メニュー

その他

« 特集に戻る

2017.03.23

【連載】『平成28年度卒業記念特集』第67回 千葉太一/ラグビー

何よりもチームの勝利のために

 早実時代から赤黒に袖を通してきた、千葉太一(教=東京・早実)がついにそのユニフォームを脱ぐ。フロントローとして最前線で体を張り続けた4年間。今年度チームの柱であったスクラムは、千葉をなくして成立しなかっただろう。だがスクラムにこだわる一方で、試合に勝つことにも揺るぎない執着心を見せた。「チームが負けたら自分も敗戦。スクラムトライが取れたら嬉しいけれど、それ以上に勝ちたい」というコメントからも、その強い想いがうかがえる。

 幼い頃から早大でプレーすることが目標だったという千葉。中学受験を経て、早実に入学した。その後、中高とラグビーを続けて大学に入学。1年時には、日本代表にも選出された垣永真之介(平25スポ卒=現サントリー)らのプレーから刺激を受ける。そんな偉大な先輩たちとの練習を通して、着実にプロップとしての技術を磨いていった。また同期については、「一人一人の能力は高くはない」と述べ、だからこそチームの連携面を意識。まずは以前よりも周りを見て、積極的にコミュニケーションを取るところから始めた。すると、2年生以降はスタメンに選ばれる機会が増え、次第に早大の3番に定着していった。

千葉が中心となったスクラムは相手の脅威となった

  最上級生として迎えた今シーズン。スクラム強化を掲げてスタートを切ったものの、春先は我慢の時期が続く。「チームが負け続ける中で、自分のプレースタイルに自信を無くしていた」と語るように、個人としても納得のいくプレーができなかった。しかし千葉は、そんな苦しい状況でも決して焦らない。自らの強みである『どんな相手にも自分の形を崩さないスクラム』を信じ続け、それを徹底的に練習した。

 そして迎えた関東大学対抗戦(対抗戦)。徐々にその成果が出始める。春よりもセットプレーから得点に結びつく回数が増え、スクラムで他大を崩すこともしばしば。試合をこなしていくにつれ、どんどんとその安定感は増していった。伝統の早明戦でも、春から続けた取り組みが、しっかりと形になって現れる。相手に対して果敢にスクラム勝負を挑み、認定トライを獲得するなど、勝利に貢献。強化してきたスクラムが見事な輝きを放ち、いい形で対抗戦を締めくくった。

 千葉は、山下大悟監督(平15人卒=神奈川・桐蔭学園)の「ワセダは負けたら何も残らない」という言葉を強く意識した。いくらプレーが良くても、勝てなければ意味がない――。そんな熱い気持ちは4年生をはじめ、部全体へと浸透していった。チームの勝利のために何ができるかを考え、それを実行した千葉。そんな彼の姿勢は、しっかりと後輩へ引き継がれていくだろう。卒業後は、リコーでラグビーを続ける予定。「持ち味のスクラムにさらに磨きをかけ、活躍できる選手になりたい」と決意を述べ、新天地での挑戦に胸を高鳴らせていた。早大ラグビー蹴球部で学んだ、『勝つという気持ち』。それを前面に出し、まずはレギュラー獲得へと新たな一歩を踏み出していく。

(記事 大島悠輔、写真 橘高安津子氏)

« 特集に戻る