メニュー

ホッケー部

« 特集に戻る

2015.10.29

【連載】インカレ直前特集『NEXT』 最終回 木村浩一郎主将×川原悠雅

 インカレ直前特集の最終回を飾るのは、今年度男子ホッケー部の主将を務めるFB木村浩一郎主将(スポ4=栃木・今市)とFWとして活躍するFW川原悠雅(社4=佐賀・伊万里商)。共に4年生として臨む最後のシーズン。そんなお二人のインカレに対する思いに迫った。

※この取材は10月6日に行われたものです。

「ホッケー部はみんな個性が強い」(木村)

木村

――まず初めに、この組み合わせと聞いてどのように思いましたか

川原 何もない…。

木村 そうなんですよ。僕ら共通点があまりないと思ったんですよ。思ったんですけど、案外バイト先が一緒だし、あとは何かあったかな?

川原 教職を取ってるとか。

木村 そうだね。ちょいちょい共通点はありますね(笑)。

――お二人は普段から仲は良いのですか

川原 悪くはないよね。

木村 僕は勝手に仲良いと思ってますけどね(笑)。

――一緒に遊ばれたりなどはしますか

木村 お金がない時とかは、一人暮らしの悠雅の家に行けば何か食べられると思って遊びに行きますね(笑)。

川原 どこかに出掛けるとかはないですね。みんなで集まるような感じです。

――お二人の初対面は

川原 高3の選考会ですね。

木村 その時に同じ部屋だったんですよ。

――その時の第一印象は覚えていますか

川原 あまり覚えてないですね。さわやかだなと(笑)。

木村 僕もあまり覚えていないんですけど、存在は知っていました。

――今の印象はいかがですか

木村 ホッケー部って個性が強い人が集まっているんですけど、ちゃんとその中でしっかりと周りを見ているので相談しやすい相手です。

川原 …何て言ってほしい?

木村 すごく偉大なキャプテンで…(笑)。

一同 (笑)。

川原 4年生は特に色が強いやつが多いので、キムがキャプテンだったからこそ、今調子が良い中で目標に向かってやっていけているのかなって思います。

木村 良いこと言うね(笑)。

――ホッケーとの出会いはいつ頃ですか

木村 僕は小3の終わり頃ですね。

川原 僕は小1です。

――きっかけなどは

木村 啓太くんがやるって言ったので僕もやろうと。

川原 誰かわからないよ(笑)。

木村 啓太がやるって言って、その流れでアイスホッケー部の石川貴大(スポ4=埼玉栄)も一緒にやったんですよ。

川原 ちょうど小6の時、全国大会でキムがいる学校と当たって。その時、石川貴大の印象がすごく強くて覚えていたんですけど、高校になったらいなかったのでやめたんだなって思っていました。でもワセダに入って、アイスホッケー部にいることを聞いてすごくびっくりしました(笑)。

――川原選手の始めたきっかけというのは

川原 僕は親が指導者をやっていたので、気づいたらやっていたという感じです。

――お二人とも参加したU-18日本代表選考会での思い出はありますか

木村 基本的にたぶん鵜飼(FB慎之介、スポ4=福井・丹生)とか拓郎(MF中村、社4=富山・石動)は楽しかったって言うと思うんですよ。でも僕はそんなに楽しいなって感じではないですね(笑)。

川原 知り合いとかもたくさんいたので、僕は楽しかったですね。

――大学でも続けようと思ったきっかけなどはありますか

木村 僕は元々違う大学を考えていて(笑)。でもその時点でワセダにホッケーで行けるってことを知らなかったんですよ。それで高2のインターハイで顎を骨折して入院している時に、監督が来て「お前、進路はどうするんだ」って言われて。その時親が近くにいて「ワセダなんか行けないですよね」って冗談で言ったら、「いや、結果が出れば行けますよ」って言われて、そこでワセダにも行けるということを初めて知りました。そこからはワセダに行きたいなって思うようになりました。

