2016年度 野球部選手名鑑 捕手

一覧に戻る

<凡例>

①ふりがな②投・打③生年月日④身長(センチ)・体重(キロ)

⑤血液型⑥出身地⑦出身校(○は甲子園出場)⑧学部学年⑨寸評

  

吉見 健太郎

 

①よしみ・けんたろう②右・右③1995(平7)6・12④175・75

⑤B⑥千葉⑦○早実⑧教3

⑨高校時代は外野手として甲子園に出場。大学入学後は捕手として2年時からベンチ入りし、経験不足を補うべく技術を学んできた。ことしからは満を持してスタメンでの出場。しかし、不調に苦しむ投手陣をリードしきれず悔しさの残るシーズンとなった。秋は攻守両面で成長を見せ、正妻としての地位を確立したい。

試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
13
45
.178
通算
13
45
.178

  

岸本 朋也

 

①きしもと・ともや②右・右③1996(平8)9・11④173・82

⑤A⑥大阪⑦関大北陽⑧スポ2

⑨高校時代は大阪を代表する捕手として活躍したが、ここまでリーグ戦の出場はなし。主に2軍での下積みが続いた。しかし、この夏は勝負強い打撃を買われて、出場機会を増やしている。同ポジションには小藤をはじめ、後輩も台頭している。その中でまずは得意分野で存在感を発揮し、右の代打枠定着を目指す。

試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
――
通算
――

  

小藤 翼

 

①こふじ・つばさ②右・左③1997(平9)8・6④181・80

⑤AB⑥栃木⑦日大三⑧スポ1

⑨遠投115メートルを誇る強肩の大型捕手。抜群のスピードとコントロールは相手の脅威になる。春季新人戦ではベンチ入りを果たしたものの、ブルペン捕手で出場機会はなし。打撃面での課題はまだ残っているが、この夏の1軍オープン戦では幾度となく起用された。積み重ねた経験を生かし、将来のスタメンマスクを狙ってアピールを続ける。

試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
――
通算
――

一覧に戻る