メニュー

野球部

« 特集に戻る

2014.10.29

【連載】『伝説を刻め~Make Legend』 第3回 武藤風行

 チームの不動の4番として君臨する武藤風行(スポ4=石川・金沢泉丘)。今季は、打点を量産した春とは打って変わって、ここまで苦しいシーズンを過ごしている。野球人生の集大成ともなる早慶戦を前に、現在の心境や4年間の思いを聞いた。

※この取材は10月22日に行われたものです。

信頼の証である打順

――今季ここまでを振り返って

明大戦で勝ち点を落としてしまいましたが、なんとか優勝争いに絡めていて、(自力優勝はないので)他力本願ですが、ここまで(優勝の)望みをつなげているのはよかったと思います。

――前節の立大戦は特に負けられない、緊迫した試合だったと思います。そういったギリギリの中での戦いはいつもと心境も違うのでしょうか

有原航平(スポ4=広島・広陵)が投げていない時点でいつもとは違うのですが、でもその中でなんとかできる限りのことをやっていこうという意識をチームみんなで持って闘っています。

――そんな現在のチームの強みは何でしょうか

まず大竹が先発としてしっかり役割を果たしていることが一番大きいかなと思います。打線については、春も(打線全体の)打率は良くて、もともと力はあると思います。投手陣が試合を作ってくれれば、援護できる打線というのも強みだと思いますね。

――大竹投手以外にも、今季は1年生投手の好投が目立ちますね

そうですね。そういう試合では特に、点差が開いていない限りは打線も自分たちの攻撃ができていると思います。

――一方、いまのチームの課題はありますか

やはり(安定している)中継ぎ陣がいない点かなと思います。でも、投手たち自身が課題はわかっていると思うので、自分たちがとやかく言うことではないと思っています。

――ここまでのご自身の成績についてはいかがですか

まあもともと打撃は難しいので・・・。いい時と悪い時があるなという感じですね。あまり悲観的にならずにやっていきたいと思います。

――シーズン序盤に比べてあまり当たりが出ていない原因というのは何かありますか

六大学にはいい投手がたくさんいるので、そう簡単には打てないなと感じました。自分から崩れないようにはしていきたいです。

――最近の練習で何か意識していることはありますか

特にないですね。あまり考えても仕方ないので、打席でも深く考えず、甘い球を打つことに集中しています。

――前節の立大戦では打順の変更もありましたが、何か事前に岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)から話などはありましたか

特になかったですね。当日に変更を知りました。

――その中でも変わらず4番を任されたことについては

自分が最近打てていない中でも4番で使って頂いているというのは、それだけ信頼してもらっているということだと思います。立大戦では、その中で結果が出せず申し訳なかったと感じているのですが、もう終わったことなので切り替えて早慶戦に臨みたいです。

――4番という打順は好きですか

その打順で使って頂けるのはありがたいとは思います(笑)。でもチームにはいい打者がたくさんいるので、4番だからといってあまり自分自身に重圧をかけずにやりたいと思っています。ただ、ワセダの4番として恥ずかしくないプレーをしようというのは考えていますね。

――今季、印象に残っている打席はありますか

法大戦の1回戦第1打席ですね。開幕戦の初回だったのですが、先制適時打を打てて、チームを勢いづけることはできたかなと思います。

「天狗になったことは一度もない」

笑顔で語る武藤

――4年間を振り返って、率直な感想

いろいろな経験ができたかなと思います。1年の時の雑用もそうですが、レギュラーになった3年の秋頃からは常に結果を求められることがつらかったというのもあります。でも逆にそれが楽しかったことでもありますね。

――レギュラーになってからのそういった重圧というのは、試合の中で感じていたことですか

そうですね。打席でも守備でも、その重圧はありました。

――守備でもミスできないという思いが

それは常に感じて緊張感を持ってやっています。

――4年間で特に印象に残っている試合はありますか

やっぱりことしの春の早慶戦は、印象に残っています。

――春は慶大に2連敗で優勝を逃してしまいました

自分たちの中では勝てると自信を持って臨んでいたのですが、あそこ(慶大1回戦)までシーズン負けなしだった有原が登板した試合で負けてしまって。そこでチームの歯車が狂ったのか、2戦目も落としてしまいました。そこまでの自分たちの戦いができなかったことが本当に悔しかったです。

