早スポって?

早稲田スポーツ新聞会を知ろう

 私たち早稲田スポーツ新聞会(通称・早スポ)は、1959年の創刊以来、大学スポーツの強豪・ワセダの体育会各部を取材し、スポーツ新聞を発行している伝統あるサークルです。昨年春秋リーグ戦優勝を果たした野球部や多くの日本代表を輩出しているラグビー部を筆頭に、早稲田大学には長い歴史と伝統を持つ部活が数多くあります。日本、そして世界で活躍する選手たちを追いかけ、学生ならではの目線でその活躍や感動を伝えるのが「早スポ」の仕事。新たなエンジの歴史は、君にも刻める――早スポ部員一同、皆さんの入部を心よりお待ちしております!

    『エンジの歴史は、君にも刻める。』

(新歓チーフ 中村朋子=政経2)

早慶野球号(秋)

 【早スポPROFILE】

●創部57年目

●部員数103人(3年 男:16人 女:20人 2年 男:27人 女:40人)

*早稲田大学・新1年生からのみ募集

*部員のほとんどが初心者です!

●活動日

取材:担当部の試合がある日(土日メイン。平日にあることも。)

編集会議:月1回程度で平日の夕方(主に水曜日の5限後から。)

●活動場所

 取材:担当部の試合がある場所

 編集会議:文キャン内競技スポーツセンター

 新聞作成:日刊スポーツ

*学生会館内に部室もあります。

●新聞

新聞は年に12回+号外を発行。新聞製作は主に7日~10日かかります。記事、写真、さらに新聞の面担当など、1年生からできる仕事もたくさんあります。

●どんな人たちの集まり?

・学部は様々。本キャン生、文キャン生はもちろん、理工キャンパスの人もいます。そしてスポ科、人科生も大歓迎!人数が多いのでいろんな学部の先輩たちと仲良くなれます。

・スポーツをずっとやってきた人たちから見る専門、スポーツに詳しすぎる人からあまり詳しくない人まで様々!早スポに入れば様々なスポーツに詳しくなれること間違いなし!

全体写真