メニュー

米式蹴球部

« 特集に戻る

2015.04.26

【連載】『第63回早慶戦直前特集』 第8回 DL村橋洋祐主将

 昨シーズン、第4クオーター(Q)で逆転を許し強豪校に勝ち星を上げることができず、まさかのTOP8の4位に終わった早大BIG BEARS。再起を誓う今季はどのように強豪ひしめくTOP8に挑むのか。第8回目となる今回は、新主将に就任したDL村橋洋祐(スポ4=大阪・豊中)に早慶戦への思いを含め、今季の意気込みを語っていただいた。

※この取材は3月26日に行われたものです。

『覚悟』

昔から早大に憧れを抱いていたという村橋

――新チームが始動しましたが雰囲気のほうは

 ことしは僕を含めた4年生でしっかりやっていこうということを話していて、いまのところ気持ちを出してやれていると思うので昨年より明るい雰囲気で日々取り組めていると思っています。

――村橋選手自身、主将の経験は以前にありますか

 いままでに経験はないですね。

――初めて主将を務めることとなりましたがいかがですか

 大きな集団の中で先頭に立って引っ張るというのは難しくて、自分では伝えているつもりのことでも伝わっていないこともあって、当たり前ですけどそれはしつこく言っていかなければいけないと思いますし、やはり先頭に立つ分、何事にもしっかり取り組むということを意識してやっています。

――今季のチームのスローガンは何ですか

 『覚悟』というスローガンを掲げました。

――その『覚悟』にはどういった意味が

 『日本一』になるという目標があってそれになるためには生半可な覚悟じゃなれませんし、何を捨ててでも、という覚悟で日々取り組まないと『日本一』というのは手に入れられないと思うので、『覚悟』という気持ちを持って日々取り組むためにこのスローガンにしました。

――村橋選手はなぜ早大を目指そうと思った経緯は

 僕自身、昔から早大に憧れといいますか、『早稲田スポーツ』にかっこいいなという憧れが漠然とあって、そこから早大を目指そうと思いました。

――BIG BEARSに入った当初どのような印象を持っていましたか

 入ったときは早大の重みを感じましたしが、意外と活動しやすい雰囲気もあってやりやすいなとも思いました。

――BIG BEARSの良さというのはどういった部分にありますか

 学生主体で何でもやっているので、自分たちで考えてやるところですかね。逆に、指示があまり少ないので難しい点はありますが、自分たちが考えてやるという点と下級生でも意見を言える雰囲気があるところです。他のチームに比べ、未経験者や色々な学校から来ている人が多いので、様々な考えを持っている人がいて色々な発見があり、そこからチームに還元できることもあるので、その点は面白いところだと思います。

「圧倒的に流れを変えられるプレーを」

昨シーズンはQBサック王に輝いた

――昨シーズンを振り返っていただきたいのですが昨シーズンはいかがでしたか

 昨シーズンは第4Qで3試合とも負けているので、最後の1歩という点と、むしろ逆に壁が厚いのではないかと思いました。惜しいと見えるかもしれませんが、やはり強豪との壁は厚く、そこを越えられなかったのではないかという点で、取り組みがまだまだ甘かったのではないかと思います。

――現在、チームで重要視して行っていることはありますか

 いまはトレーニングをメーンにやっていて、フットボールの練習は週に2回ほど行っています。

――トレーニングを主にやっているのにはどういった理由がありますか

 昨年4Qで負けてしまったという点でフィジカルの不足というのを感じましたし、まずはそこを補おうということでことしはトレーニングに力を入れてと取り組んでいます。

――手応えというのは感じていますか

 成果は出てきているとは思いますがまだまだ甘い部分というのはあると思うのでこれからもしっかり継続して、日々考えながら取り組みたいと思います。

――今季は副将が3名いますが印象は

 コグラン・ケビン(商4=東京・早大学院)は元々実力もあって、リーダーシップのある人なので、ことしになってなお一層ディフェンスを引っ張ってくれていますし、しっかり考えて話してくれるので発言力があって助かりますね。寺中(健悟、教4=東京・早大学院)に関しては冷静に物事を見てくれているので僕たちが少し熱くなってしまうときも冷静に考えてくれています。あと下級生の意見も吸収してくれているのでいいと思います。拓馬さん(鈴木、社4=大阪・豊中)に関してはオフェンスが一人なので大変だと思いますがしっかり引っ張ってくれていますし、厳しい部分も出して後輩にも指導しているのでバランスよくやれていると思います。

――オフェンスリーダーに藤井光成選手(政経4=東京・早大学院)、兼任でコグラン選手がディフェンスリーダーに就任しましたがこの二人に期待することは

 藤井に関してはオフェンスがどれだけ出せるかということが試合の勝敗に大きく関わってくると思いますし藤井の良さを生かして下級生からの意見や下級生の力を引き出して、さらに4年生を引っ張っていいオフェンスをつくってほしいと思います。ディフェンスに関しては僕も一緒にやっているんですけど、ことしは絶対相手をシャットアウトするというディフェンスをコグランもつくりたいと考えていると思うので、一緒につくっていきたいと思います。

