その他

« 特集に戻る

2017.03.05

【連載】『平成28年度卒業記念特集』第42回 安藤圭祐/軟式庭球

自分らしさでチームを一つに

 「安藤を勝たせようぜ」。全日本大学対抗選手権(インカレ)決勝の自分の出番に向け、靴紐を結び直そうとしゃがんだ時に聞こえてきた同級生の言葉だ。自分たちらしい笑顔で活気あふれるチームにしようと努力してきた安藤圭祐主将(スポ=岐阜・中京)の背中を押したのは、今までにないほど活気に満ち溢れたチームの声援だった。主将らしくないと言われることもしばしばあったというがチームを自分らしさで一つにまとめ、見事ワセダを前人未到のインカレ5連覇に導いた。そんな安藤圭の4年間に迫る。

 「下級生の頃は自分の良さをうまく出せなかった」と安藤圭は振り返る。1年生の頃からインカレに出場していたが、なかなか思うように結果は残せずにいた。ワセダの代表としてコートに立っているのだと自覚した途端に責任感で体が硬くなってしまう。高校生の頃は強い相手に向かっていく立場にいたために、がむしゃらに向かってくる相手の対処の仕方がわからなかった。また先輩とペアを組むことが多かった安藤圭は、チームに、先輩に迷惑をかけたくないという自分本位な気持ちが先行してしまい自分のするべきことが見えなくなっていた。高校生の頃より格段に技術力は上がっているはずだが、試合では前よりも力を出し切れていないとやるせなさが募るばかりであった。

目の前の勝利だけを見つめる安藤圭

  3年生に上がる頃、安藤圭に転機が訪れる。まずは弟、安藤優作(社2=岐阜・中京)とのペア結成だ。幼い頃から共にテニスに打ち込んできた弟だが、一度もペアを組む機会はなかったという。試合中において自分の良さを出仕切れないことに思い悩んでいたため、言葉がなくとも理解しあえる弟と組めたことは安藤圭を良い方向に突き動かした。また船水颯人(スポ2=宮城・東北)と星野慎平(スポ2=奈良・高田商)という大型ルーキーの入学も刺激となる。名実ともに高い選手であるだけに実力で勝てないことはわかっていた。しかし、ライバルとして対等に見てもらえる存在、お互いを高め合える存在になりたいという気持ちが芽生え、意識を高く持つようになる。どのようにしたら勝てるかを常に模索しながら練習に取り組むことができ、校外の個人戦では船水・星野組より1つでも多く勝ち残ることが目標となった。今までは周りに助けてもらう存在であったが、この1年間で自分のするべきことや目標を明確化し、これから自分がチームの中心となることを正面から受け入れることができた。自身でも振り返るように「一番成長できた1年間」となる。

 主将として迎えたラストイヤー。自分たちの代の良さを生かし、活気あふれるチームを目指すことにした。後輩との連携を図るため練習ノートという新しい取り組みも導入し、少しずつ自分たちのチームに変わろうとしていた。そんな最中、主将としてまずはできることをやって臨んだ春の東京六大学リーグ戦でまさかの優勝を逃してしまう。ワセダが常勝軍団であるゆえに、心のどこかで芽生えた一人ひとりの油断が形になった結果だった。勝つことが当たり前ではない、選手は目の前の試合に、応援はその選手への鼓舞に全力投球しなければならないことを再認識する。また、どういう試合展開をしていくか、どういう応援で雰囲気を作っていくか、主将である自分の中に確固たる芯がなかったことも原因の一つであると反省した。ここをインカレ5連覇達成への最後のターニングポイントと位置づけ、もう一度同期と話し合いインカレ5連覇への熱意を確かめ合った。

 勝てるチームになってきたと実感が湧いてきたのはインカレの事前合宿だったという。同時にインカレ5連覇達成というプレッシャーから解き放たれたのもこの時期だ。インカレの舞台となる福岡に足を踏み入れると5連覇がただの数字に過ぎないと感じてきた。「目の前のチームの勝利に気持ちが向いてきた」と安藤圭。プレッシャーどうこうよりも、自分が作り上げたこのチームで笑顔で終われたらと思っていたという。インカレ決勝の日体大戦。オーダーを読み上げる安藤圭の表情は5連覇達成を背負った主将の表情ではなかった。眩しいほどの笑顔で声を張り上げ、共にこれから戦う仲間に声を掛ける。勝たなくてはと後輩が思い詰めないようにまずは自分のリラックスした姿を見せ、いつもの自分たちらしい活気あるチームの雰囲気を取り戻して見せた。下級生の頃のプレッシャーに押しつぶされる安藤圭はもうおらず、最後まで主将然と振る舞う姿がチーム全体をも動かした。安藤自身、選手としてこの1年間は「自分らしく終われないのが一番情けないと思い、今できる全てを周りに示すつもりで試合に臨んだ」という。弟と一心同体となって日体大から奪い取った勝利は安藤圭の4年間の集大成というには充分すぎるものだった。優勝へと一気に勢いづけた安藤兄弟にワセダは歓喜の渦に巻き込まれる。隣で泣きじゃくる弟やベンチで喜ぶチーム全員の姿を見た時が一番主将をやっていて良かったと思った瞬間だった。

「本当の自分が出てきてしまう」というソフトテニスと向き合った大学の4年間はとても濃密な時間だった。「自分たちの立てた目標に向かって真剣に熱くなってひたむきに人のことを考えられたことが結果どうこうよりも大きな財産になった」と安藤圭は力強く語る。実業団に進む安藤圭に今後の目標を聞くと「打倒ワセダ」だと答えてくれた。「あと弟には絶対に負けたくない」と安藤圭らしい笑顔で付け加える。社会人としてワセダと戦う姿を見るのが楽しみだ。

(記事 栗林桜子、写真 吉澤奈生)

« 特集に戻る