メニュー

ホッケー部

« 特集に戻る

2015.10.28

【連載】インカレ直前特集『NEXT』 第5回 鵜飼慎之介×中村拓郎×宮崎俊哉

 全本学生選手権(インカレ)まで残りわずか。今回お話を伺ったのはFB鵜飼慎之介(スポ4=福井・丹生)とMF中村拓郎(社4=富山・石動)とFW宮崎俊哉(スポ3=福井・丹生)。春季関東学生リーグ(春季リーグ戦)ではそれぞれベストイレブンにも選ばれた、ワセダのキーマンたち。北陸出身でもある3人にここまでの振り返り、そしてインカレに向けての意気込みを伺った。

※この取材は10月8日に行われたものです。

「王座は悔しかった」(鵜飼)

鵜飼

――春シーズンで一番印象に残っている試合はどの試合でしょうか

鵜飼 自分は(春季関東学生リーグの)山梨学院戦(◯4-4、4SO2)ですね。内容も楽しかったですし、ハプニングもあって。でもやっぱり最終的に勝ち切れたことが良かったです。

宮崎 自分は東農大戦(△2-2)が印象的ですね。自分が全部得点決めたので(笑)。

鵜飼 まあまあ(笑)。そういうのもいいと思う。

中村 僕は初戦の駿河台戦(◯3-0)ですかね。きょねんの春も僕が一番最初に点を決めて、ことしも最初に点を決めたので、一番印象に残っています。

鵜飼 みんな我を出してる(笑)。

一同 (笑)。

中村 アピールしていかないとね。

――春リーグ2位、全日本大学王座決定戦(王座)4位という結果についてはいかがですか

中村 結果だけ見たらそれなりに良いですよ。

鵜飼 僕らが1年の時、春リーグで優勝して王座も準優勝したというのが成績に残っているので、それに比べたら少し落ちているように見えるけど、悪くはないんじゃないかな。

中村 僕らって春か秋のどちらかは落ちて入れ替え戦とかになってしまうんですけど、ことしはそれがもう絶対にないので、そういった意味では結果は出ているのかもしれないです。

鵜飼 王座は悔しかったけどね。見に来ていただいたのにごめんなさいね。

――秋はここまでいかがでしょうか

宮崎 好調でしょ、完全に。

鵜飼 まあ確かにね。山梨学院大には勝てたら良かったと思うんですけど、好調だね。

宮崎 王座のあの大敗からの切り替えね。秋は結構順調に進んでいっているかなと思います。

――ではチームの雰囲気もいいですか

鵜飼 はい、雰囲気は良いですね。

――お互いのプレーでここはいいぞというところはありますか

鵜飼  拓郎にはいつも助けてもらっていますね、4年間ずっと。試合中、僕がくだらないミスをした時に助けてもらっています。俊哉は高校から一緒で、パスを出したらそこから点を決めてくれたり残してくれたりするので、すごく頼りになります。

中村 慎之介は、全体的にプレーのレベルが高いです。一番の長所はロングボールが強いですね。強いボールをどこでも出せるから、それが一番の強みだと思いますね。俊哉は大事なところでしっかり点を決めてきてくれます。ここに出せば入れてくれるという期待が持てますね。

鵜飼 これ、あとから聞き直したら恥ずかしいやつやな(笑)。

宮崎 拓郎は中盤としてそうですし、4年生として自分が上に立つことなく下もなくコミュニケーションをとりながら周りを見ることができていて、それが結構チームの支えになっています。慎之介さんは完全に、僕が活躍するためにパスを供給してくれるという感じです。

一同 (笑)。

鵜飼 なんか言い方悪くないか(笑)。

宮崎 良いパスをくれているということです。ホッケーでは相棒です。

――宮崎選手はU-21日本代表に選出されましたが今後のご予定を教えてください

宮崎 大阪で代表合宿があって、インカレが終わったあとにマレーシアに行って、アジアカップがあるといったところです。

――U-21でのご自身の現状は

宮崎 シニアの経験もあって、代表経験も他の人よりは多いので、ジュニアではリーダーシップをとっていきたいですね。現状は良いか悪いかで言うと良いと思います。自分が一番上の歳でもあるので引っ張っていかなくてはという自覚もありますね。良い環境でできていると思います。