――下級生の印象は

 新3年生はやる気といいますか、自分たちがやらないといけないという自覚が少しずつ出てきて、最近は引っ張ってくれている部分もあるので頼もしい面があります。新2年生に関してはまだまだ1年生感が抜けていない部分があるんですけど、少しずつ改善できていると思うのでこれから僕たちが引っ張っていっていいチームをつくっていけたらと思います。

――濱部昇監督(昭62教卒=東京・早大学院)のもと、3年間活動してきてきましたが

 フットボールの面ではなくまずは人格形成に重きを置いていて、やはりフットボール以外の面でも指摘されることもありますし、それで気づかされることも多いので僕たちはまだまだ甘いなと日々感じますし、その分濱部監督についていこうと思っています。フットボールに関しては監督自身本当にフットボールが大好きでUSCに1年間留学に行かれていたということもありますし、経験もあって色々なことを知っているので日々吸収できるものは吸収していいチームをつくっていきたいと思います。

――BIG BEARSは体育会の中でもどういった部活だと思いますか

 BIG BEARSは割と未経験者も多いので、誰にでもチャンスがある部活だと思っていて、自分のやる気さえあればどうにでもなるかなと思います。本当に未経験の選手でも活躍している人もいますし、気持ちがあればできると思うので、ぜひ、最初から無理だとは思わずに、僕たちは未経験の人でも大歓迎なので一度グラウンドに足を運んでもらいたいです。

――今シーズンの目標を教えていただけますか

 個人的にはディフェンスのプレーヤーなので相手のオフェンスを破壊できるといいますか圧倒的に流れを変えられるプレーをやりたいですね。DLというポジションであって、絶対に僕たちが圧倒すればオフェンスは止まるので、僕たちがしっかり相手のオフェンスをコントロールできるような選手になっていきたいですね。チームの目標はやはり『日本一』で、そのためにはまず関東制覇、そのあとに学生制覇をして社会人との戦いが見えてくると思います。5年間甲子園に行けていないのでまずは関東を制することを考えてやってきたいです。

――関東、全国を制するためにカギとなってくるのは

 やはりQBですかね。QBの誰がスターターになるかは分かりませんが、QBで試合は大きく変わると思いますし、3人とも試合に出られるレベルであると思うのでしっかりやってほしいですね。ディフェンスでいうと昨年のメンバーが残るんですけどそこに新しい風が入ってくるとまた違ってくるので4年生がやるのは当たり前だと思うので下級生に頑張ってもらいたいです。

「伝統のある一戦」

村橋が2年ぶりにチームを勝利に導く

――早慶戦の雰囲気はどうですか

 早慶戦は特別なものがあって、お客さんも多いですし伝統のある一戦ということもあり、その勝敗が秋のリーグに直接関わるわけではありませんがお互いのプライドをぶつけ合っているので、本当に熱い戦いになります。毎年接戦になるのでどっちが最後まで強い気持ちを持っているかが勝負になると思います。

――早大で活躍を期待している選手は

 オフェンスはRBの北條(淳士、社3=東京・佼成学園)、QBだと政本(悠紀、創理4=東京都市大付)や坂梨陽木(政経2=東京・早大学院)に期待していますね。QBは誰が出るか分からないですけど。ディフェンスでいうと加藤樹(商3=東京・早大学院)とかはすごいと思うので期待しています。あとはキーになるのはDLだと思います。DLがどれだけ相手のOLをコントロールできるかにかかってくると思うので注目してほしいです。

――慶大の警戒すべきポイントは

 オフェンスでいうと李卓選手(慶大)に昨年結構走られているので李卓選手は止めなければいけないなと思っています。どういうオフェンスをしてくるか分からないんですが、昨年の場合はアップテンポの速いオフェンスだったので、それに対応しなければいけませんし、相手のディフェンスに関しては色々なことやってきているのですが慶大の選手はデビッド・スタントHC(慶大)が就任してから気持ちが前面に出てくるようになり、サイドラインと一体となって試合を進めている感じなのでその一体感に負けないように僕らもチーム一体となって戦っていきたいと思います。

――最後に早慶戦へ向け意気込みのほうをお願いします

 昨年は慶大に全く勝てていないので、ことし一発目の早慶戦勝つのでぜひスタンドで応援よろしくお願いします。

――ありがとうございました!

(取材・編集 近藤廉一郎)

◆村橋洋祐(むらはし・ようすけ)

1993年9月28日生まれ。186センチ、105キロ。大阪・豊中高出身。スポーツ科学部4年。DL。テンションの上がる音楽を探している村橋選手。早慶戦当日はその音楽を聴いてテンションを上げて慶大オフェンスをシャットアウトし、チームを2年ぶりの勝利へと導いてくれるはずです!

« 特集に戻る