カメラについて

 早スポの記事に毎回載っている写真。あれ、毎回早スポ部員が撮影しているんですよ~!試合の劇的な瞬間が捉えられた写真はどれも素敵で感動的ですよね☆取材でカメラの担当になった人は、選手に一番近いところで撮影します。つまりカメラに入ると特等席で観戦できちゃいます!それは観客席とは一味違い、選手の声や表情など驚くほどの迫力です。そんな状況でシャッターを押すのはとっても貴重な体験。すぐにやみつきになります!私はもともとカメラに興味があったわけではありませんが、先輩方にカメラについて教わり、いくつかの試合で撮影をさせていただく中で、もっと写真をたくさん撮ってみたい、決定的な瞬間を撮れるようになってみたいと思うようになりました。撮影は簡単ではありませんが、自分で何百枚も撮った写真の中で、ちゃんとピントが合っていて、試合中の選手のとっておきの一枚が撮れたときはとても感動しました。HPの記事に自分が撮った写真が載っているのもすごく嬉しかったです。こんな経験をすることが出来るのも早スポの大きな魅力。ぜひ皆さんにも味わってもらいたいです(^0^)

選手のとっても近くで撮影できます♡

 早スポではCanonの大きなレンズをいくつか部で持っているので、Canonのカメラを使っています。ですが、買うことは強制ではありません。1年生の間は先輩にカメラを借りて、教えてもらいながら撮影をすることもできます。ちなみに、購入時期に関してですが、1年間早スポの活動をして、2年生になるときに購入する人が多いようですよ。自分のカメラを持つと愛着が湧くし、いろんなものをたくさん撮りたくなるので、試合だけでなく旅行などにも一緒に連れて行きます!

高価なレンズを使って撮影…ドキドキ☆

 何百枚も撮る写真のうち、実際に記事に載るのは数枚。ですが、記事に載らなかった写真も捨てがたいものばかり。そのような写真は早稲田スポーツ写真館に掲載したり、年に数回開催している写真展でお披露目したりします。ちなみに早稲田祭でも、早スポは写真展を行っています!これから開かれる写真展にもぜひお越しください!きっとお気に入りの一枚が見つかるはず☆

(記事、写真 上田密華)