もかなりタイトな日程になっていました

平國 大変だったけど気づいたら終わってたというか。あんまり覚えてないです。

稲山 あの日程でよく戦えたよねほんと。すごいと思うみんな。

――最高学年ということで、リーグ戦などへの意識も変わりましたか

稲山 プレッシャーじゃない?やっぱり。

中井 でもきょうが公式戦最後って忘れてた。監督に言われてあそっかって。

熊谷遥 だんだんね、そういうのも薄れていっちゃうよね。

平國 でも1年生の時とか全然わかってなかったよね。これなんの試合?って思ってた(笑)。めっちゃ連覇してるじゃんって(笑)。

熊谷遥 でも途切れたらまずいっていう思いは年々強くなりました。

――次は10連覇がかかっていますね(笑)

稲山 まあ大変ですよねほんとここまできたら…。でもその可能性を作ったのは良かったよね。

熊谷遥 なに急に(笑)。

中井 いいとこ持ってくよな。

「ピアノ界であってたかもな(笑)」(中井)

――プレー以外でのチームの特徴や雰囲気を教えてください

稲山 例年より学年間でも仲が良い。1年生でも4年生とかと仲が良いとかがよくある。あまり学年を感じないかも。

熊谷遥 下の代がね(笑)。

一同 (笑)

熊谷遥 みずきとかすごいでしょ。いきやすいタイプだし。

平國 結構いかれやすいよね(笑)。タメ口で。

熊谷遥 でも私もそうだ、タメ口だ。イナ(稲山)は時と場合による、怖い人の役割りだから。

中井 仕方ない。

平國 良くも悪くも仲良し。

稲山 プレー面ではいいよね。

熊谷遥 うん、プラスに働いてるよね。ただそれによって
たまにゆるんじゃうところが良くない。

熊谷(左)、平國(右)

――それぞれの役職について教えて下さい

熊谷遥 誰から言う?(笑)

中井 はいはい!(笑)しょぼいのから言いたい(笑)。
映像総括は1回か2回くらいしか仕事をしたことがありません。一応仕事はスカウティングに行く人を決めるぐらいです。あとは映像について何か困ったことがあれば相談にのるぐらいです(笑)。

熊谷遥 大事だよね(笑)。

中井 縁の下の力持ち。

熊谷遥 みんなだってひとさんって呼んでるもんね(笑)。

中井 いつも呼ばれる(笑)。また?って(笑)。

平國 自分は監督とかスタッフに1週間ごとに月曜日のオフに予定を連絡をします。それとグランドマネージャーもしていて、練習のメニューを作っています。試合で出た反省や課題を踏まえて練習の内容を考えます。

稲山 説明だけじゃなくてそれをやって自分はどうなの?(笑)

熊谷遥 ただの役職紹介文になっちゃうから(笑)。

平國 練習のメニューはありさ(MF松原有沙主将、スポ4=大阪・大商学園)とナカミ(MF中村みづき副将、スポ4=浦和レッズレディース)と作っているんですけど、試合の反省をそこで終わりにしないで練習につなげることが難しいです。その課題をクリアするために練習メニューを作るのですが、それをみんなができるかできないかがメニューを作る上で難しいです。練習中に止まっちゃうときは改善してます。

熊谷遥 待って、どういうこと(笑)。みんなのリアクションを見て日々反省してるってことかな?(笑)

平國 きょう何がダメだったかなって振り返ってる。

熊谷遥 大変そうだよね。マンネリ化してもみんな飽きちゃうし。伝達の方はどうなの?(笑)

平國 iPhoneのリマインダーを使って絶対に忘れないように『監督に連絡!』って通知がくるようにしています。

熊谷遥 川上さん(コーチ)が遅れてきたときめっちゃ焦ってなかった?(笑)

平國 送り忘れたかと思った。

熊谷遥 コーチが一人来ていなくて、みずき送った?!ってなったんですよ。

平國 結局していたんだけどね(笑)

熊谷遥 最後まで気を緩めないで頑張ろう。私はマネジャ-と、伝達の元になる1カ月の予定を組んでいます。基本的にはア式の同じ役職の人と連絡を取り合ってア女がいつグランドを使えるか話し合っています。ア式の人とア女の監督の板挟みになっているような役職ですね(笑)。今も9時練習が早いとかいろいろとあるんですけど…(笑)。でもみんなのコンディションを考えろとか言われたら何も言えないですね。みんなの要望などを練習時間に反映できるのはいいです。1個下のマネジャーの子がなんでもできて、私はまだ1年目で全然ダメでも教えてくれて助けられているっていうか指示通りやってしまう(笑)。選手との距離感がすごく難しくて、いまもよく分かっていない状態です。4年生はいいんですけど、下の代の子たちにどういうふうに声をかけたらいいかとか、どんな存在でいたらいいかとか本当に分からないです。でもきっとこれは引退するまでこのもやもやはなくならないかなって思っています(笑)。

