メニュー

2014年度 野球部選手名鑑 内野手

一覧に戻る

【内野手】

  

中村奨吾

①右・右②1992(平4)・5・28③180・80④A⑤兵庫⑥○天理⑦スポ4

 大学日本代表では4番を務めた経験を持つ攻守の要。主将として挑んだ4年目の春はその重圧からかバットは鳴りを潜め、打率は自己ワーストと振るわず。課題である好不調の波をなくし、安定して成績を残すためにこの夏は打撃フォームを一から見直してきた。秋季リーグ戦では有終の美を飾るべく、鋭い当たりでチームに得点をもたらす。

試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
12
46
11
.239
通算
70
273
81
41
15
.297

  

  

  


武藤風行

①右・右②1992(平4)・9・3③178・84④A⑤石川⑥金沢泉丘⑦スポ4

 一般入試で入学後、その才能が花開く。昨季は4番に大抜てきされると右肩上がりに調子を上げ、打率、本塁打のリーグ二冠を達成。チーム内では打点も合わせての三冠と、主砲として申し分ない活躍を見せた。己の役割として、走者を返すことへのこだわりは人一倍。慢心なく、ストイックに鍛錬を積み、賜杯奪還へさらなる貢献を誓う。

試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
12
44
21
10
.477
通算
30
85
34
18
.400

  

  


山口寿明

①右・左②1992(平4)・12・27③176・74④O⑤大阪⑥早稲田摂陵⑦スポ4

 不断の努力が実り、4年生にしてようやくベンチ入りを果たした苦労人。昨季はデビュー戦となった東大1回戦で二塁打を放ち、指揮官の起用に応えてみせた。また、持ち前の大きな声はムードメーカーとしても欠かせない。代打の切り札として結果を残し、その一打でチームをさらに元気づけていく。

試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
.667
通算
.667

  

  


河原右京

①右・左②1993(平5)・11・4③172・77④A⑤徳島⑥○大阪桐蔭⑦スポ3

 しなやかなスイングで広角に打ち分ける能力を持つ攻撃型遊撃手。立大1回戦で先発起用されると、本塁打で監督の期待に応える。だが、その後は厳しい内角攻めに苦しみ、得点圏での凡退も目立った。オフの期間に黙々と自主練習に励んできた努力を自信に変え、ワセダ史上最恐の7番打者へ。走攻守すべてで観るものを魅了し、5季ぶりの栄冠へと導く

試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
11
32
.250
通算
38
82
20
.244

  

  


川原孝太

①右・右②1993(平5)・9・17③180・72④O⑤静岡⑥掛川西⑦文構3

 ついに念願の初出場を果たすと、勢いそのままに東大1回戦では初安打初打点を記録。持ち味の高い守備力も披露し、飛躍への足掛かりとなるシーズンになった。また、本職とする二塁手に加え、現在は一塁手にも挑戦している。代走要員での働きも期待される今季は、存在感をさらに高めたいところだ。

試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
.500
通算
.500

  

  


丸子達也

①左・左②1993(平5)・6・16③187・95④A⑤広島⑥○広陵⑦スポ3

 高校時代から注目を集め、鳴り物入りで入学してからはや3年。パンチ力が売りの左の大砲は狂った歯車を止められずにいる。リーグ戦では代打での出場が続いているものの、ここ1年間で安打はなし。それでも、恵まれた体格に秘められた潜在能力に期待せずにはいられない。復活の雄たけびを上げるがごとく、眠れる獅子が目覚めの一撃を放つ。

試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
.000
通算
14
13
.154

  

  


茂木栄五郎

①右・左②1994(平6)・2・14③171・75④O⑤東京⑥桐蔭学園⑦文構3

 ワセダの誇る好球必打の強打者。5番・三塁手の地位をつかんだ昨季は、持ち前の勝負強さで幾度となく貴重な得点を呼び込んだ。好機を演出する選球眼の良さに加え、2本の本塁打を放った長打力も光る。順調に結果を収めていたが、優勝がかかった早慶戦では8打数1安打と悔いが残った。その身で感じた屈辱をバットに乗せ、汚名返上のシーズンがいま始まる。

試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
12
43
13
.302
通算
47
166
44
29
.265

  

  


石井一成

①右・左②1994(平6)・5・6③180・77④O⑤栃木⑥○作新学院⑦スポ2

 代打起用が目立った春は、ひと振りで結果を出すことの難しさに苦しんだ。課題が明確になった夏場はオープン戦でも鋭い打球を飛ばすなど、調子は上向き。レギュラー候補に名乗りを上げる活躍を見せた。そして迎えた秋、成長の証を残すことはできるか。持ち味でもある長打力とパワフルなスイングで神宮をわかす。

試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
11
.091
通算
24
49
10
.204

  

  


真鍋健太

①右・左②1993(平5)・6・13③171・72④A⑤大阪⑥○早実⑦スポ2

 ダイナミックなプレーはないが、軽やかな動きで打球を華麗にさばく。内野の守備要員としてベンチ入りし、春は2試合に出場。その堅実な守りには高い信頼が寄せせられる一方で、課題はやはり打撃だ。縁の下の力持ちではあるが、ユーティリティで終わるつもりは毛頭ない。与えられた機会をきっちりと生かし、定位置獲得を狙っていく。

試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
通算
.000

一覧に戻る