その他

« 特集に戻る

2017.03.16

【連載】『平成28年度卒業記念特集』第55回 大内佳那/女子ソフトボール

心底楽しんだソフトボールを胸に

 「(早大女子ソフトボール部は)私の原点です」。そう言い切った大内佳那(スポ=千葉・木更津総合)の表情は、陰りのない実に晴れ晴れとしたものである。現役続行を断念し、ソフトボール人生にピリオドを打った。しかし、大内の今後の人生には、早大で過ごした四年間が必ず生かされていく。大内が「原点」と語った早大での四年間とは――。

 大内がソフトボールを始めたのは中学生から。小学生の頃、所属していた少年野球のクラブチームの監督に、ソフトボール部のある中学校を紹介してもらったことがきっかけだった。すでに中1の終わりの頃には、切磋琢磨(せっさたくま)して練習を重ねる強豪・木更津総合高校に心を惹かれ、入学することを決心。高校3年ではキャプテンを務め、チームを全国ベスト4に導く。大内が早大へ行くことを決めたのは、意外にも早大へ入学してほしいという両親の希望だった。早大で心から楽しそうにプレーする選手の姿を見て、大内はそれまでのソフトボールに対する認識を覆されたという。勝つための練習は辛く苦しいもの。そう思い込んでいたが、笑顔で練習に励む部員の様子から、「ソフトボールを心から好きになって楽しんでいいのだ」と初めて思えるようになった。

インカレで同点タイムリーを放った大内

 大内は1年時から上位打線で結果を出し、チームの主力として活躍。2年生には先発マスクをかぶるようにもなっていた。ゲームメイクを任されてから、チームの中心は自分であり、責任ある立場にいるのだと感じるようになる。その上、キャッチャーを務めるのは中学以来。重要なポジションであるだけに、抜てきされたときは並々ならぬプレッシャーを抱えていたという。それでも、大内は3年の春季リーグ戦で全勝優勝を果たすなど、常に仲間の期待に答え続けてきた。

 主将としてのラストイヤー。早大では選手が主体となって練習内容を決める。その中でも中心となって決めるのはやはり大内だ。この練習で大丈夫なのか、これで自分たちは強くなっているのか――。正解のわからない練習を続ければ続けるほどに、大内には不安が募っていった。思うような結果が得られなければ練習内容を再構築し、試行錯誤を繰り返す。チームにとって最善であるのは何かを常に考え続けた一年間だった。チームに真摯に向き合い続け、迎えた最後の全日本大学選手権(インカレ)。結果は無念の準々決勝敗退となってしまったが、大内は戦った2試合を、「すべてを経験させてもらったような2試合」と捉えている。サスペンデットゲームにまで試合がもつれ込み、サヨナラで白星を掴み取った1試合目。安打1本に抑えられ、「手も足も出なかった」と振り返る2試合目。最高の勝ち方をした試合と、負けるべくして負けた試合。どちらの試合も大内の心に深く刻まれている。

 「ソフトボールとは、人とのつながりをもたらすもの」。大内はソフトボールについてこのように定義した。大内自身は競技から離れてしまうが、ソフトボールをもっと多くの人に知ってもらいたいと思うようになる。それは、早大での四年間、心からソフトボールを楽しませてもらったことへの恩返しだ。ソフトボールをもっと世界に広げたい――。大内はその思いを胸に、すでに歩き出している。

(記事 中澤紅里、写真 中丸卓己氏)

« 特集に戻る