――U-21での目標をお願いします

宮崎 アジアで3位に入ったらとりあえずワールドカップに出られるので、試合内容云々というよりはとりあえず勝ってワールドカップ出場を決めたいです。日本代表に落ちた人の分も頑張っていきたいです。

「うまくバランスが取れている」(中村)

中村

――今回はそれぞれのポジションのキーマンかつ北陸出身対談ということですが三人の仲はいかがですか

宮崎 もう仲良すぎて、大して仲良くないというか(笑)。

鵜飼 ワセダはみんなそうなんですけど、キャラが濃いから中和するキャラが木村(FB浩一郎主将、スポ4=栃木・今市)くらいしかいなくて。

中村 まあでも、うまくやってますよ。

鵜飼 そうやな、うまくやってるな。

――初めて会った時の第一印象は覚えていますか

鵜飼 それをずっと考えていたんですよ。聞かれるよって言われたので(笑)。でも覚えてないんだよね。

中村 でも絞り出すわ。

鵜飼 俊哉はずっとそうだけど、顔が白い。

宮崎 第一印象、顔が白いって(笑)。

鵜飼 でもやっぱり昔すぎて覚えてないですね。

宮崎 あ、でも拓郎はもうちょっと真面目でした。雰囲気からモテるような。

中村 今も真面目だから。

鵜飼 拓郎は小さかったしかわいい子って感じでした(笑)。

宮崎 ああ、わかる。よしよしって感じね。

中村 鵜飼は、中学校の時に福井にかっこいいやつがいるってなって。

宮崎 俺?俺?

中村 お前じゃない(笑)。なんか富山の女の子たちも福井にかっこいい子がいる、と。身長も大きくて、ちょっと黒いけどっていう。

宮崎 それ俺じゃない?

中村 しつこいな(笑)!そういう子がいるって感じでした。俊哉は…そんな喋ってないよね。

宮崎 実際ちゃんと喋ったのは高校くらいからじゃない?今が濃すぎて第一印象は薄いですね。

――では逆に今の印象はいかがでしょうか

宮崎 拓郎は結構娯楽な遊びが多いよな。それを追及してる気がする。

鵜飼 たぶん彼なりにめっちゃ楽しそうにしてるからいいと思う。

中村 大学生活全力でって感じでね。

鵜飼 俊哉は…やかましいな。

中村 騒がしい。

宮崎 そう?結構静かやで?全然良いこと出てこないじゃん(笑)。

中村 でも最近は真面目にバイトしてるな。

宮崎 真面目に働いているんです。やっぱり親に迷惑かけちゃいけないから、自分で働いて貯めています。

中村 鵜飼は、自主練をしてるって言ってるけど一度も見たことがない。

鵜飼 いや、それはみんなが見てないところでやるっていうね。

宮崎 同部屋だけど、結構なぞいで。勝手にどっか行って勝手に帰ってくる感じやから。

中村 フットワークが軽いな。

鵜飼 それは確かにそうやな。

――みなさんホッケーを始めたのはいつ頃ですか

鵜飼 小4です。

宮崎 小3です。

中村 小4の終わりくらい。

――そのきっかけというのは

鵜飼 地域にホッケーしか根付いていなかったからというのが一つですかね。卓球も昔はやっていたんですけど、その話をすると長くなってしまうので(笑)。僕の学校は卓球部かホッケー部か放送部しかなくて、だから卓球もやってホッケーもやってという感じでした。結局ホッケーを選びましたね。

中村 僕は兄ちゃんがやっていて、もうちょっと早くやりたかったんですけど、親が「危ない、ケガする」って言って(笑)。だからそれまで水泳とかソフトボールとか色々なことをやっていましたね。一番ガチでやっていたのはスキーです。

鵜飼 え、それ俺初耳なんだけど(笑)。7、8年目にして初めて知ったわ。

宮崎 俺も初めて知った。スキーっていうワードが出てこなかった。

中村 だからウインタースポーツとか結構できるよ。

宮崎 僕は慎之介さんと一緒で、小学校にホッケーしかなくて小学校3年生になったらそれを必ずやらなくちゃいけなくて、それで始めてずっとやっているっていう感じです。

――鵜飼選手と宮崎選手は同じ高校でしたが何か思い出はありますか

鵜飼 丹生高校の思い出か…。

宮崎 大してないな。

鵜飼 日常すぎて…。

中村 でも絶対一緒にいないだろうな、お前ら。一緒に遊ぶようなタイプじゃないもんな。

鵜飼 学年も違うし、同期と遊んでたからな。

宮崎 大して何もしてないですよね。

中村 しょうもないな、丹生高校(笑)。ホッケーしてる時とかは?

