その他

« 特集に戻る

2017.02.09

【連載】『平成28年度卒業記念特集』第7回 阪本皇子/剣道

終わりよければすべてよし

 「もっと強くなりたい、もっと勝ちたい、もっとみんなを喜ばせたい」。純粋な思いが、その剣をより高みへと導いた。その明るく気さくな性格がチームに一体感をもたらした。剣道部の女子主将、阪本皇子(スポ4=長崎・島原)はことしで卒業する。「自分がやらなければ人には言えない」。主将として、誰よりも自分に厳しく、誰よりもチームのことを考え続けた。その剣先に見据えていたものは。

 剣道を始めたきっかけは4歳年上の姉であった。徐々に才能は開花。中学では個人で県1位、剣道の名門・島原高校に入学後、2年時には団体で日本一に輝く。実に華々しい経歴の持ち主だ。気付けば人生の半分以上を剣道に費やしていた。しかし、実は大学では剣道を辞めようと思っていたという。そんな阪本を奮い立たせたのは高校3年時に国民体育大会で負けた悔しさ。その悔しさを忘れられず、また剣道部の扉を叩いた__。ここからワセダでの四年間が始まった。

相手に鋭いメンを決める阪本

 そこで出会ったのは、小学生の頃からの知り合いである川上ゆき(スポ4=熊本・菊池女)であった。「信用していて、一緒にいて楽だった。同期でよかった」と語るように、川上の存在はなくてはならないものであった。また、男子剣道部の主将を務めた小林直道(スポ4=東京・高輪)も良き理解者であったという。「男女協力していかないと強くはなれない」と二人で語り合った。その言葉通り、剣道部は男女仲良く、互いに切磋琢磨しあってきた。この関係は、主将たちの心掛けが生み出したのであろう。こうした協力者たちに支えられた阪本は主将として、ワセダの女子剣道をさらに強化していった。

 万全の状態で挑んだ関東女子学生優勝大会、しかし結果は2回戦敗退。全日本女子学生優勝大会(全日本)出場の夢は途絶え、シード権をも落とす結果となってしまった。そして阪本は、この大会に出場することすらできなかった。「悔しい気持ちしかない。負けた明大はそのまま全日本で優勝した、あそこで勝ってたらと思う」と悔しさをにじませる。2回戦で敗退したワセダには敗者復活戦への出場権も与えられはしなかった。剣道部女子の全国への躍進はここであっけなくも終わりを告げた。

しかし過去をいつまでも振り返るような阪本ではなかった。迎えた早慶対抗女子試合、相手に2本勝ちし、優秀選手にも選出され、結果も6−1と圧勝。この大会がワセダでの四年間の最後の試合となった。「終わり良ければすべて良し、最後に勝って終われてうれしい」その言葉通り、有終の美を笑顔で飾った。

その後、1、2年生のみで迎えた関東女子新人戦では準優勝。「形は違うが明大にリベンジしてくれた。一緒にやってきて本当に良かった」。ずっとその成長を見守ってきたからこそ、喜びも人一倍大きい。今の3年生にも実力者たちがそろっている。「後輩たちには全日本優勝を果たしてほしい。可能性のすごくある、いい子たち。誰かが不調になった時に支えられるような関係であってほしいし、互いを高めあっていけるようなライバルであってほしい」。卒業後は剣道から離れるという。剣からは離れても、人生の半分以上をかけて振り続けてきたその剣が描く剣筋は、後輩たちの道標となる。その先にはきっと『大学日本一』が待っている。

(記事 松本一葉、写真 佐藤諒氏)

« 特集に戻る