スケート部

« 特集に戻る

2017.07.17

【連載】新体制特集『第一歩』 ~ルーキー対談②~ 前田悠佑×伊東勢司×吉野泰平×草島芳彦

 早大に入った7人の新鋭のうち、前田悠佑(社1=東京・早実)、伊東勢司(政経1=東京・早実)、吉野泰平(社1=東京・早実)、草島芳彦(教1=東京・早実)は早実高出身だ。みな個性が強く、アイスホッケーのこととなると言葉に力がこもる。『ワセダ愛』と『ホッケー愛』についてのお話を伺った。

※この取材は6月28日に行われたものです。

差を感じた春シーズン

前田

――大学に入って約3か月経ちますが、大学生活には慣れましたか

一同 慣れました(笑)。

――朝練のために午前3時に起きているそうですが、3時起きにも慣れましたか

吉野 慣れないです。

草島芳 慣れないですね。朝はつらいです。

伊東・前田 僕は慣れました。朝強いんです。

――入学してすぐ関東大学選手権がありました。早大の一員として挑んだ初めての大会だったと思いますが、見て感じたことや、プレーして感じたことなどありますか

前田 春は全部の試合でベンチに入れてもらえたのですが、格上の相手になるとまだフィジカルやスピード面で足りていないと感じました。上位校はスピードとフィジカル、決定力が圧倒的に違うので、秋までには決定力も上げていきたいです。また今の時期は陸トレなので体を鍛えて、秋にもっと活躍できるようにしたいなと感じています。

草島芳 春は僕はベンチに入る回数が少なかったので、まずはベンチに入って試合に出られるようになりたいなと思いました。今は陸トレ期間中なので、ここでしっかり先輩たちにフィジカルだけでも追い付いて夏、秋はベンチに入って、試合に出て活躍できるように頑張っていきたいなと。すごく刺激を受けたシーズンでした。

伊東 春は全部ベンチ入りして、高校から大学のホッケーに変わって自分がどこまでできるかということを考えてがむしゃらにプレーしたシーズンでした。実際にやってみて通用する部分もありましたけど、たくさん課題も見つかったので、その課題をこの夏を通して少しでも改善して、また秋は試合にたくさん出られるようにしていきたいと思いました。

吉野 出場機会がほとんどなかったので、この夏大学とのレベルの差を基礎的なところから少しでも縮めていって、秋はベンチにしっかり入っていって試合に出場して少しでも貢献できるようになればなと思っています。

――前田選手は駒大戦と日体大戦で計4ゴール決めました。初ゴールはうれしい思いが強かったですか

前田 そうですね。選手権の前に高麗大との交流戦があったのですが、そこでは全然点が取れず、試合にあまり出られていなくて。その中でチャンスを貰えた試合で、結果が残せたというように感じました。そこで点を取れたというのはうれしかったです。

――高校と大学のホッケーのレベルの差と感じたという話もありましたが、具体的にどういった点で差を感じましたか

草島芳 プレースピードが違うというのと、1回のミスが失点につながったり、試合のリズムを崩してしまったり、そういうのが命取りになるなと。1つ1つのプレーの重みが違うなと感じました。

伊東 もちろんスピードはそうなのですが、シュートの速さも。ディフェンスから来るシュートの速さが高校の時よりも全然速いです。キーパーもほとんどすべてのチームのキーパーが上手で、シュートを打っても一発で決まること少なくなりました。やはりそこは一発で決めるというよりも、2回目3回目というこぼれ球をどんどん打っていくことが大事だなと思いました。

吉野 1つ1つのパススピードやレシーブの精度とかも全然高かったです。あと、コーナーとかの粘り強さも高校とは違うなと感じました。

前田 体の強さです。高校の時は、自分はまだサイズがあったのでパックをキープする時間も長くすることができたのですが、大学生になると他の大学の選手は自分よりも大きい選手ばかりで。その中でパックを持とうと思ってもサイズに慣れていなくて、スピードにも自分が全然対応できていないというのを痛感しました。

