メニュー

2019年度 野球部選手名鑑 スタッフ

一覧に戻る

<凡例>

①ふりがな②投・打③生年月日④身長(センチ)・体重(キロ)
⑤血液型⑥出身地⑦出身校(○は甲子園出場)⑧学部学年⑨寸評

 

小宮山悟監督

 

 

①こみやま・さとる③1965(昭40)・9・15⑥千葉⑦芝浦工大柏⑧平2教卒
⑨就任1季目の昨季、ベストナイン4名を輩出するなど個々の成長は見られたが、チームとしては物足りない結果に。もったいない失点やミス、度重なる好機での凡退など、勝負所での集中力が勝敗に直結した。理想に掲げる『基本に忠実な野球』を体現し、8季ぶりに覇者の座へと舞い戻ることはできるだろうか。

 

佐藤孝治助監督

 

 

①さとう・こうじ③1962(昭37)・8・15⑥東京⑦○早実⑧昭60教卒
⑨大きくスタッフが入れ替わったチームで、昨年度より現ポストを務める参謀役。高校時代は荒木大輔氏とバッテリーを組み夏の甲子園準優勝、大学卒業後は社会人の日本石油(現JX-ENEOS)で9年間にも及びプレーした経歴を持つ。部員100人を超える大所帯で新監督を支え上げ、王座奪還の陰の立役者となる。

 

徳武定祐コーチ

 

 

①とくたけ・さだゆき③1938(昭13)・6・9⑥東京⑦○早実⑧昭36商卒
⑨御年81歳ながら「最後のご奉公」として熱血指導を続ける打撃コーチ。在学時には主将として、伝説の名勝負といわれる早慶六連戦に勝利した経験を持つ。春季リーグ戦で課題となった得点圏打率の向上に向け、「丹田(たんでん)から気を出して強い打球を打つ」ということを選手たちに浸透させていく。

 

田中浩康コーチ

 

 

①たなか・ひろやす③1982(昭57)・5・24⑥京都⑦◯尽誠学園⑧平17社卒
⑨昨年現役を引退したばかりの若き守備走塁コーチ。「学生と同じ目線で指導していきたい」とグラブ片手に練習へ参加し、シャワーや食事も共にしている。また、プロで発信する大切さを学んだことからSNSを積極的に活用。「選手に自信を付けさせ、それを確信に変える」という信条のもと、個の力を最大限に発揮させる。

 

飯島匠太郎主務

 

 

①いいじま・しょうたろう③1997(平9)・1・26④176・75⑤O⑥千葉⑦市川⑧スポ4
⑨東京六大学でも有数の注目度を誇る早大野球部の支柱として、日々膨大な仕事量をこなす。会計やスケジュールの管理などを一手に担う、部の運営には欠かせない存在だ。今年度のチームスローガンは『ONE』。現役ラストイヤー、覇権奪回のワンピースとなるべく、献身的なサポートに注力する。

 

鈴木太郎新人監督

 

 

①すずき・たろう③1997(平9)・12・10④184・86⑤A⑥静岡⑦◯静岡⑧スポ4
⑨首脳陣と選手たちの橋渡し役を担う学生コーチ。練習では旬の選手を見つけ監督に進言するほか、メニューの作成やノッカーを務め指揮を執る。そして試合となれば、三塁ランナーコーチャーとして尽力。グラウンドマネジャーとしての役割は多岐にわたる。座右の銘は『実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな』。

一覧に戻る