体操部

« 特集に戻る

2017.08.07

【連載】インカレ直前特集『shine on!』最終回 竹中貴一主将×高橋一矢

 最後に登場するのは、全日本個人総合選手権やNHK杯にも出場し、早稲田のダブルエースとして活躍する竹中貴一主将(スポ4=福井・鯖江)と、高橋一矢(スポ3=岐阜・中京)。お2人の、チームを引っ張る心意気や、インカレで雪辱を果たす意気込みを伺った。

※この取材は7月30日に行われたものです。

「最近はいい感じになってきている」(竹中)

主将として部の雰囲気を語る竹中

――今シーズンを振り返っていかがでしょうか

竹中 まあまあって感じですね(笑)。でも別に悪くはないんじゃないですかね。

高橋 全日本は本当にふがいない試合をしましたし、その後なんとかいいところ見せようっていう東でもいっぱい失敗したので・・・。今シーズンなかなかいい試合できてないなっていうのはあるので、インカレはなんとかいい姿を見せられるようにしたいなとは思ってます。

――お二人のことを「今年の体操部の二枚看板」だと馬場亮輔監督(平18人卒=埼玉栄)がおっしゃっていましたが、普段からそういうお話はあるのでしょうか

竹中 そんなにないですね。

高橋 そうですね、監督からは特に言われたりはしないですね。

――普段からそういったことを意識はされますか

竹中 いや、あんまりしないですね。

高橋 してほしいですけどね(笑)。

竹中 結構好き勝手やらせてもらってるんで(笑)。

――技術面でより難度の高い技をやろうと意識したりはしますか

竹中 そういうことは意識してますね。

高橋 一番点数を取れるっていうのは自分たちで分かってるわけだし、自分たちが点取らないと勝負にならないっていうのも分かってるので、そういうのを意識しつつ、演技っていうより僕は練習面を見てもらえれば・・・。自分が一番強いっていうのは割と自覚してるし、だからこそ注目されるとは思うんですよね、あの人どうやって練習してるんだろうとか。で、こういう練習したらいいんだってなるように、練習の時から心掛けてやってます。

竹中 うちは個性的なキャラが多いんでね(笑)、真似しろとは言わないんですけど、自分なりに頑張ってくれっていう感じでやってます。

――今年の体操部の雰囲気はいかがですか

竹中 最初はちょっと不安もありましたけど(笑)、最近はいい感じになってきていると思いますよ。ぐだぐだだったのがちょっとずつまとまってきたっていうか。

高橋 個性が強いので、個人個人で考えていることがあるから、なかなかまとまりづらいなとは思いますね。でも最近はまとまってきました。

――新入生の印象はいかがでしょうか

竹中 だいぶ真面目ですね。

高橋 真面目だと思いますよ、いい子たちって感じで。体操大好きだし。練習終わってからも1年生みんなでトレーニングしたり遊びながら練習したり(笑)、ずっとやってるので。いい子たちだと思います。

「明るくて元気なチーム」(高橋)