――5月に入ってから早慶戦がありました。皆さん早実生として高校戦に出場されていて早慶戦には馴染みがあるかと思います。大学生になって初めての早慶戦は今までとは違った点はありましたか

前田 自分は大学の早慶戦を見て早大に入ろうと決めました。高校の時も「早慶戦すごい」と思っていたのですが、大学はもっと違って。入場からお祭りみたいな感じで、大学戦では一人一人名前を呼ばれてスポットライトも当たって、これがあこがれたところだと思いました。ただ試合に出られなかったので、冬までにはあこがれじゃなくてしっかり結果が出せるような選手になりたいなと思いました。

草島芳 大学はやはりすごいなと思いました。僕はドーモくん被っていたので、試合に出るよりきつかったかもしれないです(笑)。

前田 ワセダベアじゃない?

草島芳 ああ、それです(笑)。

一同 (笑)。

前田 (ドーモくんは)NHKだよ(笑)。

伊東 自分は授業があって途中からだったのですが、高校に比べて本当に雰囲気が違うと思いました。応援している人の数とかも全然高校の時より違って、声援の大きさも違いますし、そこでプレーできるのは本当にすごいことなんだなと思いました。

吉野 高校戦みたいな前座とは違って、大学戦はメインなのでそこはすごく違いを感じました。

――高校時代の早慶戦の思い出はありますか

前田 高校2年生の時に、自分たちの先輩のキーパーが1人しかいなかったのですが、早慶戦の2日前くらいに指を骨折てしまって。それで今の早大での先輩でもある大石さん(浩之、教2=東京・早実)と、小島さんという先輩が初心者で高校から始めたのにキーパーをやってくださって。それで一生懸命みんなで体張って守って早慶戦で勝ったというのはすごく印象に残っています。

――みなさん、この試合はすごく覚えていらっしゃいますか

草島芳 今言われて思い出しました(笑)。

一同 (笑)。

草島芳 いやー、やっぱり最新の高3の冬のが一番覚えていますね。高校最後だったので、観客席に友達も多く来てくれたので、それがやはり思い出深いです。

吉野 自分も高2の時の試合が記憶に一番残っていますね。

――現在は陸上トレーニング期間だと伺いましたが、今重点的に強化していることはありますか

草島芳 僕はスタミナです。

前田 自分は筋力がまだまだ足りないので、ウエイトトレーニングをもっとしっかりと取り組んでいきたいと思っています。

吉野 自分も上半身のウエイトを重点的にやっていこうと思っています。

伊東 自分も実際に試合に出て当たり負けとかがあったので、そこで当たり負けしないようにしっかりウエイトトレーニングをして、この夏でしっかり体をつくりたいです。

アイスホッケーは、何よりもかっこいい

伊東

――そもそもアイスホッケーを始められたきっかけは何ですか

吉野 自分は父がアイスホッケー選手だったので、父の影響で気付いた時には始めていました。

伊東 自分も父がやっていて。それまではいろんなスポーツやっていたんですけど、結局アイスホッケーをやってみてアイスホッケーが一番楽しかったのでアイスホッケーを選びました。

草島芳 僕は父もやっていて兄もやっていて、必然的に始めました。

前田 自分は両親が(アイスホッケーを)やってはなかったです。昔から何やっても長続きしなかったんですけど、父の影響でアメリカに引っ越した時に、父が近くのスケートリンクに連れてってくれてそこでたまたま日本人のお兄さんたちに声を掛けられて、「アイスホッケーやってみない」って言われてからのめり込んでいるって感じです。

――アイスホッケーのどのようなところに魅力を感じていますか

前田 迫力と、何と言っても点を取った時の一体感がどのスポーツよりかっこいいかなって。

吉野 スピード感とスケートの綺麗さとか、陸上でやるスポーツにはない動きがあるんで、そこが面白いと思います。

伊東 他のスポーツと比べて、泰平も言ったように、スピードが出せる競技です。あと氷上の格闘技とも言われていて、当たりとかもできますし、そういうところで魅力を感じました。

