メニュー

2019年度 野球部選手名鑑 外野手

一覧に戻る

<凡例>

①ふりがな②投・打③生年月日④身長(センチ)・体重(キロ)
⑤血液型⑥出身地⑦出身校(○は甲子園出場)⑧学部学年⑨寸評

10 加藤雅樹主将

 

 

①かとう・まさき②右・左③1997(平9)・5・19④185・85⑤O⑥東京⑦〇早実⑧社4
⑨『主将で4番』の重責を担う、早大の顔にして不動の軸。2年春のブレーク以降、満足のいく成績を残せずにいるが、能力の高さは折り紙付きだ。この冬はフォームの安定感をテーマに振り込み、実戦での調子もまずまず。目標とする打率4割、5本塁打、15打点をクリアし、『早稲田の加藤ここにあり』と全国に示してみせる。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
14
44
10
.227
通算
57
176
51
26
1
.290

22 田口喜将

 

 

①たぐち・よしまさ②左・左③1997(平9)・11・16④176・75⑤O⑥岐阜⑦〇早実⑧商4
⑨ここ一番での打撃が光る左の好打者。3年春にリーグ戦デビューを果たして以降、代打での出場が主となっている。昨秋にはわずか6打席ながら出塁率.667をマークし、数少ないチャンスの中で集中力を発揮した。今春も『代打の切り札』として、試合を決める一打を放つべく日々バットを振り続ける。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
.333
通算
14
11
.364

21 山田淳平

 

 

①やまだ・じゅんぺい②右・左③1997(平9)・9・7④170・70⑤A⑥石川⑦〇早実⑧教4
⑨部内でも群を抜く打撃センスの持ち主。昨春不振からレギュラーを譲ると、秋も出場がなく足踏みが続いた。雪辱を果たしたい今年は、春季オープン戦から入念にピーキング。外野手リーダーに就任し、精神的な強さも求めた。目標の首位打者獲得、そして悲願の優勝へ、そのポテンシャルを遺憾なく発揮する。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
通算
15
23
.174

23 山野聖起

 

 

①やまの・としき②右・左③1997(平9)・7・25④177・70⑤A⑥岡山⑦金光学園⑧法4
⑨法学部に在籍する、俊足巧打の文武両道プレーヤー。春季オープン戦では先発ラインアップに名を連ねることもあり、同学年の山田や1年生・蛭間らとし烈な中堅手の定位置争いを繰り広げた。今春は主に代走での出場が予想されるが、何とか打撃でアピールをし、レギュラーの座を勝ち取りたい。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
通算
10
.000

24 瀧澤虎太朗

 

 

①たきざわ・こたろう②右・左③1999(平11)・1・16④180・74⑤O⑥神奈川⑦〇山梨学院⑧スポ3
⑨50メートル走は6秒ジャスト、俊足が魅力の1番打者。しかし1月初旬に足首をけがしたことで、春季オープン戦は途中からの合流となった。調整が遅れた影響により、3月中の実戦では得意とする長打があまり出ず。早めに感覚を取り戻し、切り込み隊長となれるか。序盤からのチャンスメークに期待したい。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
14
47
11
.234
通算
17
51
13
.255

43 蛭間拓哉

 

 

①ひるま・たくや②左・左③2000(平12)・9・8④176・82⑤O⑥群馬⑦〇浦和学院⑧スポ1
⑨高校時代は1年時に4番を担った実績もある、走攻守三拍子そろった期待の大型ルーキー。中でも、特筆すべきは地肩の強さ。3年夏の甲子園・大阪桐蔭高戦で見せた本塁への好返球は、観客の度肝を抜いた。打撃でも持ち前の選球眼とスイングスピードを武器に、早期の定位置確保を狙いたい。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
通算

一覧に戻る