笑顔でチームを語る高橋

――お互いの今の印象を教えてください

髙橋 印象って言われるとちょっと言いづらいですよね(笑)。うーん。

竹中 すごいっすよ。もう、神様です。僕の通訳係です。通訳してもらってばっかです。助かってます。

髙橋 してないですよ(笑)。僕は、(竹中さんは)元気な人だなあ、と。まあでも本当に明るいので、チーム全体もそれで明るくなっているんじゃないかな、とは思いますね。

竹中 ありがとうございます(笑)。

髙橋 なんか上から言ってるみたいになっちゃってる(笑)。もうおかしいんだよ立ち位置が、逆なんだよ(笑)。

一同 (笑)。

――体操部内での推しメンを教えてください

髙橋 今年は、同期の佐藤崇太(スポ3=福井・鯖江)ですかね。

竹中 近藤宏紀(スポ4=福井・鯖江)です。

――理由を聞いてもいいですか

竹中 理由、理由聞かれちゃうか(笑)。すごいですよ。めっちゃ声出してくれるんです。もう、ずっと助けてもらってるんで。すごい盛り上げ役です。

――竹中さんと近藤さんだと、どっちの方がより盛り上げ役なんでしょうか

竹中 どっちだろう(笑)。

髙橋 多分練習中は宏紀さんの方がガンガン声出して、盛り上げてるって感じじゃないですかね。

竹中 僕は練習中はこんなんじゃないです(笑)。真面目なので(笑)。

髙橋 崇太も盛り上げ役っていうか、元気なやつで。まあ同期ですし。僕が練習中にあまり声を出さないタイプで、結構自分に集中を向ける方なんですけど、その点彼はすごいちゃんと周りを見て声かけたりとかしてくれて。自分にできないことをすごいやってくれてます。あと、すごい真面目ですし。体操に対して本当に真剣なので、すごい頑張り屋さんっていう感じです。頑張っているのを見ると、俺も頑張らないとな、って思わせてもらってます。

――例えば練習中にどういう掛け声をされるんですか

髙橋 んー、本当に単純なことなんですけど。練習中に「ガンバー!」って言うんですね。でもあいつ本当に声がでかくて(笑)。誰かが演技している時に声をかけたりっていうのはもちろんみんなあるんですけど、そういうときだけじゃなくて、沈黙になったなと思ったら「ガンバーーーーー!!」って。よし、頑張ろう!って思わせてくれます。

――結構盛り上げ役が多いんですね。

髙橋 そうですね。本当に明るくて元気なチームだと思います。

竹中 元気さ1位ですよ!

一同 (笑)。

――最近はまっていることを教えてください

竹中 はまってることね〜。でも僕最近漫画ばっかり読んでますよ。いろんなの探してます。とりあえず人が面白いって言ってたやつを吸収していきます。最近面白かったのは、「青の祓魔師」ですかね。一気にドンって買いました。

髙橋 何があるかな、もう体操しかしてない(笑)。でも最近割とテレビ見るようになって。全然体操とは関係ないんですけど、海外行きたいなってずっと思っているので、海外を取り上げている「アナザースカイ」とか、そういうのを見て、「あ、いいなあ〜」とか言ってます。毎週録画して見てますね。

――どこの国に行ってみたいですか

髙橋 ヨーロッパに行きたいって思ってるのと、あとは単純にハワイも行きたいなっていうのがあります。

竹中 おっ!行くか!

髙橋 はい(笑)。

――体操部の皆さんで旅行に行かれることはあるんですか

竹中 なかなか行かないよね。

髙橋 なかなか予定が合わないし、練習もあるし。

――最近寮で面白いことはありましたか

竹中 あるっけ?なんかあった?

髙橋 俺らって割と部屋にこもってるタイプですよ(笑)。

竹中 確かに(笑)。そんなにわちゃわちゃしないんですよね(笑)。

――寮の雰囲気はどのような感じですか

髙橋 自由ですよね、本当に。どの部屋にいなきゃいけないとかもないので。誰かの部屋に行ったり誰かが部屋に来たり。

――寮では結構リラックスできるんですね。

竹中 そうですよ、もうダラダラですよ(笑)。

髙橋 寮に帰ったらもう何もないですね。寮っていうと、上下関係が厳しいとか、部屋の先輩が怖いとか、そういうイメージがあると思うんですけど、全然そんなことはないので。

竹中 そうです!余裕です!

一同 (笑)。

髙橋 みんな好きな感じで。自由にしてます。

「本当に失敗がない試合を」(高橋)