川原 大学でも続けようとは前から思っていました。でもやっぱりネームバリューですかね。中学校の時からワセダに行きたいなって思っていたんですけど、結果的に選択肢がワセダしか残っていなかったのでワセダに行こうと思って頑張りました。

――今後ホッケーを続ける予定はありますか

木村 とりあえず指導者というかたちで続けようと思っています。どっちにしてもLIEBE栃木というチームに所属しているので、そちらの方でやっていければいいなと思っています。

川原 僕は佐賀に帰ることが決まっているので、楽しみながらやっていきたいなと思います。

オフの日の過ごし方

和やかな雰囲気の対談となりました

――オフの日などは何をされていますか

木村 最近はあまり出歩かない(笑)。映画を観たりとか、基本的に寮が楽しいので最近は本当に出歩かないですね。

川原 僕は勉強してます。

木村 まじで?

川原 ずっと勉強してますよ。今おもしろいんですよね、勉強するのが。

木村 でも確かに、家に行くと教科書みたいなのがいっぱいあるんですよ。

川原 最近頭おかしくなっちゃったかもしれないです(笑)。

――趣味や今ハマっていることなどはありますか

川原 勉強。

木村 かっこいいな(笑)。

川原 料理とかもしますよ。

――どんな料理をされるのですか

木村 あれだろ?ごはんに焼肉のたれをかけて…。

川原 それキムでしょ(笑)

木村 いや、でもそれ超うまいんですよ。

川原 キムはそれだけで食べちゃうんです。

木村 基本的に何でもおいしいので(笑)。

――木村選手はハマっていることなどはありますか

木村 ハマっていることか…。柔軟剤をかえて良いにおいだなって(笑)。

一同 (笑)。

川原 そんなに柔軟剤って買う?

木村 最近良いにおいのKitsonのやつが出て、買ってみたりしています(笑)。

――お二人から見て下級生の印象はいかがですか

木村 3年生は同じような感じで個性が強いですね。2年生は…。

川原 真面目っちゃ真面目だよね。

木村 うん、真面目だね。1年生はいい意味でおもしろいかな。毎年スポーツ推薦で入ってくる人が結構中心になってやる感じなんですけど、ことしは僕的には逆かな、と。学院の二人(GK平山誠大、社1=東京・早大学院とFW関修平、商1=東京・早大学院)が音頭をとる感じですね。

川原 1年生、めっちゃ仲良いんですよ。気持ち悪いぐらいです(笑)。

――今までホッケーをしていて大きなケガをしたことはありますか

木村 僕は顎と鼻をやったことがありますね。

川原 僕はこの前の3月くらいに鼻と歯をやっちゃいました。

木村 「うわっ、大丈夫か!?」って感じではもうないんですよ。「あっ大丈夫、大丈夫?」みたいな感じで(笑)。感覚がまひしています(笑)。

「全日本選手権に出たい」(木村・川原)

川原

――川原選手から見て木村選手はどのようなキャプテンですか

川原 頼もしいですね。しっかりしてないんですけどしっかりしているんですよ(笑)。私生活をみたらあれなんですけど、周りをよく見ていますね。みんなをまとめようとしてくれていて、そういうのが伝わってくるのでしっかりしようと思います。キムだからこそ今のチームがあると思います。

木村 いやー、素晴らしい(笑)。

――お互いのプレーの分析をお願いします

木村 悠雅はFWで、どんな体勢でもシュートを打てて、それもすごく速いのですごいなと思います。

川原 元々キムはFWをやっていてDFにいったんですけど、一番よく走っていますね。この前の東農大戦もキムが走ったからこそあの得点が生まれたので。本当によく走るよね。