鵜飼 今と同じ感じですね。こんなに頼り合うことはなかったけど。

――みなさん北陸出身ということで、北陸の良いところを教えてください

鵜飼 まずね、リアス式海岸があるので海産物がおいしいです。あとは、自然がすごい。山も海もあるし。

中村 まあ福井には来てないんですけど、北陸新幹線が通って。

鵜飼 たしかにな(笑)。

宮崎 のちのち伸びるよ、福井まで。

中村 北陸新幹線が通ったことで時間も短くなりましたし、交通面でよくなりましたね。あと北陸は幸福度が高い。あとは…。被るんですけど、自然豊かだから温泉とかもすぐ近くにありますし、食べ物がこっちよりもおいしいですね。水もおいしいし。あと空気もおいしい。この前帰った時に思ったんですけど、東京の夜空に比べて星がきれい。だから田舎の方がきれいですね。

宮崎 やばい、もう何もないじゃん。…俺が思ったのは、地元だと花火もどこでもできるし少し騒いでも苦情とかこないので、そこが良いところですかね。

鵜飼 たしかに田舎の良いところやな。

宮崎 でもそれくらいです(笑)。

――みなさんU-18日本代表の韓国遠征に行かれたということですがその時のエピソードなどはありますか

中村 僕スポーツ科学部の受験があって、それを受けて韓国に行ったんですよ。それで韓国に行っている間に合格発表があって。みんなでショッピングに行くって時にバスの中で見て確認したら無くて。ショッピングなんて楽しんでられなかった。

鵜飼 ショッピングがショッキングになったっていうね。

一同 (笑)。

宮崎 おもしろい。さすが(笑)。

中村 慶大の子がいたんですけど、まだ受験あるから小論文教えてって言って勉強しました。

――大学でもホッケーを続けようと思ったきっかけなどはありますか

鵜飼 僕最初は地元の大学に行こうと思っていました。親からも(ホッケーをやることを)すごく反対されていたんですけど、結局続けたいってなって。色々考えていた時に、ワセダの監督に呼んでもらったのでワセダにしました。

中村 中学校の時はあまり活躍してなかったので、高校でホッケーやるかどうかもわからなくて。大して上手くもなかったんですけど、高校1年の時に優勝しちゃって、2年生の時もあれはまぐれなんですけど優勝して、その当時のワセダの監督から2年生の時に呼ばれて、ワセダっていう道もあるのかって思いましたね。やっぱりブランドもあるし、ホッケーもできるってなったら良いなって思ったのでその頃から大学でもやるんだって思うようになりました。

宮崎 大学でホッケーをやろうと思ったのは、小学校で始めた時からそこまでやるつもりでいたので、大学はどことかは考えてはなかったですけど、その時からずっとホッケーをやっていきたいと思っていました。その頃が一番ホッケーが楽しい時期で、ずっとやり続けたかったから大学に行ってもやりたいなって思っていたし、代表に入ってオリンピックにも出たいとずっと思っていました。ワセダを選んだ理由は、高1の時に僕の2個上の先輩がワセダに決まった時に、来いよって言ってくれたので、じゃあ行きますという感じで。高1からずっとワセダに行きたいって決めていて、ワセダに入るために慎之介さんとか智さん(田中智大、平26社卒=福井・丹生)にもお世話になっていました。ワセダに来て、今全く後悔はしてないですね。

――4年生のお二人は今後ホッケーを続ける予定はありますか

鵜飼 はい、僕は続けますね。社会人リーグでやっていくつもりで、審判とかでも今後も関わっていくと思います。

中村 たぶんやらないんじゃないかな、と思いますね。たぶん仕事が平日休みになるので、そうなるとできないかなって感じです。

――4年生全体の仲というのはいかがですか

中村 これまたうまくやっていますね。

鵜飼 良い雰囲気ですね。うまくバランスが取れている感じですね。

――3年生の仲はいかかがですか

宮崎 まあ4年生よりはいいですね。

鵜飼 おいおい(笑)。

中村 そういう言い方やめろよ(笑)。

宮崎 4年生は7人いるんですけど、3年生は4人しかいないからご飯もすぐに行けますし、冬のオフとかは計画してどこかに旅行とかにも行けますし。一番仲良く絡んでいますね。僕も大学に入って誰と仲良くしたかって言ったらやっぱり同期と仲良くしているので。

