体育会各部紹介

「これぞ“ワセダ”スポーツ!」

みなさん早稲田にはどれくらいの体育会が存在するかご存知ですか?
なんと44!多いですよね!
もちろんそのなかには知らないスポーツや見たことがないスポーツがたくさんあるはずです。
そういったスポーツと出会うことができるのも早スポならでは!
是非多くの方にいろいろな部の魅力を知っていただければと思い、総力取材真っ最中です!
そこで本ページでは全44体育会各部を一気に紹介します!
少しでも興味を持った方は早スポHPの記事をぜひご覧ください!
そしてその競技を実際に生で観るとっておきのチャンスである『体験取材』に是非いらしてください!

写真をクリックして記事一覧へ!


 ワセダのスポーツと言ったらやっぱり野球!ドラフト指名選手を多数輩出している名門で、注目度はとても高いです。昨季は優勝まであと一歩に迫ったものの惜しくも敗れてしまいました。その悔しさを胸に、今季は優勝の二文字のみを目指し躍動します!


 大学スポーツのなかでも抜群の知名度と人気を誇るワセダのラグビー蹴球部。今季は、日本代表としても活躍する藤田慶和副将にも注目が集まっています!熱く、激しく、力強いプレーは必見です。一緒にワセダのラグビーを追いかけよう!


 毎年大注目の箱根駅伝のみならず、短距離やフィールド種目でも幅広く活躍する競走部。監督が変わり新体制となる長距離、世界陸上を目指す加藤選手も在籍する短距離など、今季も一年中見所満載。Wのユニホームをまとう選手たちを見逃すな!


 ア式蹴球部はワセダのサッカー部のこと!プロ選手を多数輩出し、数々のタイトルを手にしてきた男子部は日本随一の歴史と伝統を誇ります。またア式蹴球部女子、略してア女も大学女子サッカー界の強豪です!栄冠目指すア式蹴球部の奮闘を見逃すな!


 若手選手の活躍で注目度が高まっている卓球。福原愛さんや松平健太さんなどの有名選手も輩出したこの部では、昨季の関東学生リーグ戦で女子部が優勝、男子部も学生王者が在籍しています。選手の歓声が飛び交う会場でひと度観戦すれば、魅了されること必至!


 大学テニス界の頂点に君臨し続ける早大庭球部。昨季は大学日本一を決める王座決定戦で、前人未到のアベック9連覇という偉業を成し遂げました。慢心することなく、常に上を目指し続けるその姿に魅了されること間違いなし。その熱い戦いを見逃すな!


 昨年、女子部がリーグ戦優勝とインカレ制覇を成し遂げ、男子部も1部リーグに返り咲くために健闘したバスケットボール部。高校時代にやっていた人も多いはず!経験者も未経験者も、試合を見ればその魅力に引き込まれること間違いなしです!


 野球・ラグビーと並ぶ「三大早慶戦」の一つ、漕艇。過去に男女ともに全日本を制するなど、輝かしい実績を残してきた。水上で行われる選手たちの熱い駆け引きは、単なる「ボート」のイメージを覆してくれるにちがいない。まずは早慶レガッタへ!


 強靭な肉体の男達がフィールドを駆ける。ヘルメットのぶつかり合う音、草いきれ、歯を食いしばる唸り声。しかし、飛び交うのは冷静なトリックプレー。アメリカンフットボールは「作戦で勝負の8割が決まる」と言われるほどの頭脳戦なのだ。知れば知るほどのめり込むスポーツだ。

 みなさんも一度は見たことあるはず!スピードスケート!個人競技というイメージもあるかと思いますが、リレーやパシュートなど、チーム競技としての魅力もスピードスケートの醍醐味のひとつ。氷の上で力強く滑る選手たちのスピード感は圧巻です!

 氷上の格闘技といわれるアイスホッケー。その呼び名の通り激しいプレーが魅力です!激しく相手とぶつかりながらパックをゴール前まで運び放つシュートはまさに一閃。昨季は悔しさの残る結果でしたがきっと今季は日本一を奪還してくれるはず!

  メディアも大注目のフィギュアスケート。ワセダのスケート部は、荒川静香さんなどを輩出し、現在もインカレ出場権を獲得する選手が在籍する名門です。近年部員も増え、各々の階級で結果を残しています。美しくかつ迫力ある演技に誰しもが魅了されるはず!


 男子部は、昨年逃してしまった日本一の奪還を目標に掲げています。女子部は、昨年の主力選手が多く残っており、2部からの巻き返しが期待されます。全員でボールをつなぐ姿勢と、ネット際の攻防がバレーボールの醍醐味。躍動感溢れるプレーは必見です!


 競泳を生で見たことありますか?ワセダの水泳部はオリンピックや世界選手権のメダリスト、代表選手を輩出する名門です。一瞬のタッチの差で決まるレースの緊迫感や大記録に湧く会場。選手たちの熱き戦いを生で見て、ぜひ体感しましょう!


