2018年度 野球部選手名鑑 捕手

一覧に戻る

<凡例>

①ふりがな②投・打③生年月日④身長(センチ)・体重(キロ)
⑤血液型⑥出身地⑦出身校(○は甲子園出場)⑧学部学年⑨寸評

 

岸本朋也

 

 

①きしもと・ともや②右・右③1996(平8)・9・11④172・81⑤A⑥大阪⑦関大北陽⑧スポ4
⑨昨季は打率の低迷に加えて後輩にスタメンの座を譲ることもあり、苦しいシーズンとなった。春季オープン戦ではマスクをかぶる機会は少なかったものの、代打として多く起用され要所での勝負強さを発揮。「リーグ戦になるとチームが勝つことが一番だと思う」と語る副将が、攻守両面で貢献を誓う。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
10
24
.167
通算
28
61
13
10
.213

 

中林健吾

 

 

①なかばやし・けんご②右・右③1996(平8)・8・9④176・80⑤O⑥三重⑦○三重⑧スポ4
⑨これまで厚い選手層に阻まれてきたが、春季オープン戦で存在感を放ち、リーグ戦のスタメンマスクも視界に捉える位置まできた。首脳陣からは守備面で期待が寄せられているが、打席で見せる長打力も魅力。混戦を極める正捕手争いを勝ち抜き、ラストイヤーに華を添えることができるか。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
.—
通算
.—

 

小藤翼

 

 

①小藤・つばさ②右・左③1997(平9)・8・6④181・82⑤AB⑥栃木⑦日大三⑧スポ3
⑨チームトップの打率と打点をマークした1年秋から一転、昨年は正捕手の座を明け渡す悔しい一年となった。再起を図って臨んだ春季オープン戦では出場機会に恵まれず、苦しい日々が続いている。巧みなリードは投手陣からの信頼も厚いだけに、課題である打撃、送球を安定させ、再び扇の要に座ることはできるか。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
12
.083
通算
27
57
15
.263

 

重田慎太郎

 

 

①しげた・しんたろう②右・右③1997(平9)・9・9④177・75⑤A⑥佐賀⑦佐賀西⑧文構3
⑨四兄弟そろって野球経験があり、三男に当たる。高校時代は双子の弟とバッテリーを組み、注目を集めた。練習中からひと際大きな声を発して雰囲気を盛り上げるムードメーカー。一方で、捕手としては冷静な観察眼も持ち合わせている。ナインからは、成長著しい選手として名前が挙げられている。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
.—
通算
.—

 

岩本久重

 

 

①いわもと・ひさしげ②右・右③1999(平11)・4・21④181・86⑤A⑥滋賀⑦○大阪桐蔭⑧スポ1
⑨強肩強打の大型ルーキー。高校時代は故障により不完全燃焼に終わったが、早大に加入すると早速頭角を現した。春季オープン戦ではクリーンアップも任されるなど力強い打撃への期待は非常に大きい。守備が安定すれば、初年度からのスタメンも十分に考えられる。徳山との大阪桐蔭高出身バッテリーとしての注目度も高い。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
.—
通算
.—

一覧に戻る