草島芳 一番かっこいいっしょと思います(笑)。 スピード感とコンタクトがあり、ワイルドで、乱闘とかもありで、すごいそこが一番かっこいいかなって。

――さっきも少し話がありましたけど、他のスポーツもやっていましたか。アイスホッケー一筋ですか

草島芳 習い事とかはアイスホッケーだけですね。

前田 水泳とちょっとだけサッカーを。全然長続きせずに3ケ月ぐらいで。

――前田選手は先ほどいろんなことが長続きしなかったと話されていましたが、アイスホッケーはなぜ長続きしたと思いますか

前田 何ですかね…。スケートは楽しくて。他のスポーツは親に半ば強制的でなんかもう嫌々だったところもあったのですが、スケートは自分からやりたいって言いました。自分からやりたいって言ったから続けられたのかなって思います。

――テレビでアイスホッケー以外のスポーツを観ることはありますか

吉野 自分サッカー大好きです。

伊東 自分もサッカーは観ます。

前田 野球と陸上とかですね。

草島芳 僕はアイスホッケーの次にアメフトが一番好きです。

――草島芳選手はやはりお兄さんである草島邦彦選手(社4=東京・早実)の影響が大きいですか

草島芳 大きいですね。

――早実もそうですが幼少期から同じクラブと、お兄さんと同じ道を歩まれていますね

草島芳 そうですね。父も早大だったんですけど、父よりも兄の姿に憧れたっていうのは大きいですね。

――他のみなさんはどうして早実も含めて『ワセダ』を選ばれましたか

前田 中学生の時に早慶戦を観て、将来ここでやりたいなと思いました。早実でも早慶戦できるので早実を選びました。

伊東 僕は初等部からなので…(笑)。

吉野 自分は青森出身で早実が毎回青森に合宿に来ていて、その時に小6ぐらいから誘われて合宿に参加していました。中2の時に顧問の先生に声を掛けられて、「受けてみないか」って言われたので、受けたら受かったみたいな感じです。

――みなさん大学ではそれぞれ違った学部に通っていますが、その学部を選んだ理由ってありますか

草島芳 学力的にそこしかなかったです(笑)。

一同 (笑)。

吉野 同じくです(笑)。

前田社会科学部はいろいろ勉強できて…。第一希望は商学部でした(笑)。父が商社なので、経済的な勉強できるところに入りたかったです。

――社会科学部のお二人は授業を一緒に取ったりしていますか

吉野 ちょくちょく一緒になりますけど、高校もずっと一緒で、寮も一緒でってなったら、まあ授業は別々で(笑)。

一同 (笑)。

――課題は大変ですか

伊東 自分は大変です。

吉野 社学も大変です(笑)。

前田 そうなの?

草島芳 そんな課題、まだやってないです(笑)。

個性が強いとうわさの早実組

吉野

――他己紹介をお願いします。まず前田選手についてお願いします

伊東 私生活では結構クレージーなところが多いです。1人でいつも色々な事をやっています。

吉野 ふざけている感じですね。

――スポーツ推薦の選手との対談でも早実の4人は個性が強いってお話があったのですけれども、前田選手はその中でも強いですか

伊東 そうですね、強いですね。

一同 (笑)。

吉野 確かに強いね(笑)。

伊東 結構ギャグとかやるんですけど、すべることが多く…。

吉野 打席数稼いで、打率低めな感じ(笑)。

草島芳 ホッケー面では、ホッケーに真摯に向き合っていると思います。

伊東 シュート力が強いですね。

草島芳 クイックモーションです。

一同 (笑)。

吉野 なんか解説みたいじゃん(笑)。

――続いて、草島選手についてお願いします

吉野 やっぱり馬鹿です(笑)。最近だと、オフの日当日に何の予定もなしに「今から海行くぞ」って本当に行きました。僕らはいかなかったのですが、数人引き連れて行っていました。あと、ホッケー面で言うと、当たりが強いです。

