2018年度 野球部選手名鑑 投手

一覧に戻る

<凡例>

①ふりがな②投・打③生年月日④身長(センチ)・体重(キロ)
⑤血液型⑥出身地⑦出身校(○は甲子園出場)⑧学部学年⑨寸評

小島和哉主将

 

 

①おじま・かずや②左・左③1996(平8)・7・7④177・81⑤O⑥埼玉⑦○浦和学院⑧スポ4
⑨ワセダを背負い戦い続ける不動のエース。主将としても存在感は絶大だ。春はシーズン中のフォーム修正が功を奏し、キャリアハイの4勝を挙げた。夏には大学日本代表入り。与四球と球数を減らすべく、他大の投手陣からヒントを得た。ついに迎えるラストシーズン。背番号『10』が悲願の日本一へ挑む。

 

 
試合
回数
奪三振
自責点
防御率
昨季
63
55
16
2.29
通算
53
18
11
247 1/3
193
70
2.55

増田圭佑

 

 

①ますだ・けいすけ②右・右③1996(平8)・10・9④180・78⑤A⑥千葉⑦江戸川学園取手⑧文4
⑨春季オープン戦では火消し役として活躍したが、終盤に失速。春季リーグ戦の登板は法大2回戦の打者2人のみにとどまった。明学大との夏季オープン戦では安定感のある投球を披露したものの、その後はアピールの場を得られていない。ポテンシャルは高いだけに、復活への糸口をつかむことができるか。

 

 
試合
回数
奪三振
自責点
防御率
昨季
通算
4.50

藤井寛之

 

①ふじい・ひろゆき②右・左③1998(平10)・2・4④177・73⑤O⑥福岡⑦東筑⑧法3
⑨『文武一道』の信条の下、勉強と野球を両立。今春の早明2回戦でリーグ戦デビューを果たしたが、2回1/3を投げ6失点と厳しい結果に終わった。しかし、夏の実戦ではプロを相手に2回無失点の成績を残すなど好調を維持し、救援としての地位を取り戻しつつある。春の借りを返すべく臨む秋。変則的な投球と制球力に注目だ。

 

 
試合
回数
奪三振
自責点
防御率
昨季
2 1/3
23.14
通算
2 1/3
23.14

今西拓弥

 

 

①いまにし・たくみ②左・左③1998(平10)・6・22④200・88⑤O⑥奈良⑦広陵⑧スポ2
⑨昨季は救援登板時の防御率が0.00と大車輪の活躍を見せ、初勝利もつかんだ。そして、法大2回戦ではかねてより希望していた先発登板を果たしたが、5回3失点で黒星を喫し、納得のいく結果は残せず。課題であるスタミナ不足を克服し、2メートルの長身を生かした投球で相手打者を制圧せよ。

 

 
試合
回数
奪三振
自責点
防御率
昨季
12
11
1.50
通算
13
19 2/3
22
3.20

柴田迅

 

 

①しばた・じん②右・右③1998(平10)・6・2④177・72⑤AB⑥千葉⑦早大学院⑧社2
⑨うなるような直球が武器の貴重な剛腕リリーバー。昨季初めてリーグ戦のマウンドに上がったものの、その成績はもの足りないものであった。夏季オープン戦でも多くの試合に登板しているが、多投する真っすぐを狙われ痛打される場面がしばしば。ブルペンの柱となるため、変化球の精度に磨きをかけ、引き出しを増やしたい。

 

 
試合
回数
奪三振
自責点
防御率
昨季
3 2/3
7.36
通算
3 2/3
7.36

早川隆久

 

 

①はやかわ・たかひさ②左・左③1998(平10)・7・6④180・72⑤B⑥千葉⑦〇木更津総合⑧スポ2
⑨昨季は第2先発として大きな期待がかけられたが、左肩の故障にも悩まされゼロ勝に終わった。苦しいシーズンが続くが、サマーリーグの慶大戦では完封勝利を収めるなど、潜在能力に疑いの余地はない。夏は投球の幅を広げるべく、カットボールやツーシームの習得に取り組んできた。救援陣の柱として迎える今季こそ、真価を見せたい。

 

 
試合
回数
奪三振
自責点
防御率
昨季
15
19
4.80
通算
19
43 1/3
55
25
5.19

徳山壮磨

 

 

①とくやま・そうま②右・右③1999(平11)・6・6 ④183・77⑤O⑥兵庫⑦〇大阪桐蔭⑧スポ1
⑨六大学初シーズンを迎えた右腕は上々のスタートを切った。6試合を投げわずかに2失点。勝ち点が懸かった慶大3回戦では志願の初先発を果たした。好調のケイオー打線を8回無失点に封じ、自信を深めたことだろう。肩の故障により今季は調整から入ることになるが、シーズン後半での復帰へ照準を合わせる。

 

 
試合
回数
奪三振
自責点
防御率
昨季
15
15
1.20
通算
15
15
1.20

西垣雅矢

 

 

①にしがき・まさや②右・左③1999(平11)・6・21④183・73⑤B⑥兵庫⑦〇報徳学園⑧スポ1
⑨フレッシュリーグでの活躍を経て、満を持して1軍に合流。今春の慶大3回戦では、ピンチを招きながらも得点を許さない粘りの投球で、チームに勝ち点をもたらした。持ち味は、どんな球種でもカウントを稼げる制球力。自身が課題に挙げるスタミナ不足を克服し、低めに集める丁寧な投球で第2先発定着を目指す。

 

 
試合
回数
奪三振
自責点
防御率
昨季
0.00
通算
0.00

一覧に戻る