メニュー

バスケットボール部

« 特集に戻る

2014.11.23

【連載】インカレ直前特集『TRUST』第3回 G本橋菜子×F根岸夢×F関根彩乃

 もはや早大の主軸として定着した3年生トリオ。早大の司令塔と言えばG本橋菜子(スポ3=東京・明星学園)、鋭い攻撃と高い得点力でゲームを引っ張るF根岸夢(スポ3=東京成徳大)、コンスタントに得点する陰の立役者・F関根彩乃(教3=千葉・昭和学院)だ。関東大学女子リーグ戦(リーグ戦)創部初優勝の担い手となった3人は、リーグ戦にどのような思いを抱いていたのか。そしてどのような思いで全日本大学選手権大会(インカレ)に臨むのか。

※この取材は11月4日に行われたものです。

「全員で戦って、全員で最後まで諦めないで粘り勝つことができた」(本橋)

ボールをキープする本橋

――3度目のリーグ戦を終えてみて、いかがでしたか

本橋 チーム的には、全員で戦って、全員で最後まで諦めないで粘り勝つことができたのがすごく良かったなと思っています。個人的には、まだまだインカレに向けてやるべきことがたくさんあるなと再確認できるリーグ戦でした。

根岸 優勝できて良かったというのがチームのことです。個人的には、全然自分の仕事をできていなかったので、優勝できたけど、個人的にはちょっと悔しいというか、心残りがある大会でした。

関根 2人も言っていたんですけど、最後まで諦めないで戦えたのはチームとして良かったなと思っています。…個人的には、いままでの中では一番ちゃんとと取り組めたかなと思うんですけど、まだ細かい部分で修正していかなくてはいけない部分がいろいろ見つかったし整理できたので、それをちゃんとインカレに生かしていけたらなと思います。

本橋 ちゃんと言えて良かった。(笑)

――リーグ戦を終えて、ご自身の中で何か変化はありましたか

根岸 自分の良し悪しが、チームに影響するということが分かりました。

――今季から3人ともがスターティングメンバーとして活躍されていますが、ご自身の役割というのはどんなものだと考えていますか

本橋 さっきも夢(根岸)が言っていたんですけど、自分がチームに与える影響というのがあって。プレーでどうこうというより、少なからずポイントガードとして、ゲーム中のコントロールをしっかりしてかなきゃいけないと思っています。自分は3年生で、まだ4年生もいるんですけど、試合中はしっかりリーダーシップをとってチームを引っ張っていきたいと思います。

根岸 点数を取ることです。とりあえず点数を取って、あとはリバウンドに絡むことです。

関根 自分も点数を取ることと、あとはオフェンスもディフェンスも仲間との連携というか…。なんて言うんだろう。

根岸 合わせ?コンビネーション的な?

関根 を、意識しています。

――今大会、試合後のインタビューではベンチメンバーのはたらについて触れられることが多かったように思います

本橋 自分がダメでも(試合に)出ていってくれた選手が活躍してくれるというのがすごく心強いし、自分がしっかりしなきゃという部分はあるんですけど、チームスポーツなのでそういった意味で、すごく良いチームだなと思います。層が暑いというのは。

根岸 同じです。良いときでも悪いときでも絶対に声をかけてくれて。すごく支えられているなと思います。

関根 誰が悪くても他の人が交替として支えてくれる。

――リーグ戦を通して、苦しめられた状況はありますか

本橋 常に(笑)。チームによって違います。

関根 個人的には毎週苦しかった。

根岸 すごく辛い2ヶ月間でした。なんかこう…

根岸・本橋 精神的に。

一同 (笑)

――プレッシャーが大きかったということでしょうか

本橋 プレッシャーもかかっていたし、納得のいくプレーが試合中に表現できていなかったので、どうすればいいんだろうとずっと考えていました。オーさん(萩原美樹子ヘッドコーチ、平17二文卒=福島・橘)が本当に、リーグ戦期間中試合ごとに強くなっていこう、という話を最初にしていたんですけど、まさにそういう感じで、一試合終わるごとに、一つ一つ課題が見つかっていったし、克服していかなきゃ行けないなという部分が見えてきました。

関根 試合のときもそうなんですけど、練習が良くなっていったかなと。練習で苦しんでいたから、試合で勝てたのかな、と思います。

「積極的に行こう」(関根)

ゴール下でシュートを打つ関根

――オフの日は何をして過ごされていますか

根岸 寝ています。

本橋 家でテレビを観てごろごろしています。

関根 基本的に何かしら予定を入れます。ゆっくりするのも好きなんですけど、丸一日オフのときは、何もしないと後悔しちゃう(笑)。本当に疲れていて、何もしたくないと思うときもあるんですけど、基本的には誰かと予定を入れたりしています。