 昨年のインカレでは男女ともに準優勝を果たし、ことしは悲願の男女アベック優勝を目指します。水球は「水中のハンドボール」と呼ばれるように、激しいボールの奪い合いが繰り広げられます。選手たちの熱きプレーは一瞬たりとも見逃せません!


 創部100年以上の歴史を持つ早大柔道部。昨季は早慶戦でライバル・慶大を下し、見事優勝を果たしました。ことしはさらにパワーアップし、各大会で熱戦を繰り広げてくれること間違いなし!個人戦だけでなく団体戦もあり、試合はとても盛り上がります。


 昨年、新人戦で男子は4強入り、女子は優勝を飾るなど素晴らしい戦績を残した剣道部。長い歴史と伝統を誇るワセダの名は伊達ではありません。今季も日本一を目指し力の限りを尽くします。激しい技の応酬に息を呑むこと間違いなし!


 男女共に日本一を目指す強豪ラクロス部。下級生の成長も見られ、選手層の厚みが増した今季は、王座奪還に向け、躍進が期待されます。激しいボールの奪い合いと、スピードある展開が醍醐味のラクロス。気迫あふれる熱い戦いに魅了されること間違いなし!


 近年、ますます注目度が高まってきているボクシング。早稲田のボクシング部は創部80年以上の長い歴史を誇ります。一度試合を見れば、気迫溢れるパンチと劇的な試合展開に引き込まれること間違いなし!今季の目標は、関東リーグ1部昇格です。


 『日本一』の称号奪還に燃える男子部と、リーグ戦優勝を目指し成長を続ける女子部。その活躍は止まるところを知らず、日本の学生代表として活躍する選手も在籍しています。スピーディな試合展開と大迫力のプレーに、一度見れば引き込まれること間違いなし!


 投手と打者の真剣勝負、華麗なグラブさばきで魅せる好プレー。甲子園出場経験者も多数でハイレベルな戦いが見られる、まさにそこは『もう一つの神宮球場』だ。昨年は春季リーグ戦で見事優勝を果たした準硬式野球部。ことしも彼らの活躍に注目だ!


 自動車競技には、スピードを競うジムカーナとダートトライアル、運転技術競技のフィギュアがあり、各地のサーキットで行われます。誰もが知っている自動車でありながら競技については知らないなんてもったいない!ということで一緒に取材に出かけましょう!


 創部100年を超える歴史と伝統を誇る弓道部。昨季男子はリーグ戦2部優勝、女子は1部リーグで活躍中です。弓道は独特の雰囲気のなか行われ、観ている側の気も引き締まる静かな武道ですが、28メートル先の的に向かって弓を引く姿は迫力がありますよ!


 創部以来、90年以上世界中の山々に挑み続けている山岳部。これまで培ってきた膨大な知識と経験を武器に、国内外問わず数多くの遠征を成功させています。日々の鍛練を怠らず、どんなに険しい道でも乗り切ってきた部員たちの武勇伝を、共に伝えよう!


 数ある早大体育会の中で唯一動物と共に行う競技、それが馬術です。また昨年度に開催された主要な大会で見事優勝を収めるなど、早大馬術部の実力は折り紙付き。あなたも、一度取材に来たら馬の美しさと強い馬術部の魅力に取りつかれるに違いない!


 エペ、サーブル、フルーレの三種目からなる欧州発祥のスポーツ、フェンシング。1946年創部の早大フェンシング部は過去にオリンピック選手も輩出した強豪。今年はトップアスリート推薦など強豪選手の入学で注目を浴びるアツい部だ!


 ホッケーを一言でいうならば、スティックを持って行うサッカーです。スティックを片手に選手たちがフィールドを駆け回ります。スピーディーな試合展開、一度見ればハマること間違いなし!昨季は納得いく成績を残せなかった早大。今季の巻き返しに期待です。


 日本レスリング発祥の地として知られている早大。世界でも活躍する選手が多数在籍しており、日本のトップ選手を輩出しています。個人戦だけでなく団体戦もあり、その迫力あるプレーは圧巻!体験取材に足を運んでレスリングの魅力にハマってみませんか?


 昨季東日本大学選手権で実に37年ぶりのベスト4入りを果たした空手部。その一翼を担ったメンバーが更に力をつけ、今季も鮮やかなケリと切れのあるツキを披露してくれることだろう。じわじわと盛り上がりを見せつつある早大空手部の今後に目が離せない。


 全国に飛び回っての応援はもちろん、たくさんのステージやイベントで早大生にエールを贈っている応援部。たくましい根となるリーダー、チアリーダーズ、吹奏楽団の3パートでワセダに美しい華を。さあ応援部と一緒に「紺碧の空」を歌おう!


