2018年度 野球部選手名鑑 スタッフ

一覧に戻る

<凡例>

①ふりがな②投・打③生年月日④身長(センチ)・体重(キロ)
⑤血液型⑥出身地⑦出身校(○は甲子園出場)⑧学部学年⑨寸評

 

髙橋広監督

 

①たかはし・ひろし③1955(昭30)・2・4⑥愛媛⑦西条⑧昭52教卒
⑨就任初年度に三冠を達成したが、以後は4季連続でリーグ戦で低迷。昨季は屈辱の同率最下位に沈んだ。「優勝しかない」と今季に懸ける思いは並々ならぬものを感じさせる。春季オープン戦では多くの新戦力を試す積極的な采配を見せた。選手の適材適所を見極め、理想とする『守り勝つ野球』を体現できるか。

 

佐藤孝治助監督

 

 

①さとう・こうじ③1962・8・15⑥東京⑦早実⑧昭60教卒
⑨早大で14年ぶりとなる助監督に招へいされた。プロで本塁打王を獲得した父を持ち、現役時代はサラブレッドとしても注目を浴びた。早実高で荒木大輔氏とバッテリーを組み甲子園で準優勝を果たすなどその経歴は華々しい。社会人の名門・日本石油でも9年間に渡ってプレーした経験豊富な参謀が母校に新たな風を吹き込む。

 

高橋朋玄主務

 

①たかはし・ともはる③1996(平8)・12・2④173・70
⑤A⑥福島⑦磐城⑧人4
⑨スケジュール管理や広報、会計など、その業務は多岐に渡る。後輩のマネージャーにも効率的に仕事を割り振り、手腕を発揮している裏方の主役だ。気さくに会話ができる人柄も大きな魅力の一つ。ことしのチームが重視する『一体感』をもたらすべく、応援部と連携して新企画も進行中だ。

 

安田健人新人監督

 

①やすだ・けんと③1996(平8)・4・13④174・70
⑤A⑥東京⑦世田谷学園⑧文構4
⑨早大野球部の組織改革を先導してきた。試合では三塁コーチャーを務める。練習メニューの作成やノッカーなど下級生の統括も執り行うため、野球に関する深い知識が要求される。チーム内での競争意識を高めるためには、下級生からの突き上げが不可欠。昨年、初開催で優勝を果たしたフレッシュリーグでの連覇にも期待がかかる。

一覧に戻る