その他

« 特集に戻る

2017.02.07

【連載】『平成28年度卒業記念特集』第3回 竹内諒/野球

『負けない投手』になるために

 「負けない投手になりたい」。竹内諒(スポ=三重・松阪)は幾度となくこの言葉を口にした。チームメイトから「こいつに任せたら大丈夫だ」と思われるような、そんな絶対的な信頼を得た投手である。何よりもチームの勝利にこだわり、腕を振り続けた四年間。しかし竹内は卒業を目の前にし、理想像にはまだまだ近付けていないと語る。その言葉の裏には、常に高みを目指してきた男の歩みがあった。

 『負けない投手』という理想像が確立したのは、チームを勝たせる投球がしたいという至ってシンプルな気持ちからだった。中学時代からの憧れであった早大野球部の門をたたくと、1年秋には東京六大学リーグ戦(リーグ戦)で初登板。上級生に囲まれながら経験を積む中で、ターニングポイントになった試合が2年秋の立大3回戦だ。負ければ優勝の可能性が消滅する重要な一戦で、竹内は4回からロングリリーフ。延長戦にもつれ込んだ試合で、当時大学入学後最長となる8イニングを無失点で抑える好投を見せた。「初めて気持ちを前面に出せた」というこの試合を機に、竹内の投球スタイルが確立する。

最後の早慶戦で力投する竹内。宣言通り最後までマウンドを守り抜いた

 迎えた3年生でのシーズン。春季リーグ戦では開幕投手の座を勝ち取った。1点リードする状況で5回までを順調に抑えたものの、6回に突如崩れ降板。重役を担ったことによる気負いから平常心を失ってしまい、思うような投球ができなかった。翌週の立大3回戦では白星を収めるも、その後は本来の投球を取り戻せない。春秋を通して登板は6試合に留まり、ベンチを外れることもあった。一方でチームは無類の強さを発揮し、リーグ戦で春秋連覇。後輩の大竹耕太郎(スポ3=熊本・済々黌)、小島和哉(スポ2=埼玉・浦和学院)が先発として躍動しチームが輝かしい成績を残す中、何一つチームに貢献できない悔しさばかりが募った。最終学年を迎えるにあたり、前年活躍できていない不安は大きかった。しかしそれよりも強く抱いていたのはチームを勝たせたい、優勝させたいという思い。再びたどり着いた答えは『負けない投手』を目指すことだった。

 4年生になった竹内がまず掲げた目標は、リーグ戦の5カード全てで先発すること。春には「2点、3点は取られても構わない」と試合前に自らに言い聞かせることで、失点しても大崩れすることがなくなった。早慶戦では野手陣の援護にも恵まれ、自身初となる完投で白星をつかんだ。目標通り全5カードでの先発を果たすと、秋にはさらなる進化を遂げる。春に多かった被本塁打をなくそうとした結果、失点が少なくなった。また考えすぎないことで投球テンポが良くなり、安定感も増した。そして迎えた最後の早慶戦。「悔いのないように、絶対に最後まで投げてやるんだ」という強い気持ちを原動力に、過去四年間で一試合最多となる11奪三振を奪い、1失点での完投勝利を収める。「何も言うことがない」。見事復活を遂げたエースは渾身の投球で有終の美を飾った。

 苦しんだ末に手応えを得た竹内は、早大入学以前からの目標であったプロ入りを果たすためプロ志望届を提出した。しかし、四年間投げ合う機会も多かった他大学のライバルたちの名が呼ばれる中、竹内の名が呼ばれることはなかった。「指名された人は実力があったと思う。自分は技術面でも精神面でも突き詰められるところがまだまだたくさんある」。指名されなかったことで実力不足を痛感したが、その飽くなき向上心は尽きていない。春からは社会人野球の強豪、ホンダ鈴鹿に身を置き、2年後のプロ入りを狙う。『負けない投手』になるという強い信念を胸に、竹内の挑戦はこれからも続いていく。

(記事 吉田優、写真 大浦帆乃佳)

« 特集に戻る