前田 学年でというか部で1位を張るぐらい強いです。

伊東 筋トレが好きみたいです。

前田 職業筋トレみたいなね。

――では、伊東選手についてはいかがですか

吉野 まあお坊ちゃまですよね。

伊東 何でだよ(笑)。

吉野 頭が良いです。あと、虫が嫌いです(笑)。小さい虫でも発狂するぐらい。

前田 あと、会議室で食堂から帰る時に覗いたら、1人でめっちゃ勉強しています。でも、見たら邪魔したくなるので、入って「おい」って。

一同 (笑)。

吉野 足も速いよね。ホッケーも速いです。

前田 走らせたら止められないぐらいです。

伊東 いいこと言うじゃん(笑)。

――吉野選手についてお願いします

草島芳 彼女大好きだよね。海断った理由も彼女です。いつでも彼女(笑)。

吉野 もっと早めに言ってくれていたら、行ってた。当日だったからね。

前田 彼女大好き芸人ってことでお願いします(笑)。

吉野 恥ずかしいやつじゃん(笑)。

前田 ホッケーの時も彼女が来ていると割り増しで足が速くなりますね。

草島芳 彼女が来ているとすかしまくってますね。

吉野 最後だから反撃の芽がない…(笑)。

伊東 まあ基本優しいです。世界一の優男ですね。

吉野 いや、五指の指ぐらいですね。

伊東 寝ている時にたたき起こしても大丈夫です。

――同じ1年生のスポーツ推薦で入ってきた選手達とは仲良くなりましたか

前田 なりましたね。自分は、中学の時から3人とはエリートキャンプで知り合いでした。それでロシアに行った時にふざけたりして遊んでいたのを覚えています。

吉野 中学が青森だったので、遠征で苫小牧に行くことが多かったので、純希(篠田、スポ1=北海道・苫小牧東)とは顔見知りでした。早大に来てくれたので仲良くなりました。

伊東 高校では、知っているって感じだったのですが、大学入って仲良くなってみたら、それぞれ個性もありますし、仁(澤出、スポ1=北海道・武修館)は自分たちの癒しみたいな感じです。

草島芳 三人とも仲良くなれて楽しく過ごしています。

――大学に入って気付いた早大の良さを教えてください

前田 上級生が皆優しいです。

伊東 毎回試合終わった後に自分たちの良かったところ悪かったところをフィードバックして、次の試合につなげるっていうアイスホッケーに対する真面目さが良いと思います。

吉野 先輩が後輩をよく見てくれていたり、ご飯に誘ってくれたり、プライベートな面でも良くしてくれる印象が強いです。

――仲の良い先輩はいますか

草島芳 大石さんとかですかね。早実の先輩はやはり良くしてくれたりしますね。心強いです。

――早大と早実ではユニフォームのデザインが異なりますが、どちらが好きですか。

一同  大学ですね。

草島 大学の方がかっこいいです。

吉野 生地も良いです。

伊東 軽いです。

――ホームページの自己紹介に前田選手の趣味がラマダンと書いてあったのですが、断食なさるのですか

前田 みんな映画鑑賞とかが多かったので、あんまり見ないと思ってちょっとふざけました。友達と相談したら斎藤工の趣味がラマダンと聞いたので、それ面白いかなと思って。本当の趣味は人の家に行くことです。高校の時から人の部屋とかが好きなので、寮は大好きです(笑)。休みの日とかは近くに住んでいる友達の家に行って泊まったりとかしています。

――他のみなさんは趣味はありますか。

吉野 スポーツ観戦は好きです。あと、コイキングっていうゲームを同部屋の仁とよくします。

前田 あの部屋はすごいですね。部屋行くと二人で「コイキング!コイキング!」って。/p>

伊東 オフの日は泰平と仁と一緒にゲームをしています。泰平がやろうって言ってくるので(笑)。

草島芳 自分は、オフの日はリフレッシュする為にパフェとか食べるのが好きです。甘いものが好きです。

吉野 この前も付き合わされました。原宿まで行きました。

1年生らしく、全力で

草島芳

――8月中旬の夏合宿ではどういったことを試してみたいと考えていますか

前田 どれぐらい自分が通用できるようになっているかというのをこの夏で試して、サマーカップに臨みたいと思います。

草島芳 東京の大学はフィジカルは強いと思うので、そこを強化する気持ちで臨みたいです。

伊東 この陸トレ期間でしっかり体を作って臨み、8月の夏合宿で3月に比べてどれくらい通用するかというのが分かると思います。合宿ではしっかり自分のプレーをしたいと思っています。