稲山 自分は部員監督という役職です。部員が何かミスをしてしまった時の罰を考えたりしています。昨年、おととしはなくて、自分たちが1年生のときの新人監督を復活させました。昨年、おととしはいらないということで役職がなかったのですが、ことしまた新しくつくるからには意味のある役職にしなければいけないと思って、結構難しいです。やっていくうちに、部員監督という立場なので皆の模範となるような部員でいなければいけないと思うようになって、それは教員志望の私に通ずるものがあります。みんなはどう思っているのかなって気にしながらこの1年間この役職をできて良かったなって思います。いままでは罰にするミスの判断っていうのは自分たちじゃなくて4年生が判断していて、分からないことがあれば聞きに行っていたんですけど、最終的に判断するのが自分だったので、自分で考えることが多くなりました。チームのためにどうしたらいいのかっていう理由を自分の中で考えるクセがついて、その点でもやっていて良かったと思います。ただ、結果的にまだミスはあるので、自分の効果があったかはまだ分からないんですけど、少しでもサッカーに集中できて、日本一にふさわしいチームであれるように、部員監督としてそれなりの努力をしていきたいなって思います。

――サッカーを始めたきっかけと、もしサッカーをしていなかったら教えてください

平國 4歳の時に兄の影響でサッカーをはじめて…

熊谷遥 それでもう話おわりじゃん(笑)。

平國 お兄ちゃんのサッカークラブについていって、気づいたら自分もサッカーをしていた(笑)。

稲山 気づいたらね(笑)。

平國 無意識のうちにボール蹴ってた。もしやっていなかったら何しよう(笑)。

熊谷遥 何しようって(笑)。

平國 ピアノとかやりたい(笑)。結構上の方まで行きたい(笑)。

熊谷遥 コンクールとかね(笑)。

平國 可愛いドレス着て(笑)。

熊谷遥 私もお兄ちゃんのサッカーについていって、その少年団のコーチが父だったので、そういう環境でしたね。でも母は最後まで反対していました。たぶんピアノ行くときの車の中で…

平國 え、ピアノやってたの?!(笑)

熊谷遥 うん、しかも10年ぐらい(笑)。

稲山・中井 私もやってた。

熊谷遥 サッカーやってる人結構ピアノやってるよ?

平國 逆に?

熊谷遥 何が逆にだよ(笑)。ピアノのやるとリズム感が良くなるっていうし。

中井 だから独特のリズム感があるんだよ。

熊谷遥 それはそれでよかったじゃん(笑)。

平國 ありがとう(笑)。

熊谷遥 うん、それで母は女の子らしく育てたくて、あのころはサッカーやっている女の子が本当に珍しくて1チームに1人でもいたら女だ!って言われてた。

平國 言われてた!

中井 うわ、女おる!って(笑)。

熊谷遥 それで反対されて、同時期に空手もやりたくて、ピアノに行く時に突然やってもいいよって言われて、空手?って聞き返したらサッカーって言われたのを覚えてる。それで小1の秋ぐらいに北海道なので、冬はフットサルになるんですけど、その時期から始めました。でもやっていなかったらアルペンスキー速かったのでそれをやっていたかなって思います。でも普通にはしゃいでる女子高生になりたかった(笑)。

中井 でもそんなことしたらうちらと出会えてなかったからな(笑)。

平國 ピアノやってたらね(笑)。

中井 ピアノ界で会ってたかもな(笑)。

熊谷遥 そしたら出会えてたね、コンクールとかで(笑)。

一同 (笑)

稲山 自分は兄弟とかはいなくて、小学校にたまたま珍しく女子チームがあって、そこの6年生が結構強くていっぱいいて、抜けちゃうと新人戦に出れないから一緒に出てって言われたのがきっかけです。行ったらはまっちゃって、入ったんですけど、そのチームがすぐなくなっちゃって、それでバディに入ることになりました。その友達に誘ってもらったのがきっかけでした。それまでは女の子らしく育ててくれてたみたいで…(笑)。

熊谷遥 お母さんの努力全部無駄ね(笑)。

稲山 そうなの(笑)。3歳の頃から踊りのバレエをやっていて、ピアノもそろばんも水泳とかいろいろやっていて、けどサッカーを始めた瞬間、他のことには興味がなくなって、サッカー一筋になってここに至ったっていう感じです。だからサッカーをしていなかったら、バレエとかやっていたんじゃなかったんですかね(笑)。

 きっかけは、お父さんがサッカーをやっていて、小学校3年生の時にサッカークラブに入りました。サッカーをやっていなかったら、絶対に格闘技をやりたいです(笑)。

稲山 出た(笑)。

中井 めちゃくちゃ好きなんですよ。立ち技があるのが良くて、寝技は無理なんですよ、だから総合格闘技は好きじゃない。

熊谷遥 キックボクシングとか?

稲山 よく分からないけど(笑)。

平國 キックボクシングは手もある?

熊谷遥 なんだと思ってたの?(笑)

平國 キックはキックだけかと(笑)。

熊谷遥 やりたかったの?

中井 いまはやりたいけど、小さい頃はずっとボクサーと結婚するって夢だったんですよ(笑)。

熊谷遥 え、やば(笑)。

稲山 いつから好きなの?