木村 それしかないからね。

――春のシーズンで一番印象に残っている試合はどの試合でしょうか

木村 僕は王座(全日本大学王座決定戦)の3位決定戦の山梨学院大戦(●0-5)ですね。あのゲームは悔しすぎました。言い訳はしたくないですけど、やっぱり連戦になってくると(ワセダは)人がいないし疲労もすごく溜まってきて、本当に足が動かなくて。全然戦うことができなかったので、本当にあれは悔しかったです。逆に春のリーグ戦で山梨学院大に勝った試合はすごく嬉しかったですね。

川原 ちょうどその時、試験でその試合にいけなくてずっとグラウンドにいる人と連絡を取って速報をやってもらっていたんですよ。最後SO戦になったじゃないですか。それもビデオ通話をして映してもらって見ていて。だから逆にその試合が印象に残っているかもしれないです(笑)。

木村 あ!その試合で面白い話がありました(笑)。鵜飼がケガをしてそこに2年生の是澤(FB勇志、文2=東京・早大学院)が入ったんですよ。それでたしかPCを取られて是澤が一番騎になったんですけど、その時に是澤が「俺が止めます。体で止めます。」みたいな顔をしていて(笑)。普通だったら危ないのでシュートコースに対してスティックでいくんですけど、あいつは真正面からつっこんでいって(笑)。

一同 (笑)。

木村 あの時の顔は本当に忘れられないですね(笑)。

――春季リーグ戦は2位、王座は4位という結果についてはどうお考えですか

木村 チームを発足した時に、全日本選手権出場という目標を掲げました。結果としては順調に来ているかなと思います。試合内容を見るとまだ全然だめなんですけど、結果だけ見たらとりあえず順調に来ているかなと思っています。

川原 目標を立てる時も、インカレでここの山に入りたいから春リーグと王座で結果を残そうという目標をつくってきていたので、結果だけを見たらちゃんと残ることができていますね。なので、ここから自分たちが立てた目標に向かって最後頑張らないといけないなと思っています。

――夏休みは東伏見で練習合宿があったとお聞きしましたが、振り返ってみていかがですか

木村 毎年強豪校のところに行って遠征をする感じだったんですけど、ことしはスケジュール的に遠征に行くことができなくて。その中で監督が、向上する意識があれば自分たちでやっても大丈夫じゃないかということだったので、異例なんですけど自分たちで合宿期間ということでやりました。遠征に行くと人数も少ないのですごくきついんですけど、それくらいきつくやったつもりではいます。それが今後の試合につながればいいのかなって思っています。

川原 僕的にはどこかに遠征に行くよりも良かったかなと思っていて。ちゃんとホッケーだけに集中して取り組むことができた期間でしたし、本当に充実していました。

――ワセダは部員が他の大学よりも少ないと思いますが、それゆえの大変さなどはありますか

木村 やっぱりケガが多いと本当にまわらなくなるので…。

川原 きついですよね。

木村 山梨学院大とかは(交代選手が)すぐ出てくるじゃないですか。やめてっていうね(笑)。やっぱり人数が多いと選手層が厚いので切磋琢磨の気持ちが出ると思うんですよ。固定とかされてきてしまうとよくないので、切磋琢磨できるように意識づけというのをしていかないとワセダは向上していかないかなと思います。今は結構良い感じでできているとは思います。

――インカレの目標は

木村 インカレは…。

川原 キャプテンに任せます。

木村 …優勝ですね。とりあえず僕たちは一つ一つの試合を頑張っていかなければいけないので、一丸となってしっかりやっていけば結果はついてくると思います。

川原 キャプテンが言った通りです。僕は教育実習があったので慶大戦も出ていなくて、山梨学院大戦も10分くらいしか出ていないです。この前の東農大戦も走ることができなくて秋はまだ何もやっていないので、頑張ろうと思います。

木村 これから見せてくれると思います。

――お二人は4年生ということで最後のインカレに対する思いというのは強いものがありますか

木村 そうですね。今までインカレってさ、良い結果になったことってないじゃん。

川原 うん、ないね。

木村 1年の時もすごく良い組み合わせだったんですけど(負けてしまったので)、ことしこそは良い結果を残したいなと思っています。勝ち上がったらおそらく明大と対戦するというのがもう決まっているので、勝ちたいですね。

川原 (先に対談が終わった佐藤と西山に向かって)ちょっと500円貸して。きょうご飯食えん(笑)。

一同 (笑)。

木村 これ書いといてくださいね(笑)!