吉野 自分もこの陸トレ期間通してどれだけ3月に比べてプレースピードなど1つ1つ上げられたか、そこの違いを実感できればいいなと思っています。

――今後サマーカップ、関東大学リーグ戦、インカレと試合が続きますが、今季の具体的な目標はあれば教えていただきたいです

前田 春は4セット目で、ベンチには入れても試合で使われたり、使われなかったりという不安定な感じだったので、これからは3セット目以上に入って常に試合でプレーして、なおかつ春はチームの結果が振るわなかったので優勝に向けて少しでも力になれればと思っています。

草島芳 僕はまず先輩からポジションを勝ち取って、試合に出て活躍することが目標です。

伊東 自分は春は試合に出られたり、出られなかったりだったので、まずは毎回の試合でレギュラーを勝ち取って、そこでチームに貢献できるように頑張りたいと思います。

吉野 僕も試合に出られるように、一つ一つ気を引き締めて結果残して常にレギュラーにいられるようなポジションにいたいと思います。

――ご自身の注目してほしいプレーはありますか

前田 自分はどこからでも肩口のシュートは誰にも負けないくらいのスピードがあると思うので、それを生かしてこれからのリーグ戦でも「あいつを使ったら点を入れてくれる」と言われるくらいの決定力を磨いていきたいですね。

草島芳 ダイナミックなプレーと、体にいくというプレーです。

伊東 自分はスピードを生かしたプレーです。悪い流れとかでもしっかり走って、その悪い流れを断ち切れるようにしたいと思います。

吉野 自分もスピードに乗って攻撃参加をしていきたいです。いいタイミングで上がって、攻撃につなげられるプレーですね。

――最後に、これからのシーズンに向けての意気込みをお願いします

前田 ルーキーなのでがむしゃらという言葉を念頭に置いて、何事にも後先考えず全力で今シーズン悔いのない一年にしたいと思います。

草島芳 試合に出て活躍できるように頑張りたいと思います。

伊東 1年生らしく全力でプレーして、泥臭いプレーとかもしていきたいです。

吉野 僕も一年生らしさを前面に出して、試合で活躍できるように頑張りたいと思います。

――ありがとうございました!

(取材・編集 加藤佑紀乃、宇根加菜葉、宮崎愛美)

仲の良い早実出身4人組の今後に期待です!

◆前田悠佑(まえだ・ゆうすけ)(※写真左)

1998(平10)年5月18日生まれ。177センチ。東京・早実高出身。社会科学部1年。前田選手は早実高入学前に、早実高に行きたすぎて校歌と紺碧の空を覚えていたそう。今でも紺碧の空の2番、3番も歌えるなど4人の中でもワセダ愛の強さを感じました。

◆草島芳彦(くさじま・よしひこ)(※写真中央左)

1998(平10)年6月12日生まれ。170センチ。東京・早実高出身。教育学部1年。草島芳選手の最近の趣味は肌を焼くことなんだとか。陸トレが終わったら屋上に向かうほどハマっているようです!

◆吉野泰平(よしの・たいへい)(※写真中央右)

1998(平10)年7月9日生まれ。169センチ。東京・早実高出身。社会科学部1年。早慶戦パンフレットに「世界一の優男」というキャッチコピーをつけられていた吉野選手。草島芳選手の趣味である日焼けも付き合ってくれるそうです。取材時の話す表情からも優しさがにじみ出ていました!

◆伊東勢司(いとう・せいじ)(※写真右)

1998(平10)年7月25日生まれ。177センチ。東京・早実高出身。政治経済学部1年。伊東選手の好きな食べ物はバナナ。アイスホッケー部の新入部員紹介ビデオでも「バナナです!」とお茶目に話していました。他の1年生にはバナナ好きが多いようです。

« 特集に戻る