メニュー

2019年度 野球部選手名鑑 内野手

一覧に戻る

<凡例>

①ふりがな②投・打③生年月日④身長(センチ)・体重(キロ)
⑤血液型⑥出身地⑦出身校(○は甲子園出場)⑧学部学年⑨寸評

1 檜村篤史副将

 

 

①ひむら・あつし②右・右③1997(平9)・11・6④181・78⑤O⑥千葉⑦〇木更津総合⑧スポ4
⑨昨秋は打率3割2分7厘、10打点を記録した誰もが認める背番号『1』の実力者。正遊撃手3年目となる今季も、堅実な守備で投手陣を助ける。定評のある勝負強い打撃は春季オープン戦でも健在で、手応えをにじませた。優勝だけでなくベストナイン獲得も見据える向上心で奮起し、神宮を沸かせることができるか。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
14
49
16
10
.327
通算
50
160
45
25
.281

5 福岡高輝

 

 

①ふくおか・こうき②右・左③1997(平9)・9・8④174・73⑤A⑥埼玉⑦川越東⑧スポ4
⑨高いミート力を誇る広角打法が売りのヒットメーカー。昨秋の慶大2回戦では走者一掃の適時二塁打を放ち、見る者に強烈な印象を与えた。春季オープン戦でも好調を維持しており、絶対的な存在として3番に君臨。再び本格挑戦中の三塁守備も現状は及第点だ。今季はテーマとする『ここぞの一打』で、入学以来初の栄冠をたぐり寄せる。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
14
54
15
.278
通算
44
148
47
25
.318

8 米田圭佑

 

 

①よねだ・けいすけ②右・右③1997(平9)・7・27④183・90⑤A⑥愛媛⑦〇松山東⑧人4
⑨進学校ながら21世紀枠で甲子園の地に立ち、本塁打を放った経歴を持つ。大学入学後は2年春の新人戦を機に、捕手から一塁手に転向。今年の沖縄キャンプではスタメン出場もあったが、その後は下級生の台頭に伴い代打起用が目立つ。「一球で仕留める」ことを意識しており、追い込まれてからの粘りにも注目である。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
通算

2 金子銀佑

 

 

①かねこ・ぎんすけ②右・右③1999(平11)・1・4④169・72⑤A⑥東京⑦〇早実⑧教3
⑨昨秋の2カード目・立大戦からスタメンとして出場。華麗かつ堅実な守備でチームの勝利に貢献した。今年からは二塁手にコンバート。基本に立ち返って積み重ねた練習の成果を発揮し、より確実なプレーを目指す。また、打撃でも結果を残したい今季の打順は2番。好機を演出するために、頭と体をフルに使って後続へつなぎたい。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
11
34
10
.294
通算
12
34
10
.294

7 真中直樹

 

 

①まなか・なおき②右・左③1998(平10)・7・17④168・61⑤AB⑥埼玉⑦早大本庄⑧教3
⑨安定感のある守備が持ち味。昨秋、念願のベンチ入りを果たしたものの、不完全燃焼に終わってしまった。春季オープン戦では代走で起用されるなど出番を増やしたが、課題の打撃では結果を残せなかった。今季もベンチワークを含め、サブとしての役割が多くなることが予想される。堅実に仕事をこなし、存在感を示したい。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
通算

3 吉澤一翔

 

 

①よしざわ・かずと②右・右③1998(平10)・5・29④172・77⑤O⑥大阪⑦〇大阪桐蔭⑧スポ3
⑨昨春は豪快なフルスイングで観客を魅了したスラッガー。現在タイミングの取り方に苦戦し成績は低迷しているが、社会人対抗戦ではマルチ安打を放つなど復調の兆しを見せる。部員の誰もが「一番熱心にやっている」と口をそろえるほど、野球に対する姿勢はピカイチ。その努力は大舞台で花開くか。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
.000
通算
22
54
.167

35 丸山壮史

 

 

①まるやま・まさし②右・左③1999(平11)・6・8④178・78⑤AB⑥兵庫⑦〇広陵⑧スポ2
⑨昨春は1年生ながら正二塁手を勝ち取った逸材だが、その後は現在に至るまで補欠。それでも、春季オープン戦ではパンチ力ある打撃で状態の良さをアピールした。隙の多かった守備にも改善が見られ、その伸びしろは十分。再び輝かしい地位を取り戻すべく、今季はまず代打として爪痕を残す。愛称は『マル』。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
通算
12
32
.156

44 中川卓也

 

 

①なかがわ・たくや②右・左③2000(平12)・7・28④175・80⑤B⑥大阪⑦〇大阪桐蔭⑧スポ1
⑨高校時代に主将として、チームを甲子園春夏連覇に導いたスーパールーキー。春季オープン戦で実戦デビューを果たすと、いきなり初安打初盗塁を記録。その後も持ち前の勝負強さと天性の打撃センスを遺憾なく発揮し、正一塁手の座を勝ち取った。『早稲田のニューヒーロー』として神宮に旋風を巻き起こしたい。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
通算

一覧に戻る