昨年の悔しさを糧にインカレに臨む高橋(左)と竹中

――ここからはインカレについてのお話に移りたいと思います。去年のインカレはご自身にとってどのような大会となりましたか

竹中 あー(笑)。雰囲気は別に悪くなかったんですけど、結果的に7番で。まあ悪かったって感じですね。

高橋 うん。不甲斐なかったです。力が足りなかったっていう。

竹中 力が足りなかったですね。

高橋 そうですね、いろいろと。個人でももっと取れたし、もっと自分が何かしてれば7位なんていう結果にはならなかったんじゃないかなって。

竹中 本当にそれはみんな思ってますね。

高橋 いろいろ考えさせられる試合でした。

――インカレに向けて今特に強化している点はありますか

竹中 やっぱりみんなあん馬じゃないですかね。きょねんの最終種目で、落ちてしまった原因の1つなので。

高橋 7位になった原因が完全にあん馬にあって、あそこさえちゃんとやってればこういう結果にはなってなかったと思うので、やっぱり今年はそこだけは乗り越えようって決めてみんなでやってますかね。

――ではあん馬の練習量は多いということになるのですか

竹中 たぶんみんなそうですね。

高橋 それぞれで比重を高くしているというか、練習を増やしていると思います。

竹中 数はたぶんみんなやってると思いますよ。

高橋 目指すのは、全体を通して本当に失敗がないっていう試合ですかね。失敗を出さないようにって感じです、最近は。

竹中 うん。それだけは絶対しましょうって感じで。

――Dスコアを上げるというよりは、失敗のない演技を目指しているということですね

高橋 はい。そういった攻めの演技よりは、ちょっと落としてもいいからきっちりそろえるっていう。

竹中 ちゃんとやりましょうって感じですね(笑)。

――現在のご自身の調子はいかがですか

竹中 僕はだいぶいい感じなのかなって感じなんですけど、ちょっとまだ完璧ではないですね。まだぎりぎり8割がマックスというところなんですけど、もう8月に入るので一気に上げていこうかなって感じで今はやってます。

高橋 かなり調子は上がってきてると思っています。ただやっぱりまだ詰め切れてない部分は多いと思うので、最後まで油断せずに0.1でも多く点が取れるように、最後の詰めをしっかりやっていきたいなって思ってます。

――インカレでの具体的な目標を教えてください

竹中 団体はもう6番から上に上がっていくことです。7番はもうやめましょうというか駄目って感じで、6番以上でいきましょうって感じでやってきています。個人的にはきょねんまでアンダー(U21)入ってたので、それぐらいまで頑張って、それより上ですかね、その人たちの上に立てるように、そしてチームを引っ張っていけるように頑張っていきたいと思います。

高橋 さっきも言ったんですけど、今年ちょっと不甲斐ない試合ばっかりで、ちゃんとノーミスで終えた試合がなかなかないので、6種目ミスなく通したいです。それさえできればもちろんU21だって入れると思うし、来年の全日本個人の出場権も当然取らないといけないっていうのもあるので、きょねんのインカレは個人8位だったので、そのぐらいまでなんとかいけるようにっていうのが目標ですね。

――最後にインカレへ向けて意気込みをお願いします

竹中 最後ですね。もう何がなんでも頑張るしかないですよね、本当に。頑張ればなんとかなるでしょって自信持ってくしかないので、それだけで頑張っていきたいと思います。

高橋 ちゃんとやれば団体にしろ個人にしろ必ず目標を達成できる力はみんな備えているし、きっちり準備してきてはいるので、しっかり自分たちのやれることをやり切るっていうのが、今回のインカレに向けた意気込みです。

――ありがとうございました!

(取材・編集 村田華乃、石名遥、田中佑茉)

今回の色紙のテーマは「体操をする上で大切にしていることは?」

◆竹中貴一(たけなか・きいち)(※写真右)

1995年(平7)5月16日生まれ。162センチ、61キロ。福井・鯖江高出身。スポーツ科学部4年。明るく楽しく、対談を盛り上げてくださった竹中選手。試合になると真面目な早稲田の主将が、最後のインカレに臨みます!

◆高橋一矢(たかはし・かずや)(※写真左)

1996(平8)年10月9日生まれ。158センチ、53キロ。岐阜・中京高出身。スポーツ科学部3年。冷静な口調で内に秘めた思いを語って下さいました。常に『向上心』を忘れない高橋選手の、さらに磨きのかかった演技に注目です!

関連記事

【連載】インカレ直前特集『shine on!』トップ(8/4)

« 特集に戻る