その他

« 特集に戻る

2017.03.18

【連載】『平成28年度卒業記念特集』第58回 小谷英里/女子ラクロス

人とのつながりを大切に

 「昔から自分は副将に向いていると思っていた」。そう話すのは AT小谷英里(国教=東京・大妻多摩)だ。1年間の留学を経ての主将就任。例年よりも多い部員数から一つの組織をまとめ上げる苦労も知った。そんな中でも、『人とのつながり』を何よりも大切にした小谷の四年間とは。

 ラクロスはカレッジスポーツと呼ばれ、大学から始める人が多い中、経験者として入部した小谷。新人戦のサマーステージ、ウインターステージではいずれも予選敗退を喫し、自分たちの弱さを痛感したという。そこで自分たちの足りないところを常に追求し、最後の大会であるあすなろカップではようやく3位に食い込んだ。

 新人戦ではチームの得点源となっていた一方、国際教養学部に所属していたことから、「留学から帰ってきたときに自分のラクロス部での居場所はあるのだろうか」と悩み始める。1年間チームを離れることが自分の競技生活において穴になると不安に思っていたのだ。また、ラクロス部は学年ごとにそれぞれ個性が強く、代によってチームのカラーが異なるため、3年生で復帰したときには少々戸惑いを感じた。しかし、その反面、留学中に外から早大女子ラクロス部を眺めることで、「チームを客観視できた」と言う。自分たちの代が4年生になったとき、勝つためには何が必要なのかを把握することができたのだ。小谷は自身のプレースタイルについて「アシストが好き」と語る。その性質上、留学先でもチームに戻った時、どのようにチームを支えるかを考えていた。そんな中での、主将就任。本人は驚いたと言う。

 そんな小谷が主将としてチームを作る上で心がけたことは「当たり前のレベルを上げること」。ここ数年、チームは練習ではできていても本番で実力を出し切れず、悔しい思いを幾度となくしてきた。それを見越しての目標。そのかいもあり、昨年は、早慶定期戦での10年ぶりの勝利を収める。自分たちのやっていることは正しいと感じた瞬間であった。勢いそのままに関東学生リーグ戦において、3年ぶりのファイナル4進出も果たす。ファイナル4では東海大に敗れはしたものの、女子ラクロス部の歴史に新たな1ページを刻んだ。

チームを3年ぶりのファイナル4進出へと導いた小谷

 昨年、躍進を遂げた女子ラクロス部の後輩に小谷が期待するのは「人としてどうあるべきかを考える」ことだ。これは個々とのつながりを意識し、チームメイトとの信頼関係を築いてきた小谷だからこそ言えることなのだろう。それと同時に、「どんなに良いプレーをしても信頼を勝ち取らなければ意味がない」と人間性がいかに重要なのかも強調する。実際、フィールドの外でも後輩に自ら進んで声を掛けるなど、部員がしっかりと付いてくるように心掛けた。このような地道な姿勢がチームを一つにまとめあげ、昨年の躍進につながったのだ。

 『日本一』を目指して全力で駆け抜けてきた大学四年間。小谷にとってラクロスとは「自分の全て」と語る。それはクロスを握り始めた中学生の頃から大学4年生まで誰よりも真剣にラクロスと向き合ってきた証だ。「ラクロスを取ったら自分には何も残らない」。そう言えるまで、追い込んできた。主将として見せてきた数々のプレーや行動は、後輩たちにも刻まれていることだろう。早大を背負い続けた誇りを胸にいま、小谷は新たな夢に向かって歩み始める。

(記事 岡田静穂、写真 後藤あやめ氏)

« 特集に戻る