――以前、高校で野球をやめるつもりだったとおっしゃっていました。改めて、ワセダで野球を続けることに決めた経緯を教えてください

まだまだできるなという気持ちがあったので、もっと上のレベルでやりたいと思って、ワセダで野球を続けることを決めました。

――決められたのは進学後ですか

いえ、進学前です。野球をするために早稲田大学を受験しました。

――大学野球を通じて最も成長した点は

野球全般的にはもちろんですが、精神的にも成長したと思います。自分がうまくプレーできない時に、どういう対応を取るかという点など、人間的にも成長できましたね。

――以前調子の波のあまりない選手が理想とおっしゃっていました

そうですね。現在この打率(2割)なのでその理想に近づけているとは言えないですが、精神的な面で気落ちしたりしないように、平常心でいつも戦えるようにはなりました。

――一般入試組ながらチームの主砲にという飛躍はあまり前例のないことだと思います

まあ前節でいえば本当は小野田俊介(社4=東京・早実)が4番でしたし、きょねんも他の選手がけがしている時期に自分がたまたま調子が良かったというだけなので。4番、主砲というように自分自身でそんなに意識することはないですね。

――レギュラーに定着して、周囲の信頼を得るまでにターニングポイントとなった時期はありますか

これといった出来事があったわけではないですが、日々試行錯誤してきた結果というか、入学後からの積み重ねだと思います。

――4年間で最も影響を受けた人物は

・・・難しい質問ですね(笑)。これといった人はいないですが、チームメイトみんなですかね。

――チームメイトから刺激を受けてという意味でしょうか

そうですね。(結果が出ている時期でも)天狗になることは一度もなかったかなと思います。それくらい周りに能力のある選手が常にたくさんいたので。

――岡村監督はどのような人ですか

自分たちを信頼してくださっているなと感じます。あまり細かいことは仰らずに、自由にさせてくださっていますね。任せられている分、自分たちでしっかり考えてやれていると思います。

――4年間で対戦して印象に残っている投手は誰ですか

チームメイトですが、やはり有原はすごいなと思います。

――練習で対戦して、ということですか

そうですね。やっぱりどんな球でもカウントが取れますし、球が速くて、ある程度絞っていかないと打てなくて。さすがだなと感じましたね。

――もう一度対戦したいですか

いや、それはいいです(笑)。

――今季でいうと、以前明大の柳投手を挙げていましたね

そうですね。春からの変化というか、今季対戦した時に、いい投手だなと感じました。

――今後の進路は

まだ具体的に決めていないです。

――野球は続けられますか

野球は続けないです。もともと大学までと決めていたので、今後は違う道に行こうかなと思います。

――ワセダで野球をやって良かったと思いますか

思います。いろいろな人と関わって刺激をもらいながら野球ができて良かったです。最後優勝して終われたらと思います。

春の悔しさを胸に

春の二冠から一転、打率は2割と苦しんでいる

――残すは最終節、早慶戦のみとなりました

慶大に限らず、全て勝つのが今季の目標だったのですが、特に慶大には春負けている分、気合を入れてやりたいと思います。

――今季の慶大の印象

やはり打線は力があると感じますし、先発陣も春以上に安定しているという印象です。

――現在何か意識して調整されている点はありますか

特になく、いつも通りという感じです。

――どんな戦い方をしたいですか

慶大だから何か変えるというのではなく、これまでやってきたようにプレーしたいと思いますね。

――ここまで負けてしまった試合では自分たちの野球ができなかったという思いがあるのでしょうか

そうですね。そういった試合では、チーム状態というよりは、相手投手が良くて自分たちの野球をさせてもらえなかった感じです。

――個人としては早慶戦でどんなプレーをしたいですか

まずはちゃんと打ちたいですが、あまり欲を出さず、いままで通りやりたいと思います。

――ご自身にとって早慶戦とはどのようなものですか

ワセダに入ったからには、早慶戦は、他のリーグ戦とはまた違った大事な試合なので、そこでいいプレーをしたいと、特に思う舞台です。

――早慶戦に向けて意気込みをお願いします

勝って優勝したいと思います。

武藤

◆武藤風行(むとう・かざゆき)

1992(平4)年9月3日生まれ。178センチ80キロ。石川・金沢泉丘高出身。スポーツ科学部4年。内野手。右投右打。立大戦の前にはレギュラーメンバーで食事に出かけたそう。「春は毎試合前恒例だったが慶大戦で敗れて以降中止になった」と語るが、前節復活。早慶戦前にも開催予定と、笑顔で話してくれました!

« 特集に戻る