早スポ部員の一日~取材編~

◆はじめに

 早スポが行う各活動の基となる取材。現地で試合の流れを生で見るに留まらず、フィールドに立った選手にインタビューも行います。また、より臨場感のある記事にするために写真を撮ることも欠かせません。早スポの記事に必要不可欠な取材活動を、フィールドホッケーのリーグ戦を例に見てみましょう!

いざ、取材へ!

取材に行こう!

◆試合前の準備

 フィールドホッケーのリーグ戦は毎回会場が異なります。ワセダのホームである東伏見グラウンドから埼玉のグラウンド、時には関西まで足を運ぶこともあります。会場に着いたらまずはカメラの設定。位置や時間によって写真の明るさが変わるのでここは慎重に。設定が終わったらあとはシャッターチャンスを待つのみ。

     

◆試合開始

 いよいよ試合開始。スピーディーな展開を記事執筆者とカメラ担当が追いかけます。記事執筆者はシュートのタイミングやドリブルで多くの相手を抜いた瞬間をメモしておきます。会場内に表示がない場合は自分で時間を計りながらメモするとよりよいです。また、カメラ担当はボールに絡んでいない選手にもカメラを向けるなど、会場全体に意識を傾ける必要があります。シュートを決めた瞬間にカメラを向けると、選手のガッツポーズや笑顔が狙えるかもしれません!あなたにしか撮れないベストショットを目指しましょう!!

シャッターチャンス!

◆インタビュー

 試合後は戦いを終えた選手にインタビュー。部のミーティングが終わったタイミングを見計らいます。ミーティングの間に準備した質問を書いたメモと、ボイスレコーダーをもって向かいます。最初の頃は競技に詳しい先輩が一緒に質問を考えてくれます。また、ボイスレコーダーはスマホのアプリで代用出来るので心配は不要!慣れてくると選手のコメントに対してより踏み込んだ質問もできるようになります。さらに、その時に選手の表情まで見られると、記事に深みを持たせることができます。早スポ部員の本領発揮!

◆取材後

 取材後は字起こしをします。字起こしとは、ボイスレコーダーで録音したインタビューを文字に起こすことです。字起こしは記事執筆者にメールで送り、記事の参考にしてもらいます。また、完成した記事とともにホームページに掲載されます。

◆おわりに

 いかがでしたか?最初は上手くいかないことも多いですが回数を重ねるごとに上手くなっていきます。第一線で戦う選手に話を聞くことができるのは早スポの醍醐味です!また、書き上がった記事を多くの人に読んでもらえる喜びは体験した人にしか分かりません。早スポに入って、私たちとエンジの歴史を刻みましょう!

(記事・編集 榎本透子)

さあ、君も体験取材へLet’s Go!!

体験取材日程