その他

« 特集に戻る

2017.02.14

【連載】『平成28年度卒業記念特集』第13回 是澤祐輔/漕艇

『背中で見せる』か、『言葉で示す』か

 ベストな主将とは、一体どのような姿なのだろうか。寡黙ながら行動でチームを引っ張る者がいれば、常に周りを気遣い、チームメイトに話しかける者もいる。その座を任されれば、誰しも理想の主将像を追い求め苦心するはずだ。是澤祐輔(スポ=愛媛・宇和島東)も、その中の1人だった。あまり多くない口数や、穏やかな口調からは、主将としての姿は想像しにくい。だが、100年以上の歴史を持つ早大漕艇部を率いる立場で、大所帯のチームをまとめあげてきた。そんな是澤が導き出した主将としてのあり方は、やはり他者からしても大きな説得力がある。

 高校1年生でボートを始めた。人数は少ないながらも強豪の宇和島東高ボート部、さらに全国でも屈指の激戦区・愛媛県という厳しい環境でもまれるうちに、才能が花開いた。シングルスカルでは2年時から全国レベルの大会に出場し、3年時には愛媛県選抜の一員として舵手付きクォドルプルで国体優勝を果たす。大きな大会で何度も戸田ボートコースを訪れていた是澤は、当時の早大漕艇部を「一番かっこいいのかな」と感じ、スポーツ推薦での進学を決めた。

苦しみ抜いた一年だった

 自信半分、不安半分で入部した漕艇部は、新鮮な場所だった。毎日漕げる環境、厳しい練習、初めての本格的なクルーボート、個性的ながら熱い気持ちを持つ先輩。様々な要素から心身ともに成長を遂げた。そんな中で早くから実力を発揮し、1年時から対校エイトのシートを掴む。下級生のころから早慶戦や全日本大学選手権(インカレ)にも出場し、得た経験は多い。例えば2年時の早慶戦で、実力的に上回るはずの慶大にまさかの敗北を喫した。その時は、初出場の早慶戦への高揚が先行し、先輩たちが懸ける思いを分かっていなかったという。対する慶大のユニホーミティに敵わず、クルーとしての統一感の重要さを味わった。様々な経験を受け着実に成長していった是澤は、不動の5番として対校エイトの中心となる。3年時のインカレでは8人の漕ぎが噛み合った最高のクルーで、インカレ優勝を果たした。そして最高学年となった昨年、主将に指名される。

 「後輩や同期に、ボートに取り組む姿勢を見せられるから」。自身が主将となった理由を、是澤はこう振り返る。水上でも陸上でも真摯(しんし)にボートに取り組む姿に、チームメイトはついてくる。その役割を期待されたのではないかと言う。是澤自身も当初は、行動で示す主将を目指していた。しかし、大所帯のチームを率いるうち、考えが変わる。「行動だけではできない部分が必ず出てくる。細かい部分で言える人間になるというところで、理想像が変わりました」。主将としてのあり方を心に決めた。しかし、過ごしたのは苦しい一年間だった。何度も辛酸をなめた早慶戦にはなみなみならぬ覚悟で臨んだが、まさかの沈没で敗戦を喫する。インカレではストロークの竹内友哉(スポ=愛媛・今治西)の故障で、ベストではない布陣で戦わざるを得なくなった。厳しい状況にばかり置かれた一年だったが、是澤はその度主将として、チーム全体を良い方向に導けるよう腐心してきた。結果が出ず悔しい気持ちはもちろんあるが、苦しい中でも統一感のあるクルーをつくれたことに満足していると言う。

 『背中で見せる』主将でありつつ、『言葉で示す』ことにも熱心であり続けた主将生活。下級生に、同期に、言いたいことをきちんと伝えてきた。それについて後悔を残したことは一切ない。卒業後は社会人でボートを続ける。また一からボートを楽しみ、純粋に自分の成長を図る心づもりだ。学生スポーツを離れ、主将の座を離れる是澤は、また1人の選手として新たな世界に挑戦する。だが、主将としてチームやクルーを導いてきた経験は、新チームでも信頼につながるだろう。何人もの選手の心をひとつにすることが何よりも勝利への近道となるボート競技にあって、是澤は一番大事なものをすでに得ているのかもしれない。

(記事 喜田村廉人、写真 黒田菜々子氏)

« 特集に戻る