その他

« 特集に戻る

2017.03.20

【連載】『平成28年度卒業記念特集』第61回 内山穂南/女子サッカー

不屈の副将

 「ケガ」という言葉には、どうしても後ろ向きなイメージがつきまとう。しかし、それを前向きにとらえ、チームの勝利のために誰よりも努力を重ねた一人の選手がいる。今季ア式蹴球部女子(ア女)の副将を務めた内山穂南(スポ=東京・十文字)だ。「自分のやってきたことは間違っていなかった」そう語る内山なりのケガ、そして自分自身への向き合い方とはどのようなものだったのか。

 出身地である浦和市は、浦和レッズの本拠地。両親もサッカー観戦が好きだった。そんなサッカーに囲まれた生活を送るうちに、自分も本格的にサッカーを始めたいという思いが芽生える。内山が小学校4年生の時だ。全国ベスト8の実績をもつチームで練習を重ね、サッカーにのめりこんでいった。そして、女子サッカーの名門・十文字学園に進学。始めは独特の「部活」の雰囲気に慣れなかったが、中学時代は「今までで一番楽しくサッカーをしていた」という。高校生になると、想像をはるかに超える厳しい練習が待ち受けていた。「つらいことも多かった」と語るこの時代にひたむきに努力したことが、内山にとっての大きな糧となった。

チームに尽くした副将・内山(写真中央)

 早大に進学したのは、チームの実績はもちろんのこと、「大学でしっかり学びたい」という思いからだった。様々な地方の強豪校から選手が集い、非常にレベルの高いア式蹴球部女子。そんな中で、1年生ながら関東大学女子リーグ戦(関カレ)の開幕戦にスタメンで出場。華々しく大学リーグ戦デビューを飾り、コンディションも非常に良くまさしく波に乗っている状態だった。内山のサッカー生活が大きく変わったのは、大学2年生の夏だ。練習試合中にGKと接触して動けなくなり、救急車で搬送。ケガの原因が半年ほど分からず、サッカーができない生活を余儀なくされる。

 プレーの調子が上がっている、そんな矢先のケガ――。人生で初めてカベにぶつかったという。しかし、内山は落ち込んでいるばかりではなかった。まず、自分自身としっかり向き合うことから始めた。ウォーミングアップの仕方や筋トレの内容など、ケガをしたことが自分の体について考えるきっかけになったという。チームの練習に参加できないため、孤独を感じることもあった。そんな時には、同期や先輩からの「復帰を待ってるよ」という言葉や家族からの支えを力に変えた。この支えがあったからこそ、大好きなサッカーをやめようと思ったことはなかったのだ。そして大学2年の冬頃にようやく復帰するも、ブランクが大きく再びケガ。この時にも、「自分がケガで試合に出られていないが、チームに貢献する方法はある」と考え続け、ケガを決して後ろ向きに捉えなかった。同じくケガをしている後輩たちに背中を見せられるように、練習以外のところで人一倍努力を重ねた。

 「本当にあっという間だったけど、チームのことを考え尽くした」大学最後の1年間を笑顔でこう振り返った。副将として、チームを客観的に見て、先輩と後輩のパイプ役を果たした。あの全日本大学選手権(インカレ)連覇をピッチ上で喜ぶことはできなかったが、チームに貢献できたという安堵が湧き上がってきた。大学卒業後は、海外でのプレーに挑戦する。日本の女子サッカーを強くしたいという目標を胸に次のステージへ羽ばたく内山。自分自身としっかり向き合ったア女での4年間と、「サッカーが無い自分は考えられない」と語るほどの溢れるサッカーへの愛が、内山を支え続けていくことだろう。

(記事 下長根沙羅、写真 新庄佳恵氏)

« 特集に戻る