――3人で一緒に遊ぶことはあるのですか

本橋・根岸・関根 しないですね。(笑)

根岸 何か仲悪いみたいだね(笑)。多分、ここが地元の人が多くて、3人とも実家暮らしだし。それで高校の友だちとかと遊んでいる人が多いのかなと思います。

――そんなみなさんも来年は最終学年となりますが

本橋 いまでもチームを引っ張ろうというか、そういう気持ちを持ってやっているんですけど、何かとやっぱり4年生にまだまだ甘えちゃっているところがあります。4年生がいなくなったらその甘えがなくなるのは当たり前なんですけど、そういう意識を持ってやっています。

根岸 自分は声とかで引っ張るのがすごく苦手なので、プレー面で、練習中にオーさんとかシキさん(藤生喜代美コーチ、平26スポ卒)とかが言ったことを最初にやろうということとか。やばいときにリバウンドでつなげられるように、ということを意識しているんですけど、ね。まだまだです。

関根 学年では、自分たちが4年生になってからは積極的に行こうということを意識しています。個人的には、4年生になるから、とかは特に意識していないんですけど、なるべくチームメイトに練習中に目を配れるように、意識しています。

独特の雰囲気で語った3人

――いまの4年生はどんな存在なのでしょうか

根岸 4年生は5人それぞれに役目があって、みんなのことを分かってくれるな、と思います。

関根 大きいです。いまいなくなるのは、考えられないです。

根岸 大きい存在です。

「『チャレンジャー』です」(根岸)

どんな試合でも黙々と仕事をこなす根岸

――インカレを目前にして、いまのチームの状況はいかがですか

本橋 ディフェンスとかを練習しています。

根岸 リーグ戦を終えて、インカレに向けての目標を決めていま取り組んでいるところです。

本橋 リーグ戦と違って連戦なので、5試合戦い抜くための体力をもう一回作り直すということと、ディフェンス強化です。それはいつもなんですけど、まだまだ足りない部分があるので。

――インカレに向けての目標を立てて、という話がありましたが、具体的に言うといまの段階での目標はどんなことですか

本橋 リーグ戦から引き続いていて、最後まで、ということです。リバウンドとかルーズボールとかそういうところで最後までやる、ということです。

根岸 「チャレンジャー」です。

――リーグ戦を優勝されたのに「チャレンジャー」なのですか

本橋 リーグ戦とインカレはまた違うので。

関根 リーグ戦で優勝したチームがインカレも優勝しているということがここのところないみたいなので、そういう意味で「チャレンジャー」です。

――インカレの個人的な目標は

関根 リーグ戦を振り返ってみて得た課題として、ディフェンスの部分と、オフェンスリバウンドが個人的にあるので、それの克服をして、勝負しにいきます。

本橋かっこいい。

根岸 自分も、点数を取りに行くことと、あとは、どうしよう。(笑)

本橋 いいんじゃない?それで。

根岸 じゃあ、それで。

本橋 リーダーシップとポジティブ。リーダーシップというのは、ポジション的にチームを引っ張るというのと、ポジティブというのは、リーグ戦の期間中そうだったんですけど、ミスとかそういうのが精神的にすごく自分に影響を与えていたので。ミスをしないことが一番なんですけど、試合中は何事もポジティブに、チームに良い影響を与えられるように頑張りたいと思います。

――インカレのチームの目標を教えてください

関根 優勝?

根岸 優勝。

本橋 優勝です。

――ありがとうございました!

(取材・編集 宮西祐香子)

取材ではコート上とは違った一面を見せた

◆本橋菜子(もとはし・なこ)#15(※写真中央)

1993年(平5)10月10日生まれ。163センチ。東京・明星学園高出身・スポーツ科学部3年。ポイントガード。コートネーム『リコ』。ガードとしての役目とアシストパスが魅力でしたが、ことしはさらに自ら得点を取りに行く場面も。取材に常に笑顔で応じてくださいました

◆根岸夢(ねぎし・ゆめ)#11(※写真左)

1993年(平5)6月26日生まれ。175センチ。東京成徳大高出身。スポーツ科学部3年。フォワード。コートネーム『リリ』。コート上でのストイックなプレーとは裏腹に取材中おちゃめな表情を見せてくれた根岸選手。インカレでも点取り屋としての躍動に注目です

◆関根彩乃(せきね・あやの)#18(※写真右)

1994年(平6)1月6日生まれ。175センチ。千葉・昭和学院高出身。教育学部3年。フォワード。コートネーム『キコ』。ブレのないプレーでチームを救った関根選手。中へのドライブ、外からのスリーポイントシュートとオールラウンドに大活躍します

« 特集に戻る