2018年度 野球部選手名鑑 外野手

一覧に戻る

<凡例>

①ふりがな②投・打③生年月日④身長(センチ)・体重(キロ)
⑤血液型⑥出身地⑦出身校(○は甲子園出場)⑧学部学年⑨寸評

 

池田賢将

 

 

①いけだ・けんしょう②右・左③1995(平7)・9・29④174・74⑤O⑥富山⑦高岡南⑧スポ4
⑨尊敬する重信慎之介(平28教卒=現読売ジャイアンツ)と同じオレンジ色のバットがトレードマーク。昨季の全早慶戦沖縄大会では2安打を放つなど、打撃センスを買われ、正選手の座をつかんだ。春季オープン戦では、チャンスメーカーの役割を果たしている。ラストイヤーとなることし、勝利の立役者になることができるか。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
.000
通算
.000

 

黒岩駿

 

 

①くろいわ・しゅん②右・右③1995(平7)・9・10④176・85⑤O⑥長野⑦長野日大⑧スポ4
⑨浪人を経て一般入試で早大に入学。昨季までベンチ入りの経験はなかったが、模範的な人柄により信頼を集め副将に選出された。ベンチでは人一倍大きな声でチームを奮起させ、勝利を呼び込む。プレー面では「切り札となれるようにやっていきたい」と意気込む。全身全霊の一振りでプレーでも存在感を示していきたい。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
通算

 

小太刀緒飛

 

 

①こだち・おとわ②左・左③1996(平8)・6・9④180・80⑤O⑥栃木⑦○日本文理⑧スポ4
⑨高校時代には投手として甲子園に登板した経験も持ち合わせる。これまでのリーグ戦では出番が限られているが、チームトップレベルの俊足と安定した守備が持ち味。最後のシーズン、主に代走としての出場が予想される。自慢の足で好機を広げ、ダイヤモンドを駆け抜けることができるか。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
.000
通算
.000

 

加藤雅樹

 

 

①かとう・まさき②右・左③1997(平9)・5・19④185・87⑤O⑥東京⑦○早実⑧社3
⑨抜群の長打力を誇るワセダの大砲。昨春は首位打者とベストナインに輝いた。しかし、昨季は不調に陥り開幕から18打席連続無安打。「こんなはずではない」と自分と戦う日々が続き、精神的に追い込まれた。春季オープン戦では、課題だった好機での一打が出てきている。さらに、多くのチームメイトが認める強肩も見逃せない。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
11
36
.222
通算
30
84
25
15
.298

 

宮崎廉太

 

 

①みやざき・よしと②右・右③1997(平9)・7・1④186・81⑤A⑥大阪⑦○早実⑧社3
⑨思い切りの良いスイングを信条とするスラッガー。昨年は、フレッシュリーグの2試合で決勝点をたたき出し、その活躍が評価されて秋には1軍ベンチ入り。自身も気分屋の面があると認めている一方、調子づいたときの爆発力はチーム内でも抜きんでている。見る者の記憶に残る一撃を求め、臨戦態勢を整える。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
.000
通算
.000

 

山田淳平

 

 

①やまだ・じゅんぺい②右・左③1997(平9)・9・7④170・70⑤A⑥石川⑦○早実⑧教3
⑨昨秋は代打としての起用が主だったが、今季はスタメンに名を連ねる。初球から振りにいく積極性でチームに勢いを与える存在だ。冬場の練習で球を芯で捉えられる確率が上がり、長打力も増した。入学時から首位打者獲得を目標に掲げている。トップバッターという打順に強いこだわりを持つ山田がまずは攻撃の起点をつくりたい。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
.375
通算
.375

 

山野聖起

 

 

①やまの・としき②右・左③1997(平9)・7・25④177・70⑤A⑥岡山⑦金光学園⑧法3
⑨俊足巧打の万能な外野手。フレッシュトーナメントでは上位打線を任された。春季オープン戦でもスタメンに名を連ねた試合があり、首脳陣からの期待の高さがうかがえる。リーグ戦では途中出場が予想されるが、打撃で結果を残し、左翼手の定位置争いにも絡んでいきたい。

 

 
試合
打数
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
失策
昨季
.—
通算
.—

一覧に戻る