中井 中学生の頃かな。男くさいんですよ、試合前に遺書を書いたりしてて。そういうのとかすごく好きなんですよ、命がけな感じが。

稲山 でも結婚したらやばいじゃん(笑)。

>中井 毎試合ハラハラしちゃう。

熊谷遥 やめておこうか(笑)。

中井(左)、稲山(右)

「みんなで喜びたい」(稲山)

――ではここからはインカレについてお聞きしていきます。組み合わせについてはいかがですか

熊谷遥 いつも初戦って結構何回もやったことあって、勝ってないとかね、そういうところと試合だったけど。

平國 4年間でも当たったことないくらい知らない相手だよね。

稲山 分からなすぎて怖いよね。

――キーマンは誰だと思いますか

稲山 4年でしょ。4年でありたいよね。

中井 だってア式も結局は最後4年生が決めてましたもんね。

稲山 4年生でありたい。

熊谷遥 4年生らしさをあんまり出せていないから、最後くらいは。

平國 最後くらいはね(笑)。

――最後の大会ですが、特別な思いはありますか

平國 こっち見てる(笑)。さっきも言ったんですけど…。

稲山 言ったんかい

一同 (笑)。

平國 4年生として頼れる姿を見せられていないので。私も後輩に支えられてきた部分が多いし、最後のインカレくらいはプレーでも外でも頼れる存在でありたいなって思います。

熊谷遥 今は選手ではないのでプレーとかより、とにかく終わりが近付いているのが寂しいなと。カウントダウンとかやってる人もいて。それを聞くたびに、結果とかも大事なんですけど、焦りと不安と寂しいなっていう思いばかりが出てきて。でも最後にいい4年生の姿を刻んでもらえるように、マネージャーとしてやっていきたいなと思います。

稲山 カウントダウンをあと100日くらいからやってるんですけど。

中井 毎日ラインくるんですよ。

稲山 送ってって言ったんじゃん(笑)。シーズン最初はカウントダウンしないと辛い時もあったので始めたんです。競技としてもうサッカーは辞めるつもりなのでこの大会が最後になるんですけど、このカウントダウンをしていって残りが少なくなると寂しいなって気持ちもありますし、カウントダウンか減っていくごとに4年生も仲良くなっていきましたし。まだこのみんなといたいなって思います。あとインカレ3連覇はア女はしたことがないので、絶対に達成したいなと思います。個人としても1年生の時から最後のインカレで試合に出て、点を決めたいっていうのが夢だったし、勝って4年生やみんなとグラウンドで喜ぶのもやりたいし。

中井 誰に1番に抱きつくの?

稲山 え、仁美(笑)。

熊谷遥 それはどうなの?

中井 あーでも先約いるんだよね。仁美はみずきだもん。

稲山 で、みずきがすみかでしょ。

熊谷遥 いやみんなでやろ(笑)

中井 自分はまだ終わる実感がなくて。だから寂しさとかもないです。でも最後インカレが終わった時に何もせずにただ過ごしてしまっだって思わないように毎日を大事にしていきたいと思います。

――では最後に意気込みをお願いします

熊谷遥 INACに勝って歴史を塗り替えたように、インカレも3連覇して、ア女ってすごいんだなって思ってもらえるようにがんばりたいです。

中井 よし!終わろう!

一同 (笑)。

平國 一同って書いておいてもらおうよ(笑)。

熊谷遥 他の人も一応1回言っておこうよ。

稲山 ア女の歴史を塗り替えて、有終の美を飾りたいと思います。

中井 後輩たちの新たなスタートラインを作りたいと思います。

平國 絶対3連覇します。でも今のところ意気込みの中では心にきてるのはすみかのなんだよね。

 え、どういうこと(笑)。

平國 歴史を塗り替えるのところに括弧で名前書いておいてください(笑)。

――ありがとうございました!

(取材・編集 大山遼佳,篠原希沙)

スローガンをみなさんで書いていただきました!

◆稲山菜月(いなやまなつき)(※写真中央右)

身長160センチ。東京・十文字高出身。スポーツ科学部4年。部員監督としてチームを支えてきた稲山選手。教員を目指しているとのことでしたが、まさに学校の先生のようにどの質問にも丁寧に答えてくださる優しい方でした!

◆熊谷遥楓(くまがいすみか)(※写真中央左)

身長162センチ。北海道大谷室蘭高出身。スポーツ科学部4年。今シーズンからマネージャーとしてチームに携わっている熊谷選手。答えに困っている選手などに助け舟を出すなどしていて、チームのお母さん的存在といった感じでした!

◆中井 仁美(なかいひとみ)(※写真右)

身長162センチ。兵庫・日ノ本学園高出身。スポーツ科学部4年。クールな雰囲気の中井選手ですが、要所要所でキレキレのツッコミをしていました。この1年間は後輩に支えられたということですが、きっとインカレではプレーで下級生を引っ張っていってくれるでしょう!

◆平國 瑞希(ひらくにみずき)(※写真左)

身長157センチ。宮城・常盤木学園高出身。スポーツ科学部4年。終始笑顔でインタビューに答えてくださった平國選手。1年間通してピッチに立ち続けていました。インカレでもキレキレのドリブルに期待しましょう!

« 特集に戻る