メニュー

早スポ部員の一日~入稿編~

入稿とは??

  早スポといえばやっぱり年12回発行される新聞!入稿とはそんな新聞を作る作業のことです。ここでは早スポの新聞製作の過程を紹介していきます!

入稿中の早スポ部員

1.取材

 新聞を作るためにまず必要なのが取材。当然ですが取材をしなければ記事を書くことも写真を撮ることもできません。新聞作りには取材が絶対に欠かせないのです! 早スポ部員の一日~取材編~←詳しくはこちら

2.編集会議

 次に行われるのが編集会議。ここではどの部活を大きく扱うのか、各部のチーフの熱いプレゼンを聞いた上で決めていきます。全ての部活を大きく取り上げたいところではありますが、限られた紙面の中でたくさんの情報を伝えなければいけません。そのため、こうした会議で記事の長さや写真の大きさを決める必要があるのです。

編集会議の様子

3.入稿

 編集会議が終わればいよいよ面担者の出番!面担者とは新聞のレイアウトを担当する人のことです。この人が記事や写真を紙面のどこに配置するのか、どんな見出しをつけるのか考えます。初めての面担だと不安ですし、わからないことも多いでしょう。しかし『サブ担』という面担経験者の補佐役がいます。入稿中は彼らが支えてくれるので心配無用!ぜひ積極的に面担者に立候補して、あなただけのオリジナルの紙面を作っちゃいましょう!
早スポではこうした作業を築地の日刊スポーツの設備をお借りして行っています。期間はだいたい1週間くらい。この期間は授業に入稿にと忙しくなり大変なことも正直多いです。しかし、それをはるかに上回るやりがいがありますよ!

4.降版

紆余曲折あって迎える入稿最終日。この日のことを『降版日』と言います。この日に紙面を完成させて印刷します。自分で作った面が実際に新聞として印刷されるあの感動はなんとも表現しようがありません。是非一度この感動を味わってください!

5.新聞配布

せっかく作った新聞を読んでもらえないのは悲しいですよね?早スポでは作った新聞を必ず部員自らの手で配布します。実際に新聞を手に取ってもらう嬉しさと感動はすごいです(笑)。ぜひ配布に参加しましょう!

6.最後に

 これが早スポの新聞制作すなわち入稿の流れです。拙い説明でしたがわかっていただけたでしょうか?早スポでは他ではできない経験ができます。皆さんにも早スポそして入稿で感動と達成感を味わって欲しいです!ほんの少しでも興味を持ってくれた方はぜひ一度早スポの新歓活動に参加してみてください。『エンジの歴史は、君にも刻める』。あなたの手で歴史を刻んでみませんか?

(記事・編集 新津利征)