その他

« 特集に戻る

2017.02.07

【連載】『平成28年度卒業記念特集』第1回 石井一成/野球

支えがあったから

 「第2巡選択希望選手 北海道日本ハム 石井一成 内野手 早稲田大学」――。プロ野球ドラフト会議で名前が読み上げられる。目標としていた世界への扉が開かれる瞬間だった。早稲田大学野球部第106代主将・石井一成(スポ=栃木・作新学院)は今春プロ野球選手として新たな一歩を踏み出していく。打の軸として、かつ主将としてチームをけん引し続けた石井が「周りの方に、先輩に、後輩に、同期に支えられながら成長できた」と話すワセダでの四年間。それは、苦悩も挫折も、喜びも全て詰まった濃い日々の連続だった。

 最終学年を迎えるにあたり石井が目指したのは背中でチームを引っ張る主将。しかし、石井本人は不振に陥り「自分が言ってもなんとなく説得力はない」という状態に。背中で引っ張ろうにも引っ張れず、チームの歯車は狂っていく。4年時の東京六大学春季リーグ戦では10季ぶりの5位に沈み、前年の春秋連覇という栄光からの転落を味わった。「背中で引っ張るのも限界」。行き詰った時に相談したのは、歴代主将の河原右京(平28スポ卒=現トヨタ自動車)と中村奨吾(平27スポ卒=現千葉ロッテマリーンズ)だった。「チームのためにやって結果が出ないくらいなら、いい意味で自分だけ頑張って、それがチームのためになればいい」。尊敬する二人の言葉で重すぎた肩の荷が少し降りた。同期や後輩に声を掛け、周りの助けを得ながら石井はどん底からはい上がろうとしていく。自分の気持ちを伝える回数も増し、夏は前年の倍以上の練習をした。確かな練習量で自信を得た秋のワセダは、春の貧打がうそだったかのように打線が奮起。戦う中でナインは野球を楽しみ、チームはまとまった。「うれしかったですね」。主将の言葉は確実にチームに伝わっていた。

背中で、言葉で、そしてプレーでチームを引っ張った

 元より、石井の野球に対する姿勢が仲間からの信頼を厚くしていたのは間違いない。石井の印象をチームメイトに尋ねると、「ストイック」という声が上がることが多い。それに対して石井は「そんなに練習量の差はない」と至って謙虚に話す。しかし、野球に対する姿勢がそれを物語っていることは確かである。下級生の時には粗いと言われていた守備に対しては、基礎を徹底して練習に取り組み、今では石井の大きな武器となるまで成長した。また4年夏にはプロ入りを見据えて打撃フォームの改造を決意。初めての挑戦に「今までで一番難しい」と感じつつも、めげずに一からつくり上げていく。そうして徐々にかたちをつかんで迎えた4年秋には、勝負を決める大事な場面で一発を放ちチームを救ってきた。この努力の積み重ねは石井自身の成長につながったのだけではない。チームをプレーで引っ張る主将としての求心力ともなっていたのだ。

 四年間を振り返り「家族以上に支えてもらったり、指導してもらったりした」と石井は何度も多くの人への感謝を口にした。もちろん、家族に対しても感謝の思いは強い。毎試合球場に足を運んでくれた家族には全ての試合が終わった後に自らの思いを手紙につづった。「口で伝えるのは恥ずかしかったので」。自身を口下手だと話す石井らしい言葉の伝え方だ。

 大好きな野球を一言で表すと『人生』だと言い切った。「野球がなかったら、死んでしまいそうなくらいです」。つぶやくように言葉が出た。野球のためであれば細かいところにも気を配り、野球では誰にも負けたくないという信念を持ち合わせていた石井。ここはまだゴールラインではない。納得するまで野球を極める姿勢、主将としてチームを鼓舞する姿を多くの人の心に残して、石井はワセダを旅立っていく。「どんなかたちでもいいので、恩返しできれば最高かなと思います」。感謝の野球道に、終わりはまだない。

(記事 加藤佑紀乃、写真 佐藤亜利紗氏)

« 特集に戻る