鵜飼 俺らは色々と忙しいからね。

中村 7人いるとなかなかね。

――下級生の印象は

鵜飼 かわいいですね。可愛い弟のようです。

宮崎 いや、でも可愛いですよね実際(笑)。でも1、2年生って主張する人がいないじゃないですか。

鵜飼・中村 あー、たしかにね。

宮崎 ほめて伸びるタイプっていうか、自分が上に立ってやろうという人がいないから。

中村 すごい後輩らしい後輩。いつまでたっても後輩、みたいな。

鵜飼 全体的に3、4年が濃すぎるっていうのもあるかもしれないね(笑)。でもやれって言ったらできるとは思う。

中村 3年生は生意気ですね。まあでもそれくらいがちょうどいいですけどね(笑)。

「つくられたチャンスを生かしきる」(宮崎)

宮崎

――夏は東伏見で練習合宿をされたということですがどのような練習をされたのですか

中村 一番きつかったはやっぱりフィジカル面ですかね。僕らは人数が少ないので必要なことでもあるんですけど、大変でしたね。

鵜飼 1日やることが大事って言われていて。午前練をやって、きついけど午後もテンション上げて頑張るかっていう。たしかにそうだな、と思いましたね。

――木村選手はどのようなキャプテンですか

鵜飼 もうね、あったかい。

中村 一番良いんじゃないですかね、4年生の中では。

鵜飼 たしかに。俺らの代は拓郎も佐藤もキムも高校時代にキャプテンをやっていたんですよ。その中でキャプテンを誰にするってなった時に、やっぱりキムだよねっていう感じで決まったので。

中村 4年生って上に立っても大丈夫かもなっていうやつが結構多いんですけど、でもやっぱりこういう場面では木村がいいかなってなりました。誰も文句は言わなかったですね。

鵜飼 ベストです。

――宮崎選手から見ると木村選手はどのようなキャプテンですか

宮崎 一番良いんじゃないかなと思います。下の意見もしっかり聞いてくれるし、根が優しいのでこっちも後輩としてすごく意見も言いやすいし、一番良いと思います。

――目前に迫っているインカレの目標を教えてください

鵜飼 インカレではベスト4までには絶対に入りたいです。

中村 打倒メイジで。おそらくメイジと当たるので。

鵜飼 打倒メイジってあれじゃない?

中村 じゃあ鵜飼と一緒で、ベスト4で。

宮崎 一緒にします。気持ちは一緒ということで。

――インカレのキーマンをあげるとしたら誰でしょうか

鵜飼 俊哉って言ったら面白くないしな。

宮崎 僕は影ながら和樹(MF宮口、スポ2=滋賀・伊吹)だと思いますね。ケガをしているのであまり試合出られていないんですけど、試合に出て自分の持っているものを全て出したら相当上手なので。慎之介さんなしって考えるんだったら、和樹が一番キーマンというか、どう働くかだと思います。ポジションも中盤ですし、和樹のサイドから攻めた方が良い感じで攻められますし、僕は和樹も大事だと思います。

中村 この2人(鵜飼、宮崎)というのは当然という感じで、やってくれるだろうというのはあります。…やっぱりサブで出てくるメンバーが大事かな。いつも出ている人たちは試合経験も多くなってきていますし、できると思うんですが、そこでサブが入ってきた時に流れを崩さず、あるいは悪い流れを良い流れに持っていけるようなことができればインカレでも良い結果が残せるのではないかと思います。

鵜飼 みんな最近すごく上手になってきているんですよ。サブっていっても普通にメンバーでもいいくらいのレベルなので。だからこそ、何かやって欲しいなという感じです。

――4年生のお二人は最後のインカレとなりますが

鵜飼 早慶戦とかもありますけど、負けたら大学としてやるのはインカレが最後になってくるかもしれないので、しっかりやりたいですね。

中村 メイジに勝たないと負けたらほぼ引退なので。僕にとってもホッケーの最後の試合になってしまうので、そういった意味では熱くなるところもあるかもしれないですね。

鵜飼 気持ちで戦っていきたいと思います。

中村 そうだね、最後は気持ちで。

――インカレの組み合わせはいかがですか

鵜飼 自分たちが1年の時も良い組み合わせで、勝てば(全日本選手権に)行けるという感じだったんですけど、そこで負けてしまって。その二の舞にはならないような組み合わせがまたきたので、今回は勝ちたいですね。