 近年、世界大会優勝といった日本人選手の活躍が光るバドミントン界。少数精鋭の早大バドミントン部の中でも古賀・齋藤ペアは昨年の全日本総合選手権本選でベスト8に入るなど圧倒的強さを誇ります。コートのそばから高速スマッシュを体感しよう!


 密度の濃い練習を背景に全国で活躍してきた自転車部。自転車競技は競技場を用いて行うトラック種目と公道を走るロード種目の2種類に分けられる。単純な脚力だけでなく、レースをどのように走るかを考える力が試される奥の深い競技だ!


 真剣な眼差しで矢を放つ選手の姿、そして命中したときの選手のきらきらした笑顔を見ることができるのはアーチェリーだけです!また、早大アーチェリー部は強いだけでなく部員さんがとても親しみやすいので、楽しい取材になること間違いなしですよ!


 大空を舞台に繰り広げられる早大唯一のスカイスポーツ。80年以上の歴史を持ち、部員全員がパイロットを目指します。天候を予測し、それぞれの技術を駆使して臨む試合は圧巻!普通の学生生活では味わえないような世界で飛行機を乗りこなす部員に注目です。


 ドイツ語で「渡り鳥」を意味するワンダーフォーゲル。その由来の通り、山の峰を歩き、沢を登り、大自然に身を置いたかと思えば、アスファルトの上で自転車を心ゆくまで漕いでいく。様々な合宿を経た「渡り鳥」たちはまた一回り大きくなって帰ってくる。


 長い歴史を持つ「静」のスポーツ、射撃。精神を集中させ、張り詰めた空気の中、的を射るその姿は圧巻です。実銃が使われるこの競技を一度見に来てください!射撃の魅力に気づくことでしょう。今季は早慶戦総合優勝を目指しています!


 体育会に公認されて日は浅いものの、確かな実力で注目されている部。数々の大会で結果を残し、伝統のワセダに新風を吹かせ続けている。構成を考え行う演武と防具をつけて行う立会評価法で繰り出されるキレのある突きや蹴りに魅了されること間違い無し!


 ウエイトリフティング………競技として見たことがある人はそんなにいないと思います。が!生で見るとバーが上がった時の気持ち良さやカッコ良さが分かると思います!部員さんも実力者ぞろいで、今季は男女共に1部での戦い。楽しいこと間違いナシ!


 合気道。聞いたことあるけど、どんなことするの?と思う人が多いはず。大会では乱取り競技と演武競技が行われます。大きな相手に技を決める選手たちに夢中になること間違いなしです!インカレ優勝など、強い合気道部を共に追いかけましょう!


 日本拳法とは、打撃・投げ技・関節技・寝技で勝敗を決する総合格闘技です。防具を着用するため競技は安全かつ全力で行われます。部員さんはとても優しくて、取材ではいつも丁寧に対応してくれます!選手たちの「激闘」をぜひ一緒に追いかけてみませんか?


 過去8度、全日本インカレを制した実績を持っている強豪です。昨年の全日本インカレでは、史上初の完全優勝を果たし、『王者ワセダ』の復活を果たしました。海上でのこの活躍は、なかなか見れるものではありません。みなさんでこの感動を伝えましょう。


 昨年度男子部がインカレ3連覇を果たし、乗りに乗っている軟式庭球部。その強さの秘密は全部員の結束力。団体戦で戦うインカレはまさに感動の連続!今季は男子部4連覇、女子部はインカレ女王の座奪還を狙います。歴史的瞬間を一緒にレンズの中に捉えよう。


 昨年、Bブロックに降格してしまったゴルフ部。それでも、気持ちを新たに部員たちは前を向いています。個人戦のイメージが強いゴルフですが、団体戦での団結力が味わえるのが早大ゴルフ部の魅力。選手ごとに武器をもってチームで戦っています。


 白い肉体美が生み出す、しなやかで力強い究極のパフォーマンス!早大体操部には跳馬の全日本チャンピオン(2連覇中)やUー21日本代表の選手がいらっしゃったりととにかくスゴイ!超人たちの演技を一回観ればはまらずにはいられない!


 唸る速球、豪快に放たれる打球、絶妙な小技。一度見ればソフトボールに魅了されること間違いなし!男子部はインカレ4連覇、女子部はインカレ優勝を目指し日々奮闘しています。部員さんもていねいに取材に応じてくれます。一緒にその勇姿を追いかけよう!


 ウィンタースポーツの代表格であるスキー。ことしで創部95年目を迎える早大スキー部は、これまで幾多のオリンピック選手を輩出しています。スキー競技を生で見ることは貴重な機会。あなたもきっと雪上での戦いに魅了されるでしょう!


 長い歴史を持つ相撲部は創部100周年を目前に控え、部員たちも一部昇格へ意気込みます。激しく体がぶつかりあう音、土俵上の張り詰めた空気感、あちこちから上がる応援の声。間近で見ると迫力満点です。一瞬に魂を注ぐ戦いをこの目で見てみませんか?