一同 (笑)。

――川原選手はいかがですか

川原 全日本選手権に出たいですね。今まで出たことがないですし、ワセダでこんなことやりましたってことが残るので。そういう代にしたいです。

――警戒しているチームはありますか

木村・川原 明大ですね。

川原 明大に勝つか負けるかなんで。

――木村選手は他大学にも高校の同期の方が多くいらっしゃると思いますが意識などはしますか

木村 やっぱり結構意識はしちゃいますね。あまりそこにガツガツいきすぎるのも良くないかなとは思うんですけど、どうしてもずっと一緒にやってきたので意識はしてしまいますね。

――インカレでのキーマンをあげるとしたら誰ですか

木村 やっぱり鵜飼と宮崎(FW俊哉、スポ3=福井・丹生)ですかね。他のチームもわかっていると思うんですけど、鵜飼から球が配給されるようなかたちなので、周りがどう動けるかというのにかかってくるのかなと思います。

――ご自身ではどのようなプレーをしたいですか

木村 とにかく守れるように後ろからコーチングをして、欲を言えば攻撃に参加していきたいですけど、とりあえず自分のできることを120%できたらいいかなと思います。チームが良い方向に行けるようにプレーしたいと思います。

川原 あまり今まで得点にこだわってこなかったかなと思うので、最後のインカレなので得点にこだわって、結果でチームに貢献したいです。

――最後にインカレへの意気込みをお願いします

木村 優勝できるようにみんなで頑張ります。

川原 キムがこうやっていきたいって言って今のチームがまとまっているので、チームとしてはそれ以上でもそれ以下でもないというか。

木村 全日本行きたいね。

川原 そうだね。決めた目標を達成したいです。

木村 今まではインカレ優勝っていう目標だったんですよ。でもことしは全日本出場という目標にしました。全日本出場というのはベスト4からなんですけど、うちのチームは調子が良いとすごく盛り上がるので、ベスト4まで行ったらそのまま次へ次へ行けるだろうということを予想して全日本出場という目標にしたので、本当に勝ちたいですね。

川原 ちゃんと自分たちの目標を達成した上で、天理大とかに勝ってみたいよね。

木村 そうだね。

川原 天理大は高校の同期がキャプテンをやっているんですよ。すごく厳しそうだしホッケーばっかりしているので、そういうところに勝ちたいですね。

木村 勝ちたいですね、僕は立命大のキャプテンが同期なので。本当に勝ちたいです。

――ありがとうございました!

(取材・編集 大森葵)

インカレへの意気込みを書いていただきました!

◆木村浩一郎(きむら・こういちろう)(※写真右)

1993年(平5)7月1日生まれ。身長173センチ、体重62キロ。栃木・今市高出身。スポーツ科学部4年。東伏見にある「鳥金」でバイトをしているという木村選手。「鳥金にぜひ来てください!」とのことです。またインカレの意気込みとして、悩んだ末に色紙に書いたのは「笑利」という二文字。その素敵な笑顔でワセダを勝利に導いてください!

◆川原悠雅(かわはら・ゆうが)(※写真左)

1993年(平5)11月13日生まれ。身長170センチ、体重60キロ。佐賀・伊万里商業高出身。社会科学部4年。9月に地元の佐賀県に教育実習に行っていた川原選手。秋季リーグ戦の2戦目である山梨学院大戦の前日にこちらへ帰ってきたそうで、「まだ秋は活躍できていないので頑張りたい」とおっしゃってくれました。FWとして、インカレでの得点に期待しています!

« 特集に戻る