――他大学にも高校の同期がいらっしゃったりすると思いますが意識などはしますか

中村 僕は色々なところに同期がいて、どこと対戦してもいるので、そういう時は抜かれない、取られないという意識はありますね。絶対にそこで負けたくはないなって思いにはなりますね。一緒にやっていたし、あっちもそう思っていると思いますけど、キャプテンでしたしそういう面ではしっかりやりたいと思います。

――インカレでのご自身の注目ポイントは

鵜飼 今の試合を見ていればわかると思うんですが、結構長いボールが多くなっていて。その長いボールでピンチなくチャンスをつくるというのも自分の役割だと思っています。チャンスメイクが持ち味ですし、そこをやっていきたいです。

中村 僕はパスとかドリブルとかがすごくうまいわけではないので、一番真ん中にいてみんなのサポートをしやすいので、鵜飼が上がったら後ろについてあげるとか、カウンターをしっかりケアしてあげるとか、そういう面をしっかりやっていけたらいいかなと思います。

宮崎 僕はFWなので、つくられたチャンスを生かしきるということですね。一番は得点なので、得点できるように自分が動くのもそうですし、他の人も得点できるように自分が指示を出すことも大事なので、意識してやっていきたいです。あとはやっぱり試合中になると熱くなって、自分で何でもしたがる性格になってしまうので、しっかりと冷静に戦い抜きたいなと思います。

――インカレに向けて強化していきたいポイントはありますか

宮崎 僕はペナルティコーナー(PC)ですね。ホッケーってPCが一番得点源と言われているにもかかわらず、ワセダは武器と言えるほどのチームではないので。そこを強くすれば自ずと得点できますし、リズムも出てくると思います。個人の技術を上げるといってもインカレまで時間はそこまでないですし、PCなどの組織として動くところですかね。ストロークも他大に比べて遅いわけではないですし、今は一番そこを追求すべきかなと思います。

鵜飼 気持ちづくりですね。本当に終盤になってくるわけで、最後は絶対に気持ちだと思うので。気持ちを高めていくことは、しっかりやっていきたいと思います。

中村 MF全体として消極的な子が多いので、そういうところをインカレまでに積極的にできればいいなと思います。

――最後にインカレに向けて意気込みをお願いします

鵜飼 勝つぞ!ということで、インカレという舞台は最後なので絶対に勝ち切るという意気込みで頑張ります。

中村 他のチームに気持ちで負けないようにしたいです。

宮崎 僕は最後のインカレではないんですけど、後悔しないようにやりたいです。

――ありがとうございました!

(取材・編集 大森葵、難波亮誠)

キーマンたちのプレーに注目です!

◆鵜飼慎之介(うかい・しんのすけ)(※写真左)

1993年(平5)8月31日生まれ。身長175センチ、体重68キロ。福井・丹生高出身。スポーツ科学部4年。持ち前の明るさで、対談を盛り上げてくださった鵜飼選手。プレー面でもワセダのキーマンと評されおり、チームメイトからの信頼の厚さを感じました。4年生として臨む最後のインカレでも、その熱い気持ちをぶつけてください!

◆中村拓郎(なかむら・たくろう)(※写真中央)

1994年(平6)1月14日生まれ。身長170センチ、体重63キロ。富山・石動高出身。社会科学部4年。試合をすると高い確率で高校時代の同期がいるという中村選手。キャプテンだったからこそ負けたくない、という気持ちが伝わってきました。最後のインカレでは中盤として、そして「柱」として、チームを支えるプレーに期待しています!

◆宮崎俊哉(みやざき・しゅんや)(※写真右)

1994年(平6)7月29日生まれ。身長170センチ、体重66キロ。福井・丹生高出身。スポーツ科学部3年。Uー21日本代表に選ばれている宮崎選手。対談中の表情から、ホッケーに対する熱い思いが伝わってきました。インカレでは宮崎選手の活躍がカギとなることは間違いありません。その「圧倒的な突破力」で相手チームを圧倒してください!

« 特集に戻る