その他

« 特集に戻る

2017.02.28

【連載】『平成28年度卒業記念特集』第37回 小澤眞帆/ホッケー

揺るがぬ自信

  「自信を持ってやる」と語る小澤眞帆(教=埼玉・飯能)。確固たる信念を持って、チームを引っ張ってきた闘将の姿がそこにはあった。常に前線で戦い続け、幾多の苦難を乗り越えた4年間。誰よりもホッケーと真摯(しんし)に向き合い、チームを支え続けた闘将の目には何が映っていたのか。

  小澤がホッケーと出会ったのは小学生のとき。地元で開催されたホッケーの試合を観戦し、両親に勧められホッケーを始める。高校時代には、持ち前のリーダーシップを生かし、主将としてチームをけん引したが、ホッケーは高校までと区切りをつけていた。しかし、地元の先生やチームメイトからの強い誘いを受け、大学でも続ける道を選んだ。エンジのユニフォームに袖を通した小澤は、春季学生リーグ(春季リーグ)の初戦でいきなりゴールを決める。鮮烈なデビューを飾ったが「スピードとパワーが全然違う」と、1年時には大学のレベルの高さを痛感。「実力をつけて目立つプレーヤーになりたい」と、必死に練習に打ち込んだ。地道な努力が実を結び、大学でも徐々に頭角を表した小澤は、チームの主軸を担うまでに成長。そして、3年時に副将に選ばれチームに欠かせない存在となった。

攻守の要として活躍した小澤

  主将として迎えたラストイヤー。高校時代とは異なり、練習メニューの考案や相手チームの研究で試行錯誤の日々が続き、悩むことも多々あった。さらに、春季リーグでは「絶対に3位を勝ち取る」と、強く意気込むが、僅差で4位に沈み涙をのんだ。それでも、決して下を向かなかった小澤。『THINKING HOCKEY』を合言葉に、全体でコミュニケーションをとる時間を増やし、チーム一丸となって更なる高みを目指した。期待と不安が交錯しながら、秋季リーグが開幕したが、不安を一掃するかのような息の合った連携プレーを連発。幾度となく相手ゴールに襲いかかり、3位を掴み取った。「安心しました」と、小澤の表情が思わず緩んだ。そして、迎えた最後の全日本学生選手権(インカレ)。「自分たちがやろうと言っているホッケーをやりたい」と、同大会最多優勝記録を持つ強豪・天理大を相手に、最後の最後まで食い下がった。しかし、あと一歩及ばず力負け。それでも、持てる力の全てを出しきり、ワセダらしく戦った闘将の表情は、晴れやかなものだった。

 鮮やかなスティックさばきと精度の高いパスを武器に、フィールドで躍動する名MFの雄姿は、人々の目に焼き付けられたに違いない。卒業後は、地元のクラブチームに所属し、今後もホッケーを続ける予定だ。「ゆくゆくは指導者としてホッケーに貢献したい」と、都の西北を離れても、小澤の飽くなき挑戦は終わらない。

(記事 成瀬允、写真 榎本透